ピアノ協奏曲第13番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピアノ協奏曲第13番 ハ長調 K.415(387b)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した13番目のピアノ協奏曲

概要[編集]

1782年から1783年初頭にかけてウィーンで作曲され、第11番第12番と同様、予約演奏会のために作曲した3曲のピアノ協奏曲のうちのひとつである。初演は1783年の3月11日にブルグ劇場で行われたが、3曲のうち第13番だけ管弦楽トランペットティンパニを加えられて、いっそうの華やかさを具えている。なお3月23日の予約演奏会には皇帝ヨーゼフ2世が臨席していた。

第3楽章の意表を突く短調の導入など、斬新な趣向が盛り込まれている。

楽器編成[編集]

独奏ピアノオーボエ2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ、ヴァイオリン2部、ヴィオラ、バス

構成[編集]

3楽章の構成で、演奏時間は約26分。弦楽四重奏のみの伴奏でも可能である[1]

  • 第1楽章 アレグロ
  • 第2楽章 アンダンテ
  • 第3楽章 ロンドー(アレグロ)

脚注[編集]

  1. ^ Jean-Philippe Collard Mozart: Piano Concertos 6, 8, 11-14”. www.allmusic.com (2018年9月28日). 2018年9月28日閲覧。