BlueStacks

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BlueStacks
業種 バーチャライゼーションモバイルソフトウェア英語版
設立 2009年4月(7年前) (2009-04
創業者 ローゼン・シャルマ
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州キャンプベル
製品 App Player, GamePop
ウェブサイト www.bluestacks.com
BlueStacks App Player
最新版 2.4.44.6257 / 2016年8月15日(46日前) (2016-08-15
対応OS Microsoft Windows XP以降、Mac OS X Mavericks以降
プラットフォーム x86, x64
サイズ 304.88MB(ダウンロードサイズ) / 1.24KB(.exeファイル) / 10.6GB(フォルダ全体)
対応言語 中文 (香港)・ 中文 (繁体字)・ 中文 (簡体字)・ 日本語アフリカーンス語アゼルバイジャン語インドネシア語マレー語カタルーニャ語チェコ語デンマーク語ドイツ語エストニア語英語スペイン語フィリピン語フランス語クロアチア語ズールー語イタリア語スワヒリ語ラトビア語リトアニア語ハンガリー語オランダ語ノルウェー語ポーランド語ポルトガル語ルーマニア語ロマンシュ語スロバキア語スロベニア語フィンランド語スウェーデン語ベトナム語トルコ語ギリシア語ブルガリア語モンゴル語ロシア語セルビア語ウクライナ語ヒンディー語タイ語ペルシア語アラビア語朝鮮語ヘブライ語クメール語
サポート状況 現行
ライセンス フリーウェア
テンプレートを表示

Bluestacks(ブルースタックス)とはシリコンバレーに本社を構えるBlueStacks App PlayerとBlueStacks Cloud Connectで知られるソフトウェア企業である。両ソフトウェアともAndroidアプリケーションをWindows PCMacintoshコンピュータ、Windowsタブレット上で動作させることをコンセプトにしている。2009年にかつてマカフィーCTOCloud.comの取締役だったローゼン・シャルマが設立した。

ソフトウェア[編集]

この企業が正式に表舞台に立ったのは、2011年5月25日サンフランシスコで開催されたCitrix Synergy confereにおいてCitrixのCEOであるマーク・テンプルトンがステージ上でBlueStacksの初期バージョンをデモンストレーションし、BlueStacksと提携を結んだことを発表したときである。App PlayerとCloud Connectの一般向けアルファ版が公開されたのは同年10月11日のことである[1]。 App Playerはダウンロード配布されているWindows対応ソフトウェアとしていくつかのアプリ(Bloomberg News、Words With Friends、Drag Racingを含む)をプリロードすることができる[2]。さらなるアプリはソフトウェアで提供される「Featured Apps」チャンネルからダウンロードすることができる。Cloud Connect[3]はAndroid MarketからダウンロードできるAndroidアプリでAndroidの端末からAndroidのアプリをBlueStacks App Playerに送ることが出来る。これらのソフトウェアは2014年初頭まではベータ版として無料でダウンロードできた。 2013年中ごろより、Andoroid OSのバージョンをこれまでの2.2から4.2にアップデートし、ベースとなるマシンのスペックに依存はするものの最近のアプリ・ゲームのほとんどを実行できるようになった。 2014年春にはApp PlayerからBetaの文字が取れ、一定期間ごとに一部提携アプリ(ゲーム)をインストールするか、一定の額(2ドル/月、年間で24ドル)を支払う定額利用制度を採用している。 2016年8月4日に公開された2.4.43.6254ではAndroid OSのバージョンが4.4.2となっている。

2016年8月15日に公開された2.4.44.6257ではチャット機能が追加され、メイン画面左のChatボタンを押すことでニックネームを選ぶだけで気軽に世界中のユーザーと会話できるようになった。

現在、App Playerでは、作業状況をTwitchを通じてライブストリーミングすることが可能である。

歴史[編集]

2011年10月13日、 BlueStacksはCNET TV videoでセス・ローゼンバット編集主任によるレビューで取り上げられた[4]

2012年3月27日、App Playerのベータ1バージョンを公開したが、最初の19日で100万ダウンロードを突破した。さらにクアルコムから非公開投資を受けた[5]

2012年6月27日、Mac OSに対応したApp Playerのアルファ1バージョンを公開した[6]。公開祝いの一環としてサンフランシスコで開催されたGoogle I/OにてMacとAndroidの模擬結婚式が行われた。

2012年12月27日、Mac OS版App Playerのベータ版が公開された。企業はこのソフトウェアで75万本以上のAndroidアプリケーションがMac上で動作すると述べている[7]

投資[編集]

2011年5月にアンドリーセン・ホロヴィッツ、ヘリオン・ベンチャーズ、イグニッション・パートナーズ、レッドポイント・ベンチャーズからのシリーズA投資で760万ドルを増資した[8]。同年10月20日、同一の投資者グループだけでなく半導体メーカーのアドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD)からのシリーズBファイナンシングでさらに640万ドルを増資したと発表した[9]

評価[編集]

ソフトウェアは様々な評価を受けているがネガティブな評価が最も多い。初期のバージョン(0.7.4.793 beta 1)はCNET Download.comから5つ星評価で2つ星以下の評価を受けた[10]。ユーザーからの批判として動作の遅延、特にグラフィックを多用しているアプリケーションを動かしている時の問題やクリーンにアンインストールする手法が提供されていないという事実がある[11]

一方で、一部のレビュアーはコンセプトを称賛し、多大な可能性があると述べている[12][13]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Empson, Rip. “BlueStacks Releases App Player And Cloud Connect Service To Let You Run Android Apps On Your PC”. TechCrunch. 10/11/2011閲覧。
  2. ^ Whitney, Lance. “Android apps can now run on your PC via BlueStacks”. CNET. 10/11/2011閲覧。
  3. ^ BlueStacks Cloud Connect in Android Market”. 2011年12月4日閲覧。
  4. ^ Rosenblatt, Seth. “BlueStacks Presides Over the First Windows-Android Wedding”. CNET TV. 10/13/2011閲覧。
  5. ^ Empson, Rip. “Android On Your PC: Qualcomm Invests In BlueStacks After Beta Sees 1M Downloads In 10 Days”. TechCrunch. 04/10/2012閲覧。
  6. ^ Rosenblatt, Seth. “BlueStacks ports Android apps to Mac”. CNET. 07/28/2012閲覧。
  7. ^ Perez, Sarah. “BlueStacks’ App Player For Mac Launches Beta: Now You Can Run Over 750,000 Android Apps On Mac”. TechCrunch. 27/12/2012閲覧。
  8. ^ Fried, Ina. “Start-Up BlueStacks Raises Cash to Bring Android Apps to Windows PCs”. All Things D/Wall Street Journal. 05/24/2011閲覧。
  9. ^ Kim, Ryan. “BlueStacks raises $6.4M to bring Android apps to PCs”. GigaOM. 10/20/2011閲覧。
  10. ^ BlueStacks App Player”. CNET Download.com. 01/24/2013閲覧。
  11. ^ Lesmana, Reza. “BlueStacks Review”. 01/24/2013閲覧。
  12. ^ Zax, David. “Bringing Android Apps to PCs”. 01/24/2013閲覧。
  13. ^ Munoz, Joshua. “BlueStacks beta-1 - Android App Review”. 01/24/2013閲覧。

外部リンク[編集]