Mr.バッド・ガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.バッド・ガイ
フレディ・マーキュリースタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
ポップス
テクノポップ
時間
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース Reinhold Mack
Freddie Mercury
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 6位(イギリス[1]
  • 11位(ドイツ[2]
  • 13位(ノルウェー[3]
  • 14位(スイス[4]
  • 17位(オランダ[5]
  • 20位(スウェーデン[6]、日本[7]
  • 23位(オーストリア[8]
  • 159位(アメリカ[9]
  • フレディ・マーキュリー 年表
    Mr.バッド・ガイ
    1985年
    バルセロナ
    1988年
    『Mr.バッド・ガイ』収録のシングル
    1. ボーン・トゥ・ラヴ・ユー
      リリース: 1985年4月9日
    2. メイド・イン・ヘヴン
      リリース: 1985年7月1日
    3. リヴィング・オン・マイ・オウン
      リリース: 1985年9月2日
    4. 明日なき愛
      リリース: 1985年11月18日
    テンプレートを表示

    Mr.バッド・ガイ』 (Mr. Bad Guy) は、イギリスロックバンドクイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリー1985年に発表したアルバム。

    解説[編集]

    フレディにとって初のソロ・アルバム。全英6位に達し、シングル「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」も全英11位のヒットとなる。日本では、本作発表当時、「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」がノエビアCMソングに起用された[10]

    当初、このアルバムの名は『メイド・イン・ヘヴン』としてリリースされる予定であったが、リリース直前になりフレディが名前を変えたいと言い、『ミスター・バッド・ガイ』になった。後に「メイド・イン・ヘヴン」の名はクイーン名義のアルバムに使われた。[11]

    フレディの死後の1993年、「リヴィング・オン・マイ・オウン」のリミックス・ヴァージョンがシングルとして発表され、全英1位を獲得。「メイド・イン・ヘヴン」「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」は、クイーン名義のアルバム『メイド・イン・ヘヴン』(1995年)に、本作のヴォーカル・トラックにクイーンの演奏をつけたヴァージョンが収録された。

    プロモーションビデオ[編集]

    「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」のPVは、後のクイーンバージョンにもつかわれた。

    収録曲[編集]

    全曲フレディ・マーキュリー作。

    Side 1

    1. レッツ・ターン・イット・オン - Let's Turn It On(3:42)
    2. メイド・イン・ヘヴン英語版- Made in Heaven(4:05)
    3. ボーン・トゥ・ラヴ・ユー - I Was Born to Love You(3:39)
    4. フーリン・アラウンド - Foolin' Around(3:29)
    5. 恋のかけ橋 - Your Kind of Lover(3:32)

    Side 2

    1. Mr.バッド・ガイ - Mr. Bad Guy(4:10)
    2. 男のパラダイス - Man Made Paradise(4:09)
    3. 生命の証 - There Must Be More to Life Than This(2:59)
    4. リヴィング・オン・マイ・オウン - Living on My Own(3:23)
    5. マイ・ラヴ・イズ・デンジャラス - My Love Is Dangerous(3:41)
    6. 明日なき愛 - Love Me Like There's No Tomorrow(3:47)

    ※CDのみのボーナストラックとして「レッツ・ターン・イット・オン」「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」「リヴィング・オン・マイ・オウン」の12インチミックスが収録されていた。

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]