ピアノ協奏曲第12番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピアノ協奏曲第12番 イ長調 K.414(385p)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した12番目のピアノ協奏曲

概要[編集]

ザルツブルクの大司教コロレドと訣別し、ウィーンに活動の拠点を移したモーツァルトが1782年の秋に作曲し、自ら主宰した予約演奏会で初演した3つのピアノ協奏曲(第11番第13番)のうちのひとつで、3つのうちで最初に書かれたものであると考えられており、1782年の秋頃にウィーンで作曲された。モーツァルトはそれまでピアノ協奏曲の分野から3年から5年ほど遠ざかっていたが、ウィーンにおける音楽活動の主柱となった予約演奏会によって、以後モーツァルトはピアノ協奏曲を継続的に作曲していった。完成後、同時に出版を考え、広告まで掲載されているが実際の出版は1785年になってからのことだった。

3曲とも、自身の手紙では「易しすぎもせず、難しすぎもしない」と書かれていることから一般の聴衆向け、あるいは楽譜の購入者への配慮が見られる。演奏機会を増やすように、弦楽四重奏でも伴奏可能となっている。

第2楽章の主題は、1782年1月1日に亡くなったヨハン・クリスティアン・バッハの歌劇『心の磁石 La calamita del cuori』序曲から採られたと考えられている。モーツァルトは同年4月10日付けの父レオポルトへの手紙で「音楽界にとっての損失」だと書いて彼の死を惜しんでおり、彼なりの追悼の表れだといわれている。

編成[編集]

独奏ピアノ、オーボエ2、ホルン2、弦楽4部

構成[編集]

3楽章の構成で、演奏時間は約24分。作曲者によるカデンツァが残されている。

  • 第1楽章 アレグロ、イ長調
  • 第2楽章 アンダンテ、ニ長調
  • 第3楽章 ロンドー(アレグレット)、イ長調

外部リンク[編集]