HD 20782

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HD 20782
星座 ろ座
視等級 (V) 7.4[1]
分類 G型主系列星[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 03h 20m 03.5777s[3]
赤緯 (Dec, δ) -28° 51′ 14.660″[3]
視線速度 (Rv) 40.70 km/s[3]
固有運動 (μ) 赤経: 349.077 ミリ秒/[3]
赤緯: -65.311 ミリ秒/年[3]
年周視差 (π) 27.89 ± 0.27ミリ秒[3]
(誤差1%)
距離 117 ± 1 光年[注 1]
(35.9 ± 0.3 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 4.60[注 2]
軌道要素と性質
惑星の数 1
物理的性質
半径 1.09 R[1]
質量 1.02 ± 0.02 M[1]
表面重力 23 G[1][注 3]
自転速度 1.7 km/s[1]
スペクトル分類 G3V[2]
光度 1.1 L[4]
表面温度 5,798 ± 44 K[1]
金属量[Fe/H] 0.01 ± 0.03[1]
年齢 5.53 ± 1.43 ×109[1]
別名称
別名称
CD-29 1231, HIP 15527, LTT 1582, SAO 168469
Template (ノート 解説) ■Project

HD 20782は、ろ座の方角に約117光年の距離にある、7等級G型主系列星である。年齢は55億歳程度と推定され、質量太陽とほぼ同じである。

大きさの比較
太陽 HD 20782
太陽 Exoplanet

HD 20781英語版という別の恒星と連星系を成している。HD 20781との離角は約252と非常に大きく、実際の距離にするとおよそ9,000AU離れていることになるが、固有運動が同じであり、化学的にも同質で一緒に誕生したと考えられる[5][6]

惑星系[編集]

2006年に、アングロ・オーストラリアン惑星探査によって周囲を公転する太陽系外惑星の存在が発見された[2]。一方で、HD 20781にも2つの太陽系外惑星があるとされ[7][8]、連星の双方の恒星に太陽系外惑星が発見されている例は極めて少ない。 HD 20782の周りを公転する惑星HD 20782 bは、軌道離心率0.96という極端な軌道を持つ[1]

HD 20782の惑星[1]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b > 1.43 ± 0.03 MJ 1.397 ± 0.009 597.065 ± 0.043 0.956 ± 0.004

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年はパーセク×3.2615638より計算。
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第2位まで表記
  3. ^ 出典での表記は、

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Kane, Stephen R.; et al. (2016-04), “Evidence for Reflected Light from the Most Eccentric Exoplanet Known”, Astrophysical Journal 821 (1): 65, Bibcode 2016ApJ...821...65K, doi:10.3847/0004-637X/821/1/65 
  2. ^ a b c Jones, Hugh R. A.; et al. (2006-06). “High-eccentricity planets from the Anglo-Australian Planet Search”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 369 (1): 249-256. arXiv:astro-ph/0603335. Bibcode 2006MNRAS.369..249J. doi:10.1111/j.1365-2966.2006.10298.x. 
  3. ^ a b c d e f HD 20782 -- High proper-motion Star”. SIMBAD. CDS. 2017年11月23日閲覧。
  4. ^ Ghezzi, L.; et al. (2010-09), “Stellar Parameters and Metallicities of Stars Hosting Jovian and Neptunian Mass Planets: A Possible Dependence of Planetary Mass on Metallicity”, Astrophysical Journal 720 (2): 1290-1302, Bibcode 2010ApJ...720.1290G, doi:10.1088/0004-637X/720/2/1290 
  5. ^ Desidera, S.; Barbieri, M. (2007-01), “Properties of planets in binary systems. The role of binary separation”, Astronomy & Astrophysics 462 (1): 345-353, Bibcode 2007A&A...462..345D, doi:10.1051/0004-6361:20066319 
  6. ^ Mack, Claude, E., III; et al. (2014-06), “Detailed Abundances of Planet-hosting Wide Binaries. I. Did Planet Formation Imprint Chemical Signatures in the Atmospheres of HD 20782/81?”, Astrophycial Journal 787 (2): 98, Bibcode 2014ApJ...787...98M, doi:10.1088/0004-637X/787/2/98 
  7. ^ Planet HD 20781 b”. Extrasolar Planets Encyclopaedia. 2017年11月23日閲覧。
  8. ^ Planet HD 20781 c”. Extrasolar Planets Encyclopaedia. 2017年11月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 03h 20m 03.5777s, −28° 51′ 14.660″