LIFE (ACIDMANのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LIFE
ACIDMANスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル Virgin Music/EMIミュージック・ジャパン
チャート最高順位
ACIDMAN アルバム 年表
green chord
2007年
LIFE
2008年
A beautiful greed
2009年
『LIFE』収録のシングル
  1. REMIND
    リリース: 2007年7月18日
  2. UNFOLD
    リリース: 2007年11月28日
  3. 式日
    リリース: 2008年2月20日
テンプレートを表示

LIFE(ライフ)は、2008年4月16日に発売されたACIDMANの6作目のアルバム。

概要[編集]

  • green chord』から約1年2ヶ月ぶりの発売。 同日に『』『Loop』『equal』が通常版として再発された。
  • アルバムタイトル通り「人生」がテーマ。大木曰く本作で「ひとつ決着が付いた感がすごくある」とのことで、これは次作『A beautiful greed』発売時でも語られている[1]
  • equal』以来3作ぶりにゲストミュージシャンを加えない純粋な3人のみのアルバムとなった。
  • 今作でデビュー以来6作連続オリコンTOP10入り。

収録曲[編集]

  1. LIFE(the beginning)(2:58)
    本作のイントロダクション。インストで初めて打ち込みが使用され、エレクトロニカ調となっている。
    水の音は羊水、バスドラは心臓の鼓動をイメージしており、母親の胎内から生まれるまでを表現している[2]
  2. REMIND(3:40)
    REMIND』収録曲。
  3. ストロマトライト(3:06)
    全英語詞。ストロマトライトとは初めて光合成を行い、酸素を作り出したとされる生物の事。
  4. FREE STAR(4:02)
    アルバムのリードトラックでPVが存在する。
    大木曰く、惑星内戦争が起き、太陽系の軌道から外れた街の話。光の届かない街では光が商品になっており、昔の光を集める子供たちが主役のSFがイメージとしてあるという[3]
    先に存在していたテクノ調のサビと別に製作されたイントロのギターフレーズを組み合わせて作られた[1]
    2013年にACIDMAN自ら設立した事務所はこの曲から命名された。
  5. 式日(4:13)
    式日』収録曲。この曲でミュージックステーションMUSIC JAPAN出演。
  6. WALK(4:15)
  7. room NO.138(inst.)(2:05)
    インスト。「138」とは曲のBPMの事で、「room」は音の鳴りが部屋っぽいことから命名された。
  8. 街の輪郭(4:08)
  9. オールドサンセット(3:24)
    イントロのリフは佐藤が考案したもの。
  10. 金色のカペラ(3:15)
    核戦争によって人間を除く全ての動物が絶滅した世界をイメージして作られた曲[4]カペラとはぎょしゃ座の連星のひとつ。
  11. UNFOLD(5:42)
    UNFOLD』収録曲。
  12. TO THE WORLD’S END(5:48)
    タイトル通り「世界の終末」を歌った曲で、本作のラストに入ることを想定して作られた。
    実際のラストとなった次曲「LIFE (the ending)」との対比を意識し、今回はポジティブな世界観にはしたくなかったという[1]
  13. LIFE(the ending)(4:45)
    本作のラストを飾るインスト。アルバムのアウトロとしてインストが収録されるのは本作が初となる。
    人生が終わり、天に召されるまでを表現している[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ACIDMAN 『LIFE』 インタビューbillboard-japan(2015年11月13日閲覧)
  2. ^ ROCKIN'ON JAPAN」4月号より。
  3. ^ 「ROCKIN' ON JAPAN」4月号より。
  4. ^ MUSICA」5月号より。
  5. ^ 「ROCKIN' ON JAPAN」4月号より。

外部リンク[編集]