KATZE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KATZE
出身地 日本の旗 日本 山口県下関市
ジャンル ロック
活動期間 1986年 - 1991年
レーベル TEICHIKU ENTERTAINMENT/BAIDIS
TEICHIKU ENTERTAINMENT/IMPERIAL RECORDS
公式サイト http://www.teichiku.co.jp/artist/katze/
http://www.teichiku.co.jp/artist/baidis/katze/
メンバー 中村敦ボーカルギター
尾上賢 (ギター)
高山克彬ベース、ボーカル)
高山靖彬ドラムス

KATZE(カッツェ)は、日本ロックバンド。1980年代に活躍。1986年結成、1991年解散。

概要[編集]

いわゆるバンドブーム期にデビューしたバンドであるが、コマーシャリズムに強く反発し、独自の道を歩んだ。デビュー後、2年半の活動の間に4枚というハイペースでのアルバムの発表する。中村敦・尾上賢は現在のヴィジュアル系にも通じる中性的なルックスで人気を博した(特に尾上賢は女性と間違えられるほどで、年越しライブで晴着を着てプレイしたこともある)。高山克彬と高山靖彬は兄弟(克彬が兄で靖彬が弟)。

メンバー[編集]

圧倒的な声量を活かしたパワフルな歌唱と、そのルックスや華やかなステージパフォーマンスで、ギタリストである尾上と共に人気を博した。 ライブでは曲によってサイドギターも担当していた。バンドの楽曲の大半は彼の作詞・作曲によるもの。 当時の使用ギターはゴールド・トップのレスポールグレッチ シルバージェットなど。

幼少の頃クラシック・ギターのレッスンを受けていたこともある。ライブにおいても通常のエレクトリック・ギターアコースティック・ギターのみならず、ダブルネックの12弦ギターやガット・ギターをも巧みに操り、バンドの多彩な音楽性をより一層際立てた。現在は「尾上サトシ」名義で活動している。 当時の使用ギターは白のレスポールムーン製尾上モデルなど。

バンドの最年長者であり、リーダーでもあった。彼の作曲した曲数も中村のものに次いで多い。彼がヴォーカルをとる楽曲も数曲存在する。ドラム担当の高山靖彬は弟。当時の使用ベースはミュージックマン・スティングレイ

曲によってはパーカッションピアノも担当した。また、彼がリードヴォーカルをとっている曲も1曲存在する。ベース担当の高山克彬は兄。使用ドラムメーカーはラディック

元メンバー[編集]

KATZEのオリジナルメンバーであり、バンド内ではキーボードを担当。愛くるしいルックスで中村、尾上と共に人気を博す。デビュー直前に脱退。

略歴[編集]

1986年[編集]

1987年[編集]

  • 上京直前、キーボードの常盤が脱退。
  • 11月 上京。

1988年[編集]

  • 10月 テイチクよりアルバム「BLIND」、シングル「TEEN」の同時発売にてデビュー。デビュー曲『TEEN』がある清涼飲料水のCMソングになることが決まっていたが、意見が合わず破綻。コマーシャリズムに疑問を抱くきっかけとなった。

1989年[編集]

  • 5月 シングル「LOVE GENERATION」発売。
  • 6月 アルバム「STAY FREE」発売。

1990年[編集]

  • 3月 アルバム「Good Times Bad Times」発売。
  • 11月 シングル「AGAIN」、アルバム「LOVE IS HERE」同時発売。

1991年[編集]

  • 3月 突如、解散を発表。解散ツアーの開催も発表される。
  • 5月25,26日 東京中野サンプラザのライブを最後に解散。

2013年[編集]

  • 12月31日 HMV企画・限定販売商品として、オリジナルアルバム4枚「BLIND」「STAY FREE」「Good Times Bad Times」「LOVE IS HERE」とライブアルバム1枚の「GOD SAVE THE ROCK'N ROLL」の5枚を初SHM-CD化リリース。1991年5月25,26日中野サンプラザでのラストライブを収めたVHS2本を1枚に収録し「God Save The Rock'n Roll」として初DVD化リリース。

解散後[編集]

中村敦は塚本晃(元SHADY DOLLS)と『HEAVEN』を結成したが、体調を崩し一時表舞台を離れた。その後、高山克彬と再合体し『N☆M☆A』というバンドを結成、活動停止後は尾上賢と再合体し『愚息』というユニットを組んでいる。

尾上賢は奥居香をはじめとするミュージシャンのサポートを務め、『愚息』(※2006年に表記を「GUSOKU」に変更)に至る。2010年に初のソロアルバムを発表。

高山克彬は元ZIGGY大山正篤らと『LAV』を結成したが短期間で解散。その後はソロ活動、『N☆M☆A』、プロデュース業など。『N☆M☆A』活動停止後、ソロ活動を経てバンド『THE SYNDIKATE 7』を結成し、2010年現在、都内中心に全国展開中。

高山靖彬は実家に戻り家業を継いでいたが、高山克彬のソロアルバムに参加して久々に表舞台に登場した。

その他[編集]

  • TOKIO城島茂が、好きなバンドであり、TOKIOを結成しようと思ったきっかけとしてKATZEを挙げている。TOKIO結成前、城島と山口達也が友人だけを集めてライブを行った際も、KATZEの曲を演奏したという[2] 。また、ザ!鉄腕!DASH!!内で城島がストリートミュージシャンに扮したときも、KATZEの曲を歌った。
  • 出渕誠(レイザーラモンRG)がファンであったことを公言している[3]
  • 解散時に発売されたライブアルバムの歌詞カードには、多数の有名ミュージシャンからのメッセージが収められた。特に高橋まことは「一緒にバンドを組みたかった」という趣旨の発言をしている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • TEEN/CHEEK TIME (1988年10月21日)
  • LOVE GENERATION/ROCKET ROCK (1989年05月02日)
  • AGAIN/BIG BOSS (1990年11月21日)

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

ベスト・アルバム[編集]

  • KATZE (1991年05月16日)
  • KATZE III (1994年03月23日)
  • KATZE VERY BEST (1999年09月22日)
  • KATZE TWIN VERY BEST COLLECTION (2002年12月08日)

ライブ・アルバム[編集]

映像作品[編集]

  • きのうの事・・・ (1989年03月21日)
  • STAY FREE (1989年10月21日)
  • LOVE IS HERE (1991年02月26日)
  • GOD SAVE THE ROCK'N ROLL (1991年08月11日)
  • GOD SAVE THE ROCK'N ROLL Vol.2 (1991年09月21日)
オムニバスDVD

書籍[編集]

写真集[編集]

  • GOOD TIMES BAD TIMES (1990年4月、シンコーミュージック、ISBN 9784401621477

関連書籍[編集]

  • LOVE 1986‐1991 (1991年5月、ソニーマガジンズ(パチ・パチ編集部)、ISBN 9784789706414

脚注[編集]

  1. ^ 中国地区代表として本選会に出場し「ハイスクールで笑えない」を演奏
  2. ^ TOKIO NIGHT CLUB M・A・B・O 6/2  松岡昌宏が、城島にKATZEを教えられた時のことをラジオ番組で語った際の書き起こし
  3. ^ AB蔵もいっぱい、RGが芸人たちとKATZEで熱狂お笑いナタリー

外部リンク[編集]