キッド・アイラック・アート・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
KID AILACK ART HALLから転送)
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg キッド・アイラック・アート・ホール
KID AILACK ART HALL
施設情報
愛称 キッドアイラック
前身 キッドアイラックホール
専門分野 美術舞台芸術ライブ
開館 1964年
閉館 2016年
所在地 156-0043
東京都世田谷区松原2-43-11
プロジェクト:GLAM

キッド・アイラック・アート・ホール英語: KID AILACK ART HALL)は、かつて東京都世田谷区松原に存在した小劇場ギャラリーである。

概要[編集]

著作家、美術評論家の窪島誠一郎が、1964年昭和39年)に設立した。窪島が経営するスナック「塔」に、1965年(昭和40年)2月、「キッド・アイラック・ホール」を設置した。このホールは当時、若い芸術家たちが集う夢の空間で、阿部薫[要曖昧さ回避]浅川マキ寺山修司などの後に時代を担うこととなる芸術家たちが、このホールを愛し、このホールから巣立っていった。2002年(平成14年)7月に道路建設ともない37年間の幕を閉じ、同年10月に「キッド・アイラック・アート・ホール」として再建された。

建物名の「キッド・アイラック」は喜怒哀楽に由来している。絵画写真の展示だけでは無く、朗読会や演奏会ダンス演劇も催される総合芸術空間であった。併設の「ブック・カフェ槐多」は、窪島誠一郎の蔵書、約千冊が天井まで並ぶシックなカフェ。1919年(大正8年)に22歳で夭折した詩人画家村山槐多の名を冠しており、壁にはデッサンレプリカが飾られていた。ここでは、サイフォン式コーヒーや手作りケーキの他、アルコールも楽しむ事ができた。

2016年(平成28年)12月31日、窪島の意向により閉館[1]。当時、アートチーフディレクターを務めていた早川誠司は、高山尚紀とともに、その後アトリエ第Q藝術を開館している。

施設[編集]

利用情報[編集]

  • 開館時間:10:00 - 22:00
  • 休館日:毎週火曜日
  • 所在地:〒156-0043 東京都世田谷区松原2-43-11

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 吉川明子、山本倫子 (2016年4月21日). “年末に閉幕、アートを愛する人の交差点”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/and_w/interest/SDI2016041942551.html 2018年2月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]