930

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
929 930 931
素因数分解 2×3×5×31
二進法 1110100010
六進法 4150
八進法 1642
十二進法 656
十六進法 3A2
二十進法 26A
ローマ数字 CMXXX
漢数字 九百三十
大字 九百参拾
算木 Counting rod v9.pngCounting rod h3.pngCounting rod 0.png

930九百三十、きゅうひゃくさんじゅう)は自然数、また整数において、929の次で931の前の数である。

性質[編集]

  • 930は合成数であり、約数1, 2, 3, 5, 6, 10, 15, 30, 31, 62, 93, 155, 186, 310, 465, 930である。
  • 228番目の過剰数である。1つ前は928、次は936
    • 約数の和が平方数になる42番目の数である。1つ前は889、次は935。
  • 約数を16個もつ43番目の数である。1つ前は920、次は945
  • 930 = 2 × 3 × 5 × 31
  • 9302 + 1 = 864901であり、n2 + 1の形で素数を生む。
  • 30番目の矩形数である。1つ前は870、次は992
    • 930 = 301 + 302 = 312 − 311
      • 30の自然数乗の和とみたとき1つ前は30、次は27930。
    • 930 = 2 + 4 + 6 + 8 + 10 + … + 58 + 60
  • 約数の和が930になる数は4個ある。(464, 488, 725, 929) 約数の和4個で表せる17番目の数である。1つ前は816、次は1064。
  • 1~121までの約数の個数を加えると6510個になり930の7倍になる。1~n までの約数の個数が n の整数倍になる12番目の数である。1つ前は347(6倍)、次は2548(8倍)。(オンライン整数列大辞典の数列 A050226)
  • 各位の和が12になる73番目の数である。1つ前は921、次は1029。
  • 930 = 12 + 202 + 232 = 42 + 172 + 252 = 52 + 82 + 292 = 52 + 112 + 282 = 72 + 162 + 252 = 132 + 192 + 202
  • n = 930 のとき nn + 1 を並べた数を作ると素数になる。nn + 1 を並べた数が素数になる112番目の数である。1つ前は920、次は936。(オンライン整数列大辞典の数列 A030457)

その他 930 に関連すること[編集]

関連項目[編集]