Ethereal Sin

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ethereal Sin
エセリアル・シン
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市 (結成時)
東京都 (現在)
ジャンル シンフォニックブラックメタル
活動期間 1997年 - 2005年
2007年 -
レーベル Evoken de Valhall Production
Red Rivet Records
STAY GOLD
事務所 Evoken de Valhall Production
公式サイト www.ethereal-sin.com
メンバー Yama Darkblaze (ボーカル)
Sariel Evileye (ギターコーラス)
Kohen Schnitter (ギター)
Seth Maelstrom (ベース、コーラス)
Morgan le Fay (キーボード、ボーカル)
Reone Magatsuhi (ドラムス)
旧メンバー Nergal J. Mephisto (ギター、ボーカル)
Randa Sirenia (ボーカル)
Yurkil (ギター)
Lamia Bloodysyche (ギター)
Curse Messiah (ベース)
Rudra Zephyrion (ベース)
Vlad Demogorgon (コントラバス)
Ruine Valkyriel (キーボード、ボーカル)
Shinon (キーボード)
Yashak (キーボード)
Loki Icyfiend (ドラムス)
Moonchik (ドラムス)
Killeakz Oldone (ドラムス、ベース)
Chaory (ドラムス)
Zaren Sixthos (ドラムス)
Tanathos Saturnus (ドラムス)
Sokaris Brastyr (ドラムス)

Ethereal Sin(エセリアル・シン)は、日本シンフォニックブラックメタルバンド兵庫県神戸市で結成され、現在は東京都を中心に活動している。バンドは、自身の音楽性についてエレジアック・ブラックメタル (Elegiac Black Metal)を自称している[1]

概要[編集]

1997年Eternal Forestというメロディックデスメタルバンドを脱退したYama Darkblaze (Vo, G)を中心に結成[2]。当時大学生だったYamaのサークル仲間や友人であったNergal J. Mephisto (G, Vo)、Loki Icyfiend (Ds)、Ruine Valkyriel (B, Vo)が結成時のメンバーである[2]1998年になってShinon (Key)が加入し、1stEP『The Cocoon and Ebony Thorns』をリリースしている[1][2]。ただし、Shinonは同EPレコーディング中に解雇され、Ruineがキーボードを兼任することになった[2]。この点については、Ruineがキーボードを兼任したという記述[2]もあるが、一方でRuineがキーボードに転向しYamaがベースを兼任したという記述[1]もなされている。Yamaによると、キャンドルライト・プロダクションズ (Candlelight Productions)[注釈 1]から契約の話があり、マスターデータや契約書も送付したものの、その後の返答がなくリリースはされなかった[2]。これが原因となり、Lokiは脱退した[2]。Lokiの脱退を切っ掛けにYamaがボーカル専任、Ruineがキーボード専任となりYurkil (G)、Curse Messiah (B)、Moonchik (Ds)が加入[2]。音源作成も行ったもののYamaの大学中退と東京都への引越しによってこの体制は崩壊する[2]

東京へ拠点を移した後、Yama (Vo)、Ruine (Key)、Nergal (G, Vo)、Killeakz Oldone (Ds, B)の4人体制となるが、この体制は長続きせずRuine、Killeakzが脱退[2]。代わりにYashak (Key)やChaory (Ds)といったメンバーが在籍した時期があった[2]。この中でメンバー間の不和がエスカレートし、結局Nergalを含むYama以外のメンバーが脱退し、2005年にバンドは活動休止状態、事実上の解散となった[2]

2007年になってYamaによって再結成[2]。再結成メンバーはYama (Vo, G)、Tanathos Saturnus (G)、Rudra Zephyrion (B)、Morgan le Fay (Key)、Zaren Sixthos (Ds)の5名[2]。技術的な問題でZarenは短期間で脱退しTanathosがドラムスに転向[2]。更にYamaがギターに専念し、Randa Sirenia (Vo)、Sariel Evileye (G, Vo)が加入した[2]2009年に1stアルバム『...the Abyss Will Also Gaze into Thee』をリリースした[2]。同アルバムリリース後TanathosとRandaが脱退、Seth Maelstrom (G)とVlad Demogorgon (Contrabass)、Sokaris Brastyr (Ds)が加入、Yamaがボーカルに転向した[2]。この体制でEP『The Psalms of Forgotten Saga』をリリースするが、製作期間中にSethが技術的問題で解雇されている[注釈 2][2]

2011年3月11日に発生した東日本大震災を切っ掛けにVladが脱退[2]ベーシスト不在のままLamia Bloodysyche (G)が加入したが、Lamiaは短期間で脱退[2]。最終的に、Sethがベーシストに転向して再加入し、Kohen Schnitter (G)が新たに加入した[2]。Sethはバンド側からの打診でベーシストに転向したが、それまでSethはベースを弾いたことがなく、これをきっかけにベーシストに転向している[2]2013年初頭に1stアルバムのリレコーディング盤『...the Abyss Will Also Gaze into Thee:ricordo』をリリース。更に同年中に2ndアルバム『Millendium』もリリースした。同年中にMorganが脱退[2]。Sakuya Shaitan (Vo)、Professor.TF (Key)がライヴサポートとして加入している[2]。この時期には、マーダックトーケの来日ツアーサポートや、カタメニアとのアジアツアーなどを行っている[2]。また、ヘッドライナーとして中国内モンゴル自治区をツアーしている[2]2014年韓国ダーク・ミラー・オヴ・トラジェディ (Dark Mirror of Tragedy)とのスプリット盤『Arcane of Ancient Asia』をリリースしている。2015年にSakuyaとProfessor.TFのサポートが終了し、Morgan (Key, Vo)が再加入、Sokarisが個人的事情で脱退しReone Magatsuhi (Ds)が加入[2]。メタルバトルジャパンで優勝し、世界最大級のメタル・フェスティヴァル、ヴァッケン・オープン・エアへ出場した[2][3]。また、同年秋にはベスト・アルバム『Forbidden Chronicles』をリリースした。このベスト・アルバムには過去楽曲のリレコーディングバージョンや未発表曲、新曲のデモなども収録された[2]

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

バンドの中心人物。ボーカルを担当している時期が長いが、時期によってギターを兼任したり、ギター専任だった時期がある。
シャドウに参加していたことがある。
Hitoshi KojimaとしてMIDORI Jewel's SorrowおよびCRUCIFIEDでも活動。
  • Kohen Schnitter - ギター
  • Seth Maelstrom - ベース、コーラス
一時期ギターとして加入していたが解雇された。その後、ベーシストに転向して再加入した。
2013年に脱退し、2015年に復帰した。巫女の衣装でステージに立つ。
MIDORI(ボーカル)としてMIDORI Jewel's Sorrow、Michi(同)としてSincerityGreenでも活動。

旧メンバー[編集]

  • Randa Sirenia - ボーカル
  • Nergal J. Mephisto - ギター、ボーカル
  • Yurkil - ギター
  • Lamia Bloodysyche - ギター
  • Curse Messiah - ベース
  • Rudra Zephyrion - ベース
  • Vlad Demogorgon - コントラバス
  • Ruine Valkyriel - キーボード、ボーカル
加入当初はベースを担当。Shinonの解雇を受けてキーボードを兼任するようになり、最終的にキーボーディストとなった。
  • Shinon - キーボード
  • Yashak - キーボード
  • Loki Icyfiend - ドラムス
  • Moonchik - ドラムス
  • Killeakz Oldone - ドラムス、ベース
  • Chaory - ドラムス
  • Zaren Sixthos - ドラムス
  • Tanathos Saturnus - ドラムス
加入当初はギターを担当。Zarenの解雇を受けてドラムスに転向した。
  • Sokaris Brastyr - ドラムス

ディスコグラフィー[編集]

  • The Cocoon and Ebony Thorns (EP) - 1998年
  • Lost Destination (DVD) - 2008年
  • ...The Abyss will also gaze into thee (CD) - 2009年3月1日
  • The Psalms of Forgotten Saga (EP) - 2010年11月28日
  • Live at The Stormy Night (Live-DVD) - 2011年11月5日
  • ...the Abyss Will Also Gaze into Thee:ricordo (CD) - 2013年2月20日
  • Millendium (CD) - 2013年9月20日
  • Arcane of Ancient Asia (Split) - 2014年10月31日
  • Forbidden Chronicles (Best) - 2015年10月28日
  • その他、複数のDemoあり。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ キャンドルライト・レコード (Candlelight Records)とは無関係のレーベル。
  2. ^ ただし、その後のライヴなどではSethはサポートサイドギタリストとして起用されている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Ethereal Sinについて Official Facebook 2016年1月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad Yama Darkblaze (2015年11月6日). “【メタルアーティスト コラム】ETHEREAL SIN の歴史を振り返る”. ローチケHMV. 2016年1月31日閲覧。
  3. ^ Wacken Open Air 2015出演者リスト”. 2015年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]