バルセロナ (フレディ・マーキュリーとモンセラート・カバリエのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
バルセロナ
フレディ・マーキュリーモンセラート・カバリエスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロックポップスオペラ
時間
レーベル ポリドール
プロデュース マイク・モーラン
フレディ・マーキュリー
デビッド・リチャーズ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 15位(イギリス)
  • ゴールドディスク
    シルバー(イギリス、BPI)
    フレディ・マーキュリー  年表
    Mr.バッド・ガイ
    1985年
    バルセロナ
    1988年
    ザ・フレディ・マーキュリー・アルバム
    1992年
    『バルセロナ』収録のシングル
    1. バルセロナ
      リリース: 1987年10月26日
    2. ゴールデン・ボーイ
      リリース: 1988年10月24日
    3. 「ハウ・キャン・アイ・ゴー・オン」
      リリース: 1989年1月23日
    テンプレートを表示

    バルセロナ』 (Barcelona) は、イギリスロックバンドクイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーモンセラート・カバリエ1988年に発表したアルバム。日本では1992年に再発され、また2000年に発売されたベスト・オブ・フレディ・マーキュリー / SOLOに収録されたが、2012年現在では廃盤となっている。

    解説[編集]

    フレディにとっては2枚目のソロ・アルバム。全英15位。スペインの世界的オペラ歌手モンセラート・カバリエとのコラボレーションアルバム。フレディのカバリエへの熱烈なアタックにより共演が実現した。

    タイトルトラックの「バルセロナ」は1992年のバルセロナオリンピックのテーマ曲に選ばれた。当初、開会式でフレディとカバリエによって「バルセロナ」が披露される予定であったが、バルセロナオリンピックを迎える前にフレディ・マーキュリーが死去したため、この曲が開会式で歌われることはなかった[1]

    2曲目の「ラ・ジャポネーズ」では歌詞が日本語で構成されており、フレディの親日ぶりがうかがわれる。また、「ハウ・キャン・アイ・ゴー・オン」ではジョン・ディーコンがベース・ギターで参加している。

    収録曲 [編集]

    Side 1

    1. バルセロナ - Barcelona (Mercury) – 5:37
    2. ラ・ジャポネーズ - La Japonaise (Mercury) – 4:49
    3. フォールン・プリースト - The Fallen Priest (Mercury/Moran/Rice) – 5:46
    4. エンスエニョ - Ensueño (Mercury/Moran/Caballé) – 4:27

    Side 2

    1. ゴールデン・ボーイ - The Golden Boy (Mercury/Moran/Rice) – 6:04
    2. ガイド・ミー・ホーム - Guide Me Home (Mercury) – 2:49
    3. ハウ・キャン・アイ・ゴー・オン - How Can I Go On (Mercury/Moran) – 3:51
    4. オーヴァーチュアー・ピカンテ - Overture Piccante (Mercury/Moran) – 6:40

    楽曲を使用している作品[編集]

    CM

    脚注[編集]

    1. ^ La ceremonia de inauguración”. El Mundo Deportivo (newspaper)英語版(newspaper library) (1992年7月20日). 2017年12月26日閲覧。