ピアノ協奏曲第27番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 第1楽章冒頭の楽譜

ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 ケッヘル番号595番ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの最後のピアノ協奏曲である。1791年1月5日に完成した。

作曲と演奏の経緯[編集]

1791年1月5日のモーツァルト最期の年に完成したが、前作の第26番「戴冠式」からは3年間のブランクがあった。そのころモーツァルトの人気はすでに低迷しており、会員は集まらず3年以上も予約演奏会を開くことが出来ず、かつての華々しさはすでに過去のものとなっていた。このため、ピアノ協奏曲を作曲するチャンスには恵まれなかった。1790年フランクフルト・アム・マインへの旅行中に、ウィーンへ戻った際には再び予約演奏会を開くするつもりで、この演奏会のプログラムを飾るためにこの協奏曲を作曲したのだった[1]

しかし、実際に演奏されたのは、1791年3月4日、宮廷料理人イグナーツ・ヤーン邸において開かれるコンサートにおいて、友人であるクラリネット奏者ヨーゼフ・ベーアから出演依頼[2]を受けたモーツァルトは、1788年に第1楽章を手がけていた本作を完成させて演奏を行ったのだった[3][1]。この演奏会がモーツァルトにとって演奏者としてステージに登場した最後の機会となっている。なお、この演奏会ではモーツァルトのかつての恋人で義姉のアロイジア・ランゲがモーツァルトのアリアを歌った。

本作はその清澄そのものといえるスタイルや曲想からそれまでのモーツァルトのピアノ協奏曲と一線を画すものであり、クラリネット協奏曲や「魔笛」など最晩年の作品に共通する音調を示しており、自然に流れ、あふれるような楽想やインティメイトな響き、単純ながら円熟した強固な構成感など、それらは同時に「諦観」「諦めの朗らかさ」(アインシュタイン)に支えられている[1]。現代でも、モーツアルトのピアノ協奏曲の中でも演奏回数が最も多いもののひとつである。

楽器編成[編集]

独奏ピアノフルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2、弦五部

演奏時間[編集]

約30分(各14分、7分、9分)

構成[編集]

第1楽章 アレグロ 変ロ長調 4分の4拍子 ソナタ形式
型どおりの古典派の協奏ソナタ形式。交響曲第40番と同様に、雰囲気を確保するための1小節の伴奏で始まる。展開部では、もっぱら第1主題が使われる。
流れるように美しい旋律に、フルートの応答を伴う穏やかな第2主題が続く。さらに第3主題が流れるように続き、印象的な旋律が続いて結尾にもたらされる。再度の提示部で第1主題はいくぶん装飾を加えられて登場し、その後、独奏ピアノの表情豊かな旋律から転調が巧みに行われていく。さらに第2主題から続く第3主題と登場し、コーダで結ばれる[1]
第2楽章 ラルゲット 変ホ長調 2分の2拍子 三部形式
モーツァルトの晩年特有の静謐な美しさを持つ。
第3楽章 アレグロ 変ロ長調 8分の6拍子 ロンド形式
軽快なロンド主題で始まる。このロンド主題は、同年に歌曲K.596「春への憧れ」に転用された。

なお第1楽章と第3楽章には、モーツァルト自身のカデンツァが残されている。第3楽章にある2箇所のアインガング(導入部分)は、モーツァルト自身のものは残されていない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d MORZART PIANO CONCERTOS NO.21,NO.27 THE CHAMBER ORCHESTRA OF EUROPE MURRY PERAHIA(SONY SRCR 2040 海老沢敏 ライナーノーツ)
  2. ^ Deutsch, Otto Erich (1965) Mozart: A Documentary Biography. Stanford: Stanford University Press. p.387
  3. ^ Dexter Edge, "Mozart's Reception in Vienna 1787–1791, in Wolfgang Amadé Mozart: Essays on his Life and his Music, (Oxford, Clarendon 1996), p. 90

外部リンク[編集]