iGEM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

The International Genetically Engineered Machine competition (iGEM) は、マサチューセッツ工科大学で毎年11月ごろ開催される合成生物学の大会である。主に大学生や大学院生が参加し、合成生物学の大会としては世界最大規模を誇る。

大会への参加チームは独自の生物学的デバイスを設計し、夏の間に各種の遺伝子パーツを用いて完成させ、大会当日に作品についてのプレゼンテーションを行う。毎年、自由な発想によりさまざまな作品が発表されており、ユニークな作品例としては大腸菌で作られた血液などが挙げられる。また、デバイスを構成する遺伝子パーツは大会本部から送付されるBioBrickをそのまま使用する他、自ら作り出すことも可能である。2012年の大会ではおよそ1500ものパーツが新しく作られた。優れたパーツは、翌年から大会本部より公式に配布されるようになる。

2004年に初大会が開催されてから参加チーム数は伸び続けている。2013年の大会には36ヵ国から215チーム・4000人以上が参加し、日本から10チームが出場する。

結果[編集]

2010年までの大会は予選と決勝から構成された。予選で高評価を受けた6チームのみが決勝に進み、その中から優勝チームが決定された。
2011年からの大会は地方大会、ボストン大会、そして決勝から構成されている。各地方大会で高評価を受けたチームがボストンでの大会に進む。さらにボストン大会で高評価を受けた4チームが決勝に進み、優勝チームが決定される。
また、優れたプレゼンテーションやポスター、Wikiを発表したチームなどに対して特別賞が授与される。その他、大会本部より設定された項目の達成度により金、銀、銅メダルが複数のチームに贈られる。

iGEM大会結果
決勝進出 決勝進出 決勝進出 3位 準優勝 優勝 結果
2012 ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン パリ大学 リュブリャナ大学 フローニンゲン大学 iGEM 2012 Results
2011 マサチューセッツ工科大学 浙江大学 インペリアル・カレッジ・ロンドン ワシントン大学 iGEM 2011 Results
2010 インペリアル・カレッジ・ロンドン ケンブリッジ大学 デルフト工科大学 ブリストル大学 北京大学 リュブリャナ大学 iGEM 2010 Results
2009 インペリアル・カレッジ・ロンドン アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク フローニンゲン大学 バレンシア大学 ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク ケンブリッジ大学 iGEM 2009 Results
2008 カリフォルニア大学バークレー校 ハーバード大学 国立陽明大学 カリフォルニア工科大学 アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク リュブリャナ大学

iGEM 2008 Results

2007 カリフォルニア大学バークレー校 パリ大学 リュブリャナ大学 カリフォルニア大学サンフランシスコ校 中国科学技術大学 北京大学 iGEM 2007 Results
2006 プリンストン大学 インペリアル・カレッジ・ロンドン リュブリャナ大学 iGEM 2006 Results
2005 iGEM 2005
2004 SBC 2004IAP 2004
2003 IAP 2003

日本の大学[編集]

過去にiGEMへ参加したチーム数(世界)と日本チーム(五十音順)の結果は以下の通り。

  • 2007年 54チーム参加
金メダル : 東京工業大学
銅メダル : 千葉大学
  • 2008年 84チーム参加
金メダル : 東京工業大学
銀メダル : 千葉大学
参加 : 京都大学
  • 2009年 112チーム参加
金メダル : 大阪大学、千葉大学、東京工業大学
銀メダル : 京都大学
銅メダル : 東京大学東京農工大学
  • 2010年 128チーム参加
金メダル : 京都大学、京都工芸繊維大学、千葉大学、東京工業大学、東京農工大学
銀メダル : 東京大学、北海道大学
銅メダル :大阪大学、首都大学東京
京都工芸繊維大学は特別賞である最優秀ポスター賞を受賞(日本勢では初)。また、Freiburg大学チーム主催の面白フォトコンテストでも最優秀賞を受賞。東京工業大学は8つある部門のうち、Information Processing部門で最優秀賞を受賞(部門賞は日本勢では初)。
  • 2011年
アジア大会 41チーム参加
金メダル : 東京工業大学、東京農工大学
銀メダル : 大阪大学、京都大学、京都工芸繊維大学、首都大学東京、東京大学
銅メダル : 北海道大学
参加 : 神奈川工科大学
参加辞退 : 早稲田大学
大阪大学、東京工業大学、東京農工大学は、本大会へ出場した。東京工業大学は、Model部門で最優秀賞を受賞。東京農工大学は、最優秀ポスター賞を受賞。北海道大学は、最優秀wiki賞を受賞した。また、アジア大会でのみおこなわれたMascot fun runというアミューズメント競技において、東京農工大学が金メダル、東京大学が銀メダル、京都工芸繊維大学が銅メダルを受賞した。
本大会 66チーム参加
進出チーム : 大阪大学、東京工業大学、東京農工大学
東京工業大学はSweet sixteen(ベスト16)に選出、またiGEMers Prize(各チームの投票による賞)を受賞した。
  • 2012年
アジア大会 55チーム参加
金メダル : 京都大学、北海道大学、東京工業大学、東京大学(ソフトウェア)
銀メダル : 京都工芸繊維大学、東京大学、東京農工大学
銅メダル : 大阪大学、神奈川工科大学、愛媛大学、首都大学東京
参加辞退 : 埼玉大学
本大会 71チーム参加
進出チーム : 京都大学、東京工業大学、東京大学(ソフトウェア)
東京工業大学は8つある部門のうち、Information Processing部門で最優秀賞を受賞。東京大学(ソフトウェア)はBest interaction with the parts registry賞を受賞。
また、東京工業大学は今大会において金メダル連続受賞の世界記録を6年連続に延長した。この連続記録を続けているのは東京工業大学、カリフォルニア大バークレー校、エジンバラ大、フライブルク大の4校のみ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]