Living

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リモートドラマ
Living
ジャンル テレビドラマ
オムニバスドラマ
坂元裕二
演出 加藤拓
西村武五郎
出演者 阿部サダヲ
声の出演 壇蜜
音楽 岩崎太整
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
話数 4
製作
制作統括 訓覇圭
プロデューサー 矢部誠人
大越大士
編集 岡崎正亮
制作 NHK
製作 NHK
放送
放送チャンネル NHK総合
放送国・地域 日本の旗 日本
公式ウェブサイト
第1話
出演者 広瀬アリス
広瀬すず
放送期間 2020年5月30日
放送時間 土曜 23:30 - 23:45
放送分 15分
回数 1
第2話
出演者 永山瑛太
永山絢斗
放送期間 2020年5月30日
放送時間 土曜 23:45 - 翌0:00
放送分 15分
回数 1
第3話
出演者 中尾明慶
仲里依紗
放送期間 2020年6月6日(予定)
放送時間 土曜 23:30 - 23:45
放送分 15分
回数 1
第4話
出演者 青木崇高
声の出演 優香
放送期間 2020年6月6日(予定)
放送時間 土曜 23:45 - 翌0:00
放送分 15分
回数 1
テンプレートを表示

Living』(リビング)は、「リモートドラマ」としてNHK総合2020年5月30日および6月6日の2夜にわたり土曜23時30分から翌0時に放送されているテレビドラマ新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のためリモートワークで制作される、坂元裕二のオリジナル脚本により、奇才小説家が想像の中で紡ぎ出す奇想天外な秘密を抱えた4つの家族の物語を15分×4本のオムニバス形式で描いたファンタジー[1][2][3]

製作[編集]

本作は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、打ち合わせやリハーサルは全てスマートフォンパソコンなどで行われ、出演者がスマートフォンなどで撮影した映像をオンラインで確認しながら進めていくという形で制作される[3]

出演者は実際の間柄で演じ[3][注 1]阿部サダヲは作家役、壇蜜CGキャラクター「ドングリ」の声で全話に出演する[3]。阿部演じる作家が頭の中で紡ぐ4つの家族の摩訶不思議な物語を描いていく[3]。壇蜜演じるCGキャラクター「ドングリ」のキャラクターデザインは、ピクサー・アニメーション・スタジオアートディレクターとして活躍した堤大介ロバート・コンドウの2人が2014年に創業したアニメーションスタジオ「トンコハウス」が手掛ける[1][2]

音楽は岩崎太整が担当し、国内外の演奏家たちとの共作により、リモート録音を駆使して全曲を制作する[1][2]

あらすじ[編集]

締切が迫り物語を紡ごうと苦悩する小説家に「締め切り60分前です。急いでください!」と机上に置かれた「ドングリ」が声をかける。言葉を話せる「ドングリ」からの叱咤激励を受け、小説家は想像を膨らませながら奇想天外な秘密を抱えた4組の家族の物語を紡ぎ出す。

第1話「#1 ネアンデルタール」
一緒に生活し周囲には平凡な生活を送っているように映る仲良し姉妹には、誰にも見せることのない「裏の顔」を持っていた。
第2話「#2 国境」
近未来の日本で「過去にはやった料理」を作り生計を立てる兄弟へ、ある日1通の手紙が届く。
第3話
妻を愛するがゆえ、妻から怒られ捨てられることを危惧する気弱な夫が、ある日特異な能力を手に入れる。
第4話
出産後間もない妻に風邪をうつさぬよう、仕事を休んで自室に籠りボーッとテレビ眺めてを過ごす夫の目に、試合開催が自粛されているはずの野球中継が映る。

登場人物[編集]

全話
作家
演 - 阿部サダヲ[3]
ドングリ
声 - 壇蜜[3]
第1話「#1 ネアンデルタール」
シイ
演 - 広瀬アリス[3]
クコ
演 - 広瀬すず[3]
第2話「#2 国境」
ハク
演 - 永山瑛太[3]
ライ
演 - 永山絢斗[3]
第3話
役名未詳
演 - 中尾明慶[3]
役名未詳
演 - 仲里依紗[3]
第4話
役名未詳
演 - 青木崇高[3]
役名未詳
声 - 優香[3]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出
第1夜 第1話 5月30日 #1 ネアンデルタール 加藤拓
第2話 #2 国境 西村武五郎

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 凡例:広瀬アリス広瀬すずが姉妹役、永山瑛太永山絢斗が兄弟役、中尾明慶仲里依紗および青木崇高優香が夫婦役。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]