佐々木大輔 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木 大輔(ささき だいすけ、1980年 - )は、日本実業家freee株式会社の創業者、代表取締役最高経営責任者[1]である。

経歴[編集]

東京台東区出身[2]。家業は祖父の代から美容院[3]を営む。開成中学校・高等学校を経て2004年に一橋大学商学部を卒業した。高校と大学の同期にレアジョブ創業者の加藤智久がいる。大学在学中は2年次まで体育会ラクロス部に所属して3年次から大上慎吾ゼミデータサイエンスを専攻した。大学の留学制度を利用してストックホルム商科大学へ留学し、インターンシップとしてインタースコープでデータ分析やシステム開発[4][5][6][7][8][9]を行った。

大学卒業後は美容師になるために美容学校へ進学を考えたが[3]博報堂ストラテジックプランナー、プライベート・エクイティ・ファンドCLSA英語版キャピタルパートナーズで投資アナリストALBERT執行役員最高財務責任者兼商品企画統括、それぞれを担当した。2008年に転職し、Googleプロダクトマーケティング・マネージャー、アジア太平洋地区中小企業アクイジションマーケティング・ヘッドをそれぞれ務めた。

2012年にGoogleを退社し、freee株式会社を設立して代表取締役CEO[8][10][11][12][13]となる。2015年、2016年、2017年にそれぞれフォーブス日本が起業家ランキングトップ10[8][14][15]に選出した。2020年に国立大学法人一橋大学経営協議会委員[16]新経済連盟幹事などを務める[17]

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]