BlueStacks

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bluestack Systems, Inc.
BlueStacks Logo.png
種類 非公開会社
本社所在地 アメリカ合衆国キャンベル (カリフォルニア州)
設立 2009年4月25日 (12年前) (2009-04-25)[1][2]
業種 仮想化モバイルアプリケーション
代表者 ローゼン・シャルマ
外部リンク www.bluestacks.com/ja/ ウィキデータを編集
テンプレートを表示
BlueStacks
BlueStacks Logo.png
開発元 Bluestack Systems, Inc.
最新版
5.0.200.1012[3]
2021年6月3日 (7か月前) (2021-06-03)
対応OS Windows 7以降[4]
プラットフォーム IA-32x64
対応言語 多言語(日本語含む)
サポート状況 現行
種別 Android エミュレータ
ライセンス フリーウェア
公式サイト www.bluestacks.com/ja/ ウィキデータを編集
テンプレートを表示
BlueStacks macOS版
BlueStacks Logo.png
開発元 Bluestack Systems, Inc.
最新版
4.270.0.2810[5][6]
2021年3月24日 (10か月前) (2021-03-24)
対応OS macOS Sierra以降[7]
プラットフォーム x64
対応言語 多言語(日本語含む)
サポート状況 現行
種別 Android エミュレータ
ライセンス フリーウェア
公式サイト www.bluestacks.com/ja/ ウィキデータを編集
テンプレートを表示

BlueStacks(ブルースタックス)とはアメリカのソフトウェア企業、Bluestack Systemsが開発したAndroid エミュレータ「BlueStacks(またはBlueStacks App Player)」とその企業である。2009年にローゼン・シャルマが設立した[8]

2011年5月25日サンフランシスコで開催されたCitrix Synergy confereにおいてCitrixのCEOであるマーク・テンプルトンがステージ上でBlueStacksの初期バージョンをデモンストレーションし、BlueStacksと提携を結んだことを発表した。App PlayerとCloud Connectの一般向けアルファ版が公開されたのは同年10月11日のことである[9]。App Playerは2014年6月7日にベータ版を終了した。

ソフトウェア[編集]

BlueStacks 3[編集]

2017年8月22日にBlueStacks 3を正式リリースした。Androidの環境を複数構築し、同時に起動できるマルチインスタンス機能やキーマッピングなどが実装された[10]

BlueStacks 3N[編集]

2018年5月18日Android 7.1.2を搭載したBlueStacks 3Nを正式リリースした[11]

BlueStacks 4[編集]

2018年9月18日に32bit版Android 7.1.2をベースにしたBlueStacks 4(Windows用)を正式リリースした[12][13]。32bit版Androidのほかに64bit版Androidも存在する[14]。32bit版で互換が無かったアプリは64bit版でインストール、起動する可能性がある[15]

バージョン4.40.0.1109以降から内部ストレージを32GBから64GBに引き上げた。但し新規インスタンスに適用される処置で、引き継いだインスタンスの内部ストレージ容量はそのまま、新たに32GBの仮想ディスクイメージを追加した状態となる[16]

Windows用BlueStacks 4のシステム要件[17]
最小 推奨
OS Windows 7 Windows 10
CPU IntelまたはAMD IntelまたはAMDのマルチコアプロセッサ、VT有効
RAM 2GB以上 6GB以上
ストレージ 5GB以上の空き 5GB以上の空き
ビデオカード - PassMarkスコア750以上のビデオカード
macOS用BlueStacks 4のシステム要件[7]
OS Sierra以降
RAM 4GB以上
ストレージ 4GB以上の空き

BlueStacks 5[編集]

日本では2021年4月21日ベータ版(Windowsのみ)を公開[18][19][20][21][22]、翌月に正式リリースした[23]。エンジンを最初から書き直し、パフォーマンスが向上した代わりに、BlueStacks 4からのバックアップを引き継ぐことができない[23][24]

歴史[編集]

  • 2011年10月13日 - BlueStacksはCNET TV videoでセス・ローゼンバット編集主任によるレビューで取り上げられた[25]
  • 2012年3月27日 - App Playerのベータ1バージョンを公開したが、最初の19日で100万ダウンロードを突破した。さらにクアルコムから非公開投資を受けた[26]
  • 2012年6月27日 - Mac OSに対応したApp Playerのアルファ1バージョンを公開した[27]。公開祝いの一環としてサンフランシスコで開催されたGoogle I/OにてMacとAndroidの模擬結婚式が行われた。
  • 2012年12月27日 - Mac OS版App Playerのベータ版が公開された。企業はこのソフトウェアで75万本以上のAndroidアプリケーションがMac上で動作すると述べている[28]
  • 2018年4月19日 - DMMGAMESと業務提携し、同社が提供するAndroidアプリケーションをPC上でプレイするためのプレイヤーソフトウェアに、BlueStacksの一部機能が実装されることが発表された[29]
  • 2018年7月1日 - ゲーム実況者である加藤純一氏を広報大使に起用することが発表された[30]
  • 2019年11月21日 - 株式会社T-GAIA(ティーガイア)との資本業務提携及びモバイル向けの新サービス「Game.tv」について合同記者発表会を開催した。 発表会ではBlueStacksのCEO Rosen Sharma氏、同日本カントリーマネージャーの松本千尋氏、T-GAIA代表取締役の金治伸隆氏、同社長ブロジェクト二部長 山口知宏氏、そしてスペシャルゲストしてBlueStacks広報大使である加藤純一氏らが登壇し、5G次代に向けたeスポーツエコシステムの構築や「Game.tv」の概要、今後の取組み等について語られた他、「どうぶつタワーバトル」の製作者がゲームの「動物」を加藤純一氏の素材に差し替えた特別バージョン「加藤純一タワーバトル」並びに「加藤純一タワーバトル 信者衛門杯」の開催も発表された[31][32]

投資[編集]

2011年5月にアンドリーセン・ホロヴィッツ、ヘリオン・ベンチャーズ、イグニッション・パートナーズ、レッドポイント・ベンチャーズからのシリーズA投資で760万ドルを増資した[33]。同年10月20日、同一の投資者グループだけでなく半導体メーカーのアドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD)からのシリーズBファイナンシングでさらに640万ドルを増資したと発表した[34]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ BlueStacks hits a billion apps used per month and launches new mobile platform” (英語). VentureBeat (2015年12月3日). 2020年6月9日閲覧。
  2. ^ BlueStacks Partners With AMD, Bringing 500,000 Android Apps To Windows PCs” (英語). TechCrunch. 2020年6月9日閲覧。
  3. ^ BlueStacks 5.0 リリースノート” (日本語). BlueStacks (2021年6月4日). 2021年6月7日閲覧。
  4. ^ BlueStacks 5:システム要件” (日本語). BlueStacks. 2021年6月7日閲覧。
  5. ^ リリースノート - MacOS版” (日本語). BlueStacks. 2021年4月3日閲覧。
  6. ^ bluestacksjpのツイート(1373986584513576962)
  7. ^ a b Mac OSにBlueStacksをインストールするための必須条件” (日本語). BlueStacks. 2021年4月3日閲覧。
  8. ^ かすみ・しゅういち: “BlueStacks CEOが見る日本、そしてアジアのゲーム市場とプラットフォーム戦略” (日本語). GAME Watch. インプレス (2018年2月20日). 2021年4月3日閲覧。
  9. ^ Empson, Rip. “BlueStacks Releases App Player And Cloud Connect Service To Let You Run Android Apps On Your PC”. TechCrunch. 10/11/2011閲覧。
  10. ^ AndroidゲームアプリがPCで遊べる新プラットフォーム“BlueStacks 3(ブルースタックス3)”が日本で正式リリース!” (日本語). ファミ通App. 角川ゲームス (2017年8月22日). 2021年4月3日閲覧。
  11. ^ 今藤祐馬: “「BlueStacks」、Android 7.1.2に対応した新バージョン「3N」をリリース” (日本語). GAME Watch. インプレス (2018年5月18日). 2021年4月3日閲覧。
  12. ^ 今藤祐馬: “「BlueStacks 4」正式リリース” (日本語). GAME Watch. インプレス (2018年9月18日). 2021年4月3日閲覧。
  13. ^ Nobu: “Android用ゲームをPCで遊べる「BlueStacks 4」が本日正式リリース” (日本語). 4Gamer.net. デジタルハーツホールディングス (2018年9月18日). 2021年4月3日閲覧。
  14. ^ 「BlueStacks」が増加するAndroid 64bitアプリに対応!『ごとぱず』『グリザイア クロノスリベリオン』などがPCで” (日本語). Game*Spark (2020年12月11日). 2021年4月3日閲覧。
  15. ^ BlueStacks 4でAndroid 64bitアプリを起動する方法” (日本語). BlueStacks. 2021年4月3日閲覧。
  16. ^ 64 GBに拡張されたBlueStacksのストレージスペースについて” (日本語). BlueStacks. 2021年4月3日閲覧。
  17. ^ BlueStacks 4の動作環境” (日本語). BlueStacks. 2021年4月3日閲覧。
  18. ^ bluestacksjpのツイート(1384779052234338312)
  19. ^ 緑里孝行: “「BlueStacks」最新バージョン「BlueStacks 5 ベータ版」本日4月21日にリリース” (日本語). GAME Watch. インプレス (2021年4月21日). 2021年6月7日閲覧。
  20. ^ “BlueStacks 5 ベータ版”が本日(4/21)リリース。RAM使用率が前バージョンより最大50%減の“史上最速”を実現” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2021年4月21日). 2021年6月7日閲覧。
  21. ^ 史上最速の「BlueStacks 5 ベータ版」リリース!RAM使用率最大50%減&CPU使用率最大90%減で“ながら”プレイも快適に” (日本語). Game*Spark. イード (企業) (2021年4月21日). 2021年6月7日閲覧。
  22. ^ 御月亜希: “Android用ゲームをPCでプレイできるアプリの最新版「BlueStacks 5 ベータ版」がリリース。前バージョンより軽量になり,ながらプレイも快適に” (日本語). 4Gamer.net (2021年4月21日). 2021年6月7日閲覧。
  23. ^ a b bluestacksjpのツイート(1384779052234338312)
  24. ^ BlueStacks 5ベータ版の導入について” (日本語). BlueStacks (2021年5月19日). 2021年6月7日閲覧。「BlueStacks 4からのアップグレードが不可能である理由」を参照。
  25. ^ Rosenblatt, Seth. “BlueStacks Presides Over the First Windows-Android Wedding”. CNET TV. 10/13/2011閲覧。
  26. ^ Empson, Rip. “Android On Your PC: Qualcomm Invests In BlueStacks After Beta Sees 1M Downloads In 10 Days”. TechCrunch. 04/10/2012閲覧。
  27. ^ Rosenblatt, Seth. “BlueStacks ports Android apps to Mac”. CNET. 07/28/2012閲覧。
  28. ^ Perez, Sarah. “BlueStacks’ App Player For Mac Launches Beta: Now You Can Run Over 750,000 Android Apps On Mac”. TechCrunch. 27/12/2012閲覧。
  29. ^ DMMGAMESがBlueStacksと提携し,スマホアプリのPC展開を強化へ。DMM GAME PLAYER上でその一部機能を本日実装”. 4Gamer.net. 2018年4月26日閲覧。
  30. ^ INC., SANKEI DIGITAL. “人気ゲーム実況者 加藤純一氏 BlueStacks宣伝広報大使に就任!” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/smp/economy/news/180702/prl1807020294-s1.html 2018年7月17日閲覧。 
  31. ^ 株式会社インプレス (2019年11月21日). “モバイルeスポーツ大会の開催、運営、参加を強力にサポートする「Game.tv」サービス開始! 衛門必見の「加藤純一タワーバトル」爆誕! 大会開催も決定” (日本語). GAME Watch. 2019年11月22日閲覧。
  32. ^ ティーガイア、米国企業と資本業務提携 eスポーツプラットフォーム『Game.tv』日本初上陸|秋田魁新報電子版” (日本語). 秋田魁新報電子版. 2019年11月22日閲覧。
  33. ^ Fried, Ina. “Start-Up BlueStacks Raises Cash to Bring Android Apps to Windows PCs”. All Things D/Wall Street Journal. 05/24/2011閲覧。
  34. ^ Kim, Ryan. “BlueStacks raises $6.4M to bring Android apps to PCs”. GigaOM. 10/20/2011閲覧。

外部リンク[編集]