ピアノ協奏曲第9番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1777年のモーツァルト(ジョヴァンニ・マルティーニの依頼による[1]

ピアノ協奏曲第9番 変ホ長調 K. 271 は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したピアノ協奏曲。一般に『ジュノーム』の愛称で親しまれている。

概要[編集]

この協奏曲は、1777年1月ザルツブルクで作曲され、フランスの女流ピアニストであるジュノーム嬢がザルツブルクを訪れた際に、彼女に献呈されたといわれてきたため(#曲の成立に関する研究参照)、『ジュノーム』という愛称で呼ばれている。この曲の新鮮さ、大胆さとこれまでにない規模の大きさは、彼女の影響によるものとされている。

第6番第8番、第9番は作曲年代が近いが、3曲の中で最後にあるこの第9番は内容、形式ともに特に優れた曲として高く評価されている。

楽器編成[編集]

独奏ピアノオーボエ2、ホルン2、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラチェロコントラバス

曲の構成[編集]

第1楽章、冒頭部分(下段がオーケストラ、上段が独奏ピアノの右手部分)
  • 第1楽章 アレグロ
    変ホ長調、4分の4拍子、ソナタ形式
    冒頭で、オーケストラによる第1主題の呼びかけに応えていきなり独奏ピアノが登場するところなどは、型破りなスタイルである。このスタイルは、ベートーヴェンピアノ協奏曲第4番第5番「皇帝」の先駆とも言えるであろう。
  • 第2楽章 アンダンティーノ
    ハ短調、4分の3拍子、ソナタ形式。
    第2楽章は短調で作曲されているが、モーツァルトが作曲したピアノ協奏曲のうち、第2楽章が短調で書かれているのはこの曲を含めたったの5曲(第4番第9番第18番第22番第23番、そのうち第4番は他者の作品の編曲)しかない。
  • 第3楽章 ロンド:プレスト
    変ホ長調、2分の2拍子、ロンド形式
    大まかに「A - B - A - C - A - B - A」の大ロンド形式であるが、途中でカンタービレのメヌエットが挿入される。

カデンツァは第1楽章、第2楽章用にそれぞれ2種類書かれている。第3楽章用のカデンツァ(アインガング)は2箇所あり、それぞれ3種類書かれている。この曲のカデンツァが数多く残されている理由は、モーツァルト自身がこの曲をよく演奏していたためであるとされる。少なくとも、1777年10月4日ミュンヘンで、1781年4月3日と1783年の春にウィーンで演奏されたことが知られている。

曲の成立に関する研究[編集]

「ジュノーム嬢」が誰であるかはモーツァルトの研究者の課題となってきたが、2004年3月15日に音楽学者のマイケル・ローレンツはモーツァルトの友人でフランス人のジャン=ジョルジュ・ノヴェールの娘ヴィクトワール・ジュナミ(Victoire Jenamy)であることを発見した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]