いけない!ルナ先生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

いけない!ルナ先生』(いけない!ルナせんせい)は、上村純子による日本漫画作品。講談社漫画雑誌月刊少年マガジン』にて、1986年11月号から1988年7月号にかけて連載された。単行本全5巻、文庫本全4巻。

前身的作品である『あぶない!ルナ先生』についても併せて本稿で扱う。

概要[編集]

『月刊少年マガジン』に連載された一話完結のお色気漫画。上村のデビュー作である『あぶない!ルナ先生』を下敷きにしており、主要キャラクターも『あぶない!-』とほぼ同じであるが若干キャラクターデザインと設定が変更され、またストーリー上の繋がりはない。

「年上の女性が少年にエッチな個人授業をする」という、当時の少年誌としては過激なお色気描写がウリで、男性読者を中心に人気が出た。なお、よく誤解されているが乳房などの性描写はあっても、性行為そのものや、またそれに近い描写や表現は一切描かれていない。

出版された単行本は各巻40万部以上とヒットしながら、1990年からの有害コミック問題の対象となり、和歌山県[1]有害図書指定を受けるなどして、単行本は出荷停止・絶版となり、全国の書店からルナ先生の単行本は姿を消した。上村によると、講談社の在庫分も断裁処分になったが、既に増刷していて出荷できなくなった10万部の印税は支払ってくれたという[2]。最終回のようなストーリーがないため「有害コミック問題に伴う打ち切り」と誤解されるが、1990年には連載が終了していたため無関係である。

1994年及び2000年成年指定の復刻版として松文館から発売され、後に文庫本でも発売。その後長らく絶版となっていたが、現在、講談社を出版元としてコミックパークのオンデマンド出版や電子配信などで発売されている。

『月刊少年マガジン』2015年8月号では、創刊40周年企画として本作と同時期に連載され人気を博した中西やすひろのエロコメディ『Oh!透明人間』とのコラボ作が掲載された(上村は既に現役を引退しているため表紙でルナ先生を描いただけで、それ以外は中西が担当した)。また、同じ号の創刊40周年企画コラム漫画『月マガ大(?)辞典』(宮崎かずしげ)には上村が登場し、連載当時の裏話を語っている。

あらすじ[編集]

母を亡くして父親と2人暮らしの少年・神谷わたる。突然、父が海外の出張でしばらく家を空けることになり、下宿人として女子大生の葉月ルナと同居することに。当のわたるは勉強も運動もダメな怠け者、興味があると言ったらエッチなことぐらい。わたるの将来を悲観するルナはわたるに体を張ってマンツーマンの個人教授をやることになった。ルナ先生の個人教育を受けたわたるは必ずといっていいほど成果を出すことができたのである。

登場人物[編集]

神谷 わたる(かみや わたる)
主人公。勉強嫌いで最長一カ月も風呂に入らなくても気にしないなど生活態度までだらしない中学二年生。また運動神経は悪くないのだが不器用でサッカー以外のスポーツは苦手なダメ人間。性格は怠け者で努力は大嫌いだが、個人授業を受けた後は必ず結果を出しており、決して才能がないわけではない、いわゆる「やれば出来る子」。
ルナとの個人授業の時には感激すると「うれぴ~」「こんなこと出来ちゃうなんて幸せ~!」「でぇ~っ!」などと叫ぶ。また、ほとんどルナの言い付けを守らずによく暴走する(胸を覗く、目隠しを外すなど)。
誕生日にプレゼントをするなどルナ先生のことが好きらしいが、当のルナがそれに気付いているかについては明確な描写がない。だが復刻版5巻のあとがき漫画で、ルナ本人もわたるが好きだということが判明している。
葉月 ルナ(はづき ルナ)
音羽女子大 教育学部に通う女子大生。わたるの父親の留守中、下宿人として、わたるの面倒を見ることになる。
近所の学習塾『講談塾』講師のバイトもしており、将来の夢は立派な教師になることらしい。
母性本能溢れる性格で本人はわたるの母親代わりを自認しており、わたるが何か行き詰まると「自分が何とかしなければ…」と毎回、カラダを張ったHな個人授業を行っている。
また異常なまでの心配性であり、その思考回路は常人の理解を超えている。例えばわたるがテストで0点を取ると、
「テスト0点 → 落第 → 退学 → 人生の落伍者 → 孤独な人生 → 自殺」
と言った具合に必ずラストは「死」「自殺」に繋げるという、かなり強引な想像を繰り広げた揚句に大泣きし(これにはわたるでさえ毎回困惑するほど)、「このままじゃわたるが死んじゃう~」と、わたるの命を救うために個人授業を行ってしまうのがパターンとなっている(わたるの「のけもの」や「死んでも」などネガティブな言葉にも過剰反応し、同じ展開となる)。
大学生という設定ではあるものの、普段はわたるの家の家事や塾で講師などをしていて、大学に通っている姿はほとんど見られない。また大学のプロレス同好会と付き合いが長い。
わたるの父
早くに妻を亡くし男手一つでわたるを育ててきた。現在は外国に転勤しており、たまに帰国している。白髪頭で壮年の風貌をしている。
オニ山(おにやま)
わたるのクラス担任。プロレス経験者でやる気の無かったわたるを投げ飛ばすが、数日後ルナの指導を受けたわたるに負ける。
長島(ながしま)
わたるのクラスメイトで、野球が得意な少年。自分の腕前を見せつけるためにわたるを引き立て役にするが、翌日個人授業を受けたわたるに完封される。
わたるの母
松文館の復刻版のあとがき漫画「有害マンガ指定」に登場。天国からわたるを見守っていたが、わたるのあまりの堕落ぶりとルナ先生との個人授業に憤慨し、ルナ先生を天界へ連れて行き、後にわたると有害図書などで口論となった。
遺影の笑顔とは正反対に堅物でヒステリーな、いわゆる「超教育ママ」。子供は親の言うことを聞いて真面目に育てばいいという考えしか持っておらず、口論の末にわたるを「自分の子供じゃない」と言い出す始末である。

備考[編集]

  • 展開上はあくまで個人授業であるため、作中に登場する問題や説明などは実際に中学生までの教科書に収録されているものがほとんどである。
  • 講談社コミックス版の単行本では描き下ろしのイラストコーナーや付録などが収録されており、現在のオンデマンド版や電子書籍でも引き継がれているが、松文館版のあとがき漫画は収録されていない。
  • 当時は同じ『月刊少年マガジン』に連載されていた『天才バカボン』のエピソードの一つにルナ先生とわたるが出ていた回がある。

あぶない!ルナ先生[編集]

1986年講談社の漫画雑誌『マガジンSPECIAL』にて全5話が短期集中連載された。単行本は全1巻。

上村純子の漫画家デビュー作品であり、『いけない!ルナ先生』の前身的作品である。内容はこれといった取り柄のない中学生、神谷わたるの家に下宿することになったルナ先生がわたるのために体を張って勉強やスポーツを教える、というもので基本的なプロットは『いけない!-』と共通したものとなっている。

わたるが中学1年生、ルナ先生が22歳の数学教師となっているほか、オニ山の名前の表記が「鬼山」となっていて社会と体育の兼任教師となっている、わたるの両親がともに存命しているなど、『いけない!-』とは異なる設定となっている部分もある。

講談社から出版された単行本には、巻末には作者の未発表作『ドキドキイヴ』も収録されている。なお、この作品は松文館から出版された単行本では未収録となっている。

書誌情報[編集]

講談社版[編集]

松文館版[編集]

オリジナルビデオ[編集]

2014年3月5日、SPOエンタテイメントから全6巻のDVDがリリースされた。

監督は植田中中村千洋宇田川大吾吉村典久らが担当[9]

主演のルナ役は1巻ごとに入れ替わりの形を取る[10]

出演
各話リスト
サブタイトル 葉月ルナ役 備考
1 吼えろ!嵐のおっぱいバレー!?篇 内野未来
2 ギョウザと用心棒篇 大塚れん
3 愛LOVEムービー!!篇 吉川あいみ
4 お勉強大作戦!!格差社会をぶっとばせ!!篇 めぐり
5 やさしくむいてね篇 古川いおり
6 アイドルって最高!!篇 手島緑

出典[編集]

  1. ^ 長岡義幸『マンガはなぜ規制されるのか』平凡社〈平凡社新書〉、2010年、159頁。
  2. ^ 上村純子「『いけない!ルナ先生』絶版騒動顛末記」『誌外戦』コミック表現の自由を守る会編、創出版、1993年。
  3. ^ 講談社「いけない!ルナ先生(1)
  4. ^ 講談社「いけない!ルナ先生(2)
  5. ^ 講談社「いけない!ルナ先生(3)
  6. ^ 講談社「いけない!ルナ先生(4)
  7. ^ 講談社「いけない!ルナ先生(5)
  8. ^ 講談社「あぶない!ルナ先生(1)
  9. ^ 「いけない!ルナ先生」実写化!6人のアイドルが先生に(マイナビニュース)
  10. ^ 「いけない!ルナ先生」実写化!6人のアイドルが先生に - コミックナタリー、2013年12月5日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]