ピアノ協奏曲第1番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピアノ協奏曲第1番 ヘ長調 K.37は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した最初のピアノ協奏曲。実際は他者の作品の編曲である。

概要[編集]

1767年に、当時11歳のモーツァルトは4月から7月にかけて4曲のピアノ協奏曲(クラヴィーア、ないしチェンバロ協奏曲)を作曲した。この第1番は同年の4月にザルツブルクで作曲されたものだが、この4曲のピアノ協奏曲は研究によって他者の作品の編曲であることが判明し、この第1番の第1楽章はヘルマン・フリードリヒ・ラウパッハヴァイオリン・ソナタ作品1の5、第3楽章はレオンツィ・ホーナウアーのクラヴィーア・ソナタ作品2の3の編曲であった。第2楽章の作者は不明だが、モーツァルト自作の説もある。

楽譜の大部分は父のレオポルトの手になり、恐らくレオポルトの協力があったものと考えられている。手稿譜は他の3曲を含めてクラクフヤギェウォ大学に所蔵されている。

楽器編成[編集]

独奏ピアノオーボエ2、ホルン2、ヴァイオリン2部、ヴィオラ、バス(なおモーツァルトはチェロコントラバスを明確には区別していないがこれは当時の慣例)

構成[編集]

3楽章の構成で、演奏時間は約16分。第2・第3楽章の終わりにカデンツァの指定がある。

  • 第1楽章 アレグロ ヘ長調、4分の4拍子
  • 第2楽章 アンダンテ ハ長調、4分の3拍子
  • 第3楽章 (アレグロ) ロンド、ヘ長調、4分の3拍子

外部リンク[編集]