HD 20782 b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HD 20782 b
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
主星
恒星 HD 20782
星座 ろ座
赤経 (α) 03h 20m 03.5776s
赤緯 (δ) –28° 51′ 14.656″
距離 117 ly
(36 pc)
スペクトル分類 G3V
軌道要素
軌道長半径 (a) 1.36 ± 0.12 AU
近点距離 (q) 0.102 AU
遠点距離 (Q) 2.62 AU
離心率 (e) 0.92 ± 0.03
周期 (P) 585.86 ± 0.03 d
(1.6040 y)
近日点引数 (ω) 147 ± 3°
近日点通過時刻 (T0) 2451687.1 ± 2.5 JD
準振幅 (K) 115 ± 12 m/s
物理的性質
最小質量 (m sin i) 1.8 ± 0.23 MJ
発見
発見日 2006年3月14日
発見者 Jones, H. R. A.ら
発見方法 視線速度法
観測場所 アングロ=オーストラリアン惑星捜索
現況 公表
他の名称
HIP 15527 b

HD 20782 b とは、G型主系列星 HD 20782 の周囲を公転している太陽系外惑星である。2009年までに発見された系外惑星の中で最も極端な楕円軌道を持っており[1]、一回の公転の間に恒星までの距離が0.04AUから2.7AUの間で変化する。

性質[編集]

HD 20782 b は質量が1.9木星質量の惑星で、離心率0.97の潰れた楕円軌道を592日かけて周回している。離心率0.97は太陽系ハレー彗星に相当するような値である。

HD 20782 b の質量や軌道要素は恒星の視線速度の変化に基づいて推定されている(視線速度法)が、これらに大きな影響を及ぼす近星点付近での観測が不足しているため、不確実な部分が残っている。2008年までに行われた近日点付近の観測は1回のみで、これが異常値として無視できると考えると、惑星の質量や軌道について別の解釈が成り立つことが分かっている[2]

近日点での観測 質量 公転周期 離心率
無視しない >1.9 MJ 591.9 日 0.97
無視する >0.73 MJ 577.9 日 0.57

仮に後者が正しければ、HD 20782 b は土星と木星の中間の質量を持った、それほど極端ではない楕円軌道の惑星ということになる。

参考文献[編集]

  1. ^ Interactive Extra-solar Planets Catalog (All Candidates detected)”. The Extrasolar Planets Encyclopaedia. 2010年2月10日閲覧。
  2. ^ O'Toole, S. J. et al. (2009). “Selection functions in doppler planet searches”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 392 (2): 641-654. doi:10.1111/j.1365-2966.2008.14051.x. http://ads.nao.ac.jp/abs/2009MNRAS.392..641O. 

外部リンク[編集]