下限質量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

下限質量とは、天文学において、惑星恒星連星系星雲ブラックホール等の観測天体について計算された質量の下限を表す値である。太陽系外惑星の統計では、下限質量が広く用いられる。

太陽系外惑星の多くは視線速度法で発見されており、この方法では惑星の真の軌道傾斜角真の質量は、一般的には得られない。

ただし、別の方法で真の軌道傾斜角 (i) が決定されると、真の質量 (Mtrue) は、下限質量 (Mmin) から以下の式で計算できる。

M_\text{true} = \frac{M_\min}{\sin i} \,

出典[編集]