3つのピアノ協奏曲 K.107

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

3つのピアノ協奏曲 K.107は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノ協奏曲第1番から第4番までのピアノ協奏曲同様、他者の作品の編曲である。

概要[編集]

少年時代に影響を受けたヨハン・クリスティアン・バッハの「6つのピアノソナタ」作品5(1768年出版)から3曲を選んで編曲したものである。自筆譜の原題は、「アマデオ・ヴォルフガンゴ・モーツァルト氏によりコンチェルトに編曲された、ジョヴァンニ・バック氏の3つのソナタ Tre Sonate del Sgr. Giovanni Bach ridotte in Concerti dal Sgr. Amadeo Worfgango Mozart」。

本曲は未出版のまま作曲者の死後に発見され、ケッヘル番号初版でK.107の番号が与えられた。そしてブライトコプフ・ウント・ヘルテル監修の旧モーツァルト全集英語版で始めて出版されたが他の27曲とは違って番号は付けられなかった。その後、アルフレート・アインシュタインにより1765年ロンドンハーグに滞在中に作曲したと推測され、ケッヘル番号第3版でK.21bの番号が与えられた。しかし、自筆譜の研究から1770年から1772年までの間にザルツブルクで作曲されたことが判明し、ケッヘル番号も当初のものに戻された。本作作曲後、モーツァルトは1773年に初のオリジナル作「第5番」を書くこととなる。

その後、旧モーツァルト全集で番号が付けられた1番から4番までが本作と同様に他社の作品の編曲と判明したが、現在でも本曲の番号付けは行われておらず、演奏の機会も少ない。

楽器編成[編集]

独奏ピアノヴァイオリン2、バス(チェロ)と、第1~4番と比べても簡素な編成となっている。

構成[編集]

モーツァルトは、バッハのソナタを編曲するにあたって、協奏ソナタ形式に合わせるためにソナタ形式の楽章の主題提示部を一部転調して二度繰り返し、伴奏を加えたほかは、ほとんど原曲のまま用いている。

第1曲[編集]

ソナタ集の第2曲が原曲。第1、第2楽章に自作のカデンツァが付けられている。演奏時間は約13分。

  • アレグロ ニ長調、4分の4拍子
  • アンダンテ ト長調、4分の2拍子
  • テンポ・ディ・メヌエット ニ長調、4分の3拍子

第2曲[編集]

ソナタ集の第3曲が原曲。演奏時間は約8分。

  • アレグロ ト長調、4分の4拍子
  • アレグレット ト長調、4分の2拍子

第3曲[編集]

ソナタ集の第4曲が原曲。演奏時間は約9分。

  • アレグロ 変ホ長調、4分の4拍子
  • アレグレット 変ホ長調、4分の3拍子

外部リンク[編集]