freee

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
freee 株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
141-0031
東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F
設立 2012年7月
業種 サービス業
法人番号 7010401100770
事業内容 会計ソフト、給与計算ソフトの開発、運営
代表者 佐々木大輔(創業者・代表取締役
資本金 96億603万円(資本準備金等含む)
外部リンク freee.co.jp
テンプレートを表示

freee株式会社(フリー)は、小企業を初めとした法人・個人事業主向けの、事務管理(バックオフィス)を効率化するためのSaaS型クラウドサービス(「会計freee」、「人事労務freee」など)を開発、運営するフィンテック企業である[1]

概要[編集]

2012年Google出身の佐々木大輔らが設立[1]

2013年3月にクラウド会計ソフト「freee」をリリースする[1]

同様にクラウド上で会社設立に必要な書類を出力し法人登記や設立後に必要な手続きを行う「会社設立 freee」[2]2015年[3]2017年に勤怠や労務手続き、給与計算を行う「人事労務 freee」[4]などをリリースする。

個人事業主などのスモールビジネスをターゲットとしており、2018年3月時点で「freee」の利用経験がある事業所は日本で約100万となっている[5]。クラウド会計・人事労務ソフトの法人シェアにおいては1位となっている[6]

資金調達[編集]

正式リリース前となる2012年12月にアメリカ合衆国ベンチャーキャピタルであるDCMから5000万円を調達した[1]。以後も、2015年に35億円、2016年に33億円、2018年に65億円を調達している[1]

累計資金調達額は161億円[7]

沿革[編集]

  • 2012年
    • 7月  創業
    • 12月  DCM より約5,000万円を調達
  • 2013年
    • 3月  全自動のクラウド会計ソフトfreee をリリース
    • 7月  2.7億円を調達[8]
  • 2014年
    • 9月  DCM, IVP, Pavilion Capital (Temasek), およびリクルートより計14億円超を調達[9]
    • 10月  クラウド給与計算ソフト freee を正式リリース
  • 2015年
    • 5月  e-gov APIを利用した日本初の労働保険申告機能をリリース
    • 6月  会社設立 freee をリリース
    • 8月  DCM, リクルート等より、35億円を調達[10]
    • 12月  金融機関向けプロダクトを開始し、複数行との連携を開始
    • 12月  SBIインベストメントより、10億円を調達[11]
  • 2016年
    • 6月  AI研究に特化した、スモールビジネスAIラボを創設
    • 10月  開業 freeeをリリース
    • 10月  みずほ銀行とAPI連携(メガバンクとのAPI連携は国内初)
    • 10月  国内初、ジャパンネット銀行とクラウド会計ソフトデータを活用した融資審査を開始
    • 10月  国内初、会計から申告までの業務をクラウドで完結させる「申告freee 」の提供を開始
    • 12月  未来創生ファンド等より33.5億円の追加増資を実施[12]
  • 2017年
    • 3月  上場会社(監査)にも対応したエンタープライズプランをリリース
    • 4月  最適な経営アドバイスを可能にする新機能「リアルタイム経営シグナル」をリリース
    • 7月  事業用クレジットカード「freee カード」を開発
    • 8月  給与計算freee を人事労務freeeにリブランド
  • 2018年
    • 3月  民泊開始手続きのサポートを行う「民泊開業freee」をリリース
    • 5月 国内初人工知能を活用した月次監査サービス「AI月次監査」機能をリリース
    • 7月 「会計freee」上で「予算・実績管理」機能リリース
    • 8月 三菱UFJ銀行、LINE株式会社らより、65億円を調達[13]
    • 9月 電子決済等代行業第一号として登録
    • 11月 「freee連結決算キット」提供開始 

サービス[編集]

  • 会計freee
2013年3月にサービスを開始。サービス開始2週間で約1600事業所、2万7200件の明細処理を実行した[14]
  • 会社設立 freee
2015年6月に、会社設立に必要な書類をオンライン上で作成できる「会社設立 freee」の提供を開始した[15]

受賞など[編集]

  • 2013年
    • 9月  ASPIC ASP・SaaS クラウドアワード 2013 ベストイノベーション賞 受賞[16]
    • 10月  グッドデザイン賞 「クラウド会計ソフト freee」[17]
  • 2014年
    • 1月  日経ビジネス「THE 100 2014 日本の主役」に佐々木大輔が選出[18]
    • 12月  NTTデータ 豊洲の港から Presents オープンイノベーションコンテスト“ 優秀賞[19]
  • 2016年
    • 2月  働きがいのある会社ランキング 2016 従業員100ー999人部門 4位 [20]
  • 2017年
    • 8月  経産省後援第2回HRテクノロジー大賞「労務・福利厚生サービス部門」優秀賞[21]
    • 10月  「クラウド申告 freee」が「2017年度 グッドデザイン賞」を受賞[22]
    • 11月  総務省後援第11回 ASPIC IoT・クラウドアワード、SaaS部門「基幹業務系分野グランプリ」[23]
    • 12月 「Referral Recruiting AWARD」受賞[24]

イメージキャラクター[編集]

2015年2月1日より、テレビCMを放映している。

ツバメに扮したタレント小林歩乃佳が出演。放映エリアは、東京都茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県神奈川県山梨県静岡県

訴訟[編集]

競合他社であるマネーフォワード製品の勘定科目に関する自動仕訳の機能がfreeeの特許を侵害していると2016年12月に提訴したが、2017年7月にマネーフォワードが勝訴している[1][25]

ソフトウエア特許の侵害を立証するために、被告側(この場合はマネーフォワード)に裁判所から出される文書提出命令という手続きがある。ソフトウェア開発の設計書といったドキュメント類を原告側(この場合はfreee)に提示するのだが、営業機密に関わるため被告側にさざまな不利益が発生するおそれもある。このため、被告に証拠となる文書の提出を拒否するだけの正当な理由があるかどうかを裁判官等が文書を見て確認する手続き「インカメラ手続き」が採用された。今回、インカメラ手続きにより、原告側からの文書提出命令は却下されたが、ソフトウエア関連の発明に関する裁判で、インカメラ手続きが活用された点を評価する向きもある[25]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f NOKIZAL (2017年10月6日). “資金調達96億円のfreee、累積赤字60億円の“違和感””. ITmedia. 2017年10月31日閲覧。
  2. ^ “「会社設立 freee」「開業 freee」と「ライフカード」が連携開始 国内初、法人登記、開業申請データを活用した法人クレジットカード申込を実施” (プレスリリース), (2017年3月2日), https://www.atpress.ne.jp/news/123381 2017年10月31日閲覧。 
  3. ^ Satoru Masuda (2015年6月23日). “「会社設立 freee」は全自動で会社設立に必要な書類をすべて出力できる無料ツール”. TechCrunch Japan. 2017年10月31日閲覧。
  4. ^ 磯谷智仁 (2017年10月20日). “「人事労務 freee」に年末調整の電子申告機能、すべての作業をクラウドで完結”. インプレス. 2017年10月31日閲覧。
  5. ^ https://hamee.co.jp/news/service/detail/id=7219(Hamee)
  6. ^ クラウド会計ソフトの法人導入実態調査 « ニュースリリース” (日本語). 株式会社MM総研. 2019年3月14日閲覧。
  7. ^ 中小企業に生産性革命を、161億円調達のfreeeが全国253の信用金庫と連携(Business Insider Japan)
  8. ^ クラウド型会計サービス「freee」、2億7000万円の資金調達(INTERNET Watch Watch)
  9. ^ freee、シンガポール政府の投資会社などから6.3億円を調達--新機能も追加 -(CNET Japan)
  10. ^ freee、35億円を調達--法人への導入が好調、営業や開発など100人採用へ (CNET Japan)
  11. ^ フリーが10億円調達 SBIの複数のファンドから(日本経済新聞)
  12. ^ フリー増資、33億円調達 トヨタ系ファンドなどから(日本経済新聞)
  13. ^ freeeが65億円の追加増資、LINE・三菱UFJ銀行と連携強化(INTERNET Watch Watch)
  14. ^ 山田 俊浩 (2013年4月5日). “グーグル卒業生、“全自動会計”で席巻”. 2013年5月8日閲覧。
  15. ^ “スマホでサクッと会社を設立、freeeが書類作成サービス提供”. マイナビニュース. (2015年6月24日). http://news.mynavi.jp/news/2015/06/24/267/ 2017年10月11日閲覧。 
  16. ^ ASP・SaaS・クラウドアワード2013
  17. ^ クラウド型会計ソフト [全自動のクラウド型会計ソフト「 freee(フリー)」]
  18. ^ 日経BP SHOP|日経ビジネス2014年1月6日号
  19. ^ 豊洲の港から®presentsオープンイノベーションコンテスト“さあ、ともに世界を変えていこう”結果発表(NTTデータ)
  20. ^ 働きがいのある会社」ランキング、従業員100~999人規模での首位はどこ?(ZUU online)
  21. ^ 第2回 HRテクノロジー大賞 授賞企業決定(HRプロ)
  22. ^ 税務申告ソフト [申告freee] | 受賞対象一覧 (Good Design Award)
  23. ^ ASPIC IoT・クラウドアワード2017(ASP・SaaS・IoT クラウド コンソーシアム)
  24. ^ 株式会社リフカム、国内初のリファラル採用に積極的に取り組んだ企業を表彰する「Referral Recruiting AWARD」を創設。栄えある第一回受賞企業7社を発表(株式会社リフカムのプレスリリース)
  25. ^ a b 伊藤歩 (2017年8月14日). “freeeがマネーフォワードに敗れた根本原因 「自動仕訳機能」を巡る特許裁判の教訓とは?”. 東洋経済オンライン. 2017年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]