2017/2018 ISUジュニアグランプリシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2017/20178ISUジュニアグランプリシリーズ
大会種: ISUジュニアグランプリシリーズ
シーズン: 2017 - 2018
日程: 8月23日 - 12月10日
開催地: オーストラリアの旗オーストリアの旗ラトビアの旗ベラルーシの旗クロアチアの旗ポーランドの旗イタリアの旗
賞金総額: 22,500ドル
大会情報
前回大会:
2016/2017 ISUジュニアグランプリシリーズ
次回大会:
2018/2019 ISUジュニアグランプリシリーズ

2017/2018 ISUジュニアグランプリシリーズ(英語: 2017/2018 ISU Junior Grand Prix of Figure Skating)は、2017年に世界7か国で開催される、ジュニアクラスにおける一連のフィギュアスケート競技大会の総称。

概要[編集]

2017-2018シーズンのISUジュニアグランプリシリーズ。シニアクラスのISUグランプリシリーズとは異なり、開催地は毎年変わる。今シーズンはオーストラリアオーストリアラトビアベラルーシクロアチアポーランドイタリアの7大会、及び日本で開催される決勝大会・ISUジュニアグランプリファイナルで構成される。

各国のフィギュアスケート統括団体が選抜した選手が出場し、男女シングルペアアイスダンス競技を行う。ただし、ペアが行われるのは7大会中4大会のみである。

大会日程[編集]

大会名 開催地 日程
オーストラリアの旗 JGPブリスベン オーストラリア,ブリスベン 2017年8月23日-26日
オーストリアの旗 JGPオーストリア杯 オーストリア,ザルツブルク 2017年8月31日-9月2日
ラトビアの旗 JGPリガ杯 ラトビア,リガ 2017年9月6日-9日
ベラルーシの旗 JGPミンスク・アリーナ杯 ベラルーシ,ミンスク 2017年9月20日-24日
クロアチアの旗 JGPクロアチア杯 クロアチア,ザグレブ 2017年9月27日-30日
ポーランドの旗 JGPグダニスク ポーランド,グダニスク 2017年10月4日-10月7日
イタリアの旗 JGPエーニャ・ボルツァーノ イタリア,エーニャ/ボルツァーノ 2017年10月11日-14日
日本の旗 JGPファイナル 日本,名古屋 2017年12月7日-10日

ペアは7大会のうちブリスベン、オーストリア杯とエーニャ・ボルツァーノを除く4大会で行われる。また、ファイナルはシニアのグランプリファイナルと同時開催される。

出場資格[編集]

各国・地域に対し出場枠が与えられ、出場選手は各国・地域の統括団体が決定する。ファイナルを除く各大会には、1選手(組)につき2大会まで出場できる。

なお、グランプリシリーズに参加する選手(組)は、当ジュニアグランプリシリーズには出場できない。

シリーズ出場枠[編集]

2017年世界ジュニアフィギュアスケート選手権の結果に基づき、次の通り各国・地域に割り当てられた。下記にかかわらず、大会の開催国は自国の選手を3名(組)まで出場させることができる。

男女シングル[編集]

条件 出場枠
各国・地域から出場した選手のうち
最上位選手の成績を比較し、10位までに
該当する国・地域
1-3位の国・地域 7大会すべてに2名ずつ
4-6位の国・地域 7大会すべてに1名ずつ
7-10位の国・地域 6大会に1名ずつ
ここまでに割り当てられた出場枠を使用しない国・地域がある場合、各大会ごとに
空いた枠数を超えない限りで、上位4-6か国・地域に順に1枠ずつ出場枠が追加される。
上位10か国・地域以外でFSに進出した選手が所属する国・地域 5大会に1名ずつ
SPの順位が25-30位の選手が所属する国・地域 4大会に1名ずつ
SPの順位が31位以下の選手が所属する国・地域 3大会に1名ずつ
前年度の世界ジュニア選手権に参加しなかった国・地域 2大会に1名ずつ

ペア[編集]

条件 出場枠
各国・地域から出場した選手のうち最上位選手の成績を比較し、
4位までに該当する国・地域
4大会すべてに3組ずつ
上位4か国・地域以外でFSに進出した選手が所属する国・地域 4大会すべてに2組ずつ
その他の国・地域 3大会すべてに1組ずつ

アイスダンス[編集]

条件 出場枠
各国・地域から出場した選手のうち
最上位組の成績を比較し、10位までに
該当する国・地域
1-3位の国・地域 7大会すべてに2組ずつ
4-6位の国・地域 7大会すべてに1組ずつ
7-10位の国・地域 6大会に1組ずつ
ここまでに割り当てられた出場枠を使用しない国・地域がある場合、各大会ごとに
空いた枠数を超えない限りで、上位4-6か国・地域に順に1枠ずつ出場枠が追加される。
上位10か国・地域以外でFDに進出した組が所属する国・地域 5大会に1組ずつ
SDの順位が21-25位の選手が所属する国・地域 4大会に1組ずつ
SDの順位が26位以下の選手が所属する国・地域 3大会に1組ずつ
前年度の世界ジュニア選手権に参加しなかった国・地域 2大会に1組ずつ

出場枠一覧[編集]

各国・地域の開催国枠を除いた出場枠は、以下の表の通りである。

出場枠 男子シングル 女子シングル ペア アイスダンス
大会ごとに3名(組)ずつ オーストラリアの旗 オーストラリア
ロシアの旗 ロシア
中華人民共和国の旗 中国
カナダの旗 カナダ
大会ごとに2名(組)ずつ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ロシアの旗 ロシア
大韓民国の旗 韓国
ロシアの旗 ロシア
日本の旗 日本
大韓民国の旗 韓国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
大韓民国の旗 韓国
イスラエルの旗 イスラエル
ドイツの旗 ドイツ
日本の旗 日本
フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
スペインの旗 スペイン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ロシアの旗 ロシア
カナダの旗 カナダ
大会ごとに1名(組)ずつ イスラエルの旗 イスラエル
フランスの旗 フランス
日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
香港の旗 香港
フランスの旗 フランス
 チェコ
ドイツの旗 ドイツ
6大会に1名(組)ずつ  ウクライナ
イタリアの旗 イタリア
カナダの旗 カナダ
イギリスの旗 イギリス
中華人民共和国の旗 中国
 スウェーデン
 フィンランド
イギリスの旗 イギリス
 ウクライナ
日本の旗 日本
イギリスの旗 イギリス
 ベラルーシ
5大会に1名(組)ずつ チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
 ノルウェー
 エストニア
中華人民共和国の旗 中国
ドイツの旗 ドイツ
 チェコ
 チェコ
カナダの旗 カナダ
イタリアの旗 イタリア
メキシコの旗 メキシコ
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
トルコの旗 トルコ
オーストラリアの旗 オーストラリア
スペインの旗 スペイン
 リトアニア
ジョージア (国)の旗 ジョージア
 フィンランド
 ハンガリー
4大会に1名(組)ずつ メキシコの旗 メキシコ
オーストラリアの旗 オーストラリア
トルコの旗 トルコ
 ブルガリア
 ウクライナ
イスラエルの旗 イスラエル
 エストニア
スイスの旗 スイス
 ラトビア
 エストニア
 カザフスタン
中華人民共和国の旗 中国
イタリアの旗 イタリア
オーストラリアの旗 オーストラリア
3大会に1名(組)ずつ  スウェーデン
 カザフスタン
 ベラルーシ
スイスの旗 スイス
ジョージア (国)の旗 ジョージア
スロバキアの旗 スロバキア
 ブルガリア
スペインの旗 スペイン
 ラトビア
 ハンガリー
ポーランドの旗 ポーランド
マレーシアの旗 マレーシア
モナコの旗 モナコ
 フィンランド
 南アフリカ共和国
 カザフスタン
 ハンガリー
 ルーマニア
シンガポールの旗 シンガポール
フランスの旗 フランス
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
 ベラルーシ
 リトアニア
クロアチアの旗 クロアチア
 オーストリア
スロバキアの旗 スロバキア
 ノルウェー
スロベニアの旗 スロベニア
上記以外の国・地域 イスラエルの旗 イスラエル
スペインの旗 スペイン
 オーストリア
ポーランドの旗 ポーランド
香港の旗 香港
 ブルガリア
2大会に1名(組)ずつ 上記以外の国・地域 上記以外の国・地域 上記以外の国・地域

ファイナル出場資格[編集]

JGPサン・ジェルヴェからJGPブラエオン・シュベルター杯までの7大会(ペアは4大会)の順位に応じて選手に得点が与えられ、合計得点上位6選手(組)がジュニアグランプリファイナルの出場資格を得る。

順位 男女シングル ペア・アイスダンス
1位 15点 15点
2位 13点 13点
3位 11点 11点
4位 9点 9点
5位 7点 7点
6位 5点 5点
7位 4点 4点
8位 3点 3点
9位 2点 -
10位 1点 -

複数の選手(組)が同点で並んだ場合は最高順位の高い選手(組)が、さらに最高順位も同じだった場合はスコア合計の高い選手(組)が出場資格を得る。上位6選手(組)の中に辞退者が出た場合は、獲得ポイント7位以下の選手(組)が繰り上がる。

競技結果[編集]

決勝成績[編集]

シリーズ成績[編集]

男子シングル[編集]

順位 名前 大会ごとの得点 得点
合計
最高
順位
スコア
合計
AUS AUT LAT BLR CRO POL ITA
1
2
3
4
5
6
以上決勝進出
7
8
9
以上補欠
以下省略

女子シングル[編集]

順位 名前 大会ごとの得点 得点
合計
最高
順位
スコア
合計
AUS AUT LAT BLR CRO POL ITA
1
2
3
4
5
6
以上決勝進出
7
8
9
以上補欠
以下省略

ペア[編集]

順位 名前 大会ごとの得点 得点
合計
最高
順位
スコア
合計
LAT BLR CRO POL
1
2
3
4
5
6
以上決勝進出
7
8
9
以上補欠
以下省略

アイスダンス[編集]

順位 名前 大会ごとの得点 得点
合計
最高
順位
スコア
合計
AUS AUT LAT BLR CRO POL ITA
1
2
3
4
5
6
以上決勝進出
7
8
9
以上補欠
以下省略

各大会成績[編集]

男子シングル[編集]

大会名
JGPブリスベン アメリカ合衆国の旗 アレクセイ・クラスノジョン ロシアの旗 ロマン・サヴォシン ロシアの旗 Egor RUKHIN
JGPオーストリア杯 アメリカ合衆国の旗 カムデン・プルキネン フランスの旗 リュック・エコノミド ロシアの旗 Egor MURASHOV
JGPリガ杯 日本の旗 須本光希 ロシアの旗 マカール・イグナトフ アメリカ合衆国の旗 樋渡知樹
JGPミンスク・アリーナ杯
JGPクロアチア杯
JGPグダニスク
JGPエーニャ・ボルツァーノ
JGPファイナル

女子シングル[編集]

大会名
JGPブリスベン ロシアの旗 アレクサンドラ・トゥルソワ ロシアの旗 アナスタシア・グリャコワ 日本の旗 滝野莉子
JGPオーストリア杯 ロシアの旗 アナスタシア・タラカノワ 大韓民国の旗 イム・ウンス 日本の旗 山下真瑚
JGPリガ杯 ロシアの旗 ダリア・パネンコワ 日本の旗 紀平梨花 アメリカ合衆国の旗 エイミー・マ
JGPミンスク・アリーナ杯
JGPクロアチア杯
JGPグダニスク
JGPエーニャ・ボルツァーノ
JGPファイナル

ペア[編集]

大会名
JGPリガ杯 ロシアの旗 Apollinariia PANFILOVA
and Dmitry RYLOVVA
ロシアの旗 アレクサンドラ・ボイコワ
and ドミトリー・コズロフスキー
カナダの旗 Evelyn WALSH
and Trennt MICHAUD
JGPミンスク・アリーナ杯
JGPクロアチア杯
JGPグダニスク
JGPファイナル

アイスダンス[編集]

大会名
JGPブリスベン ロシアの旗 ソフィヤ・ポリシュチュク
and アレクサンドル・ヴァクノフ
カナダの旗 Marjorie LAJOIE
and Zachary LAGHA
ロシアの旗 Elizaveta KHUDAIBERDIEVA
and Nikita NAZAROV
JGPオーストリア杯 アメリカ合衆国の旗 クリスティーナ・カレイラ
and アンソニー・ポノマレンコ
ロシアの旗 Ksenia KONKINA
and Grigory YAKUSHEV
フランスの旗 Natacha LAGOUGE
and Corentin RAHIER
JGPリガ杯 ロシアの旗 ソフィア・シェフチェンコ
and イゴール・エレメンコ
ロシアの旗 アナスタシヤ・シュピレワヤ
and グリコリー・スミルノフ
アメリカ合衆国の旗 Caroline GREEN
and Gordon GREEN
JGPミンスク・アリーナ杯
JGPクロアチア杯
JGPグダニスク
JGPエーニャ・ボルツァーノ
JGPファイナル

賞金[編集]

ISUジュニアグランプリシリーズ各大会での成績に応じ、以下の賞金が与えられる。

順位 男女シングル ペア・アイスダンス
1位 2,000米ドル 3,000米ドル
2位 1,500米ドル 2,250米ドル
3位 1,000米ドル 1,500米ドル
  • またISUジュニアグランプリファイナルに出場した場合、2,500米ドルが賞金として与えられる。

ISUジュニアグランプリファイナルでの成績に応じ、以下の賞金が与えられる。

順位 男女シングル ペア・アイスダンス
1位 6,000米ドル 9,000米ドル
2位 5,000米ドル 7,500米ドル
3位 4,000米ドル 6,000米ドル
4位 3,000米ドル 4,500米ドル
5位 2,000米ドル 3,000米ドル
6位 1,000米ドル 1,500米ドル

関連項目[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

シリーズ順位表[編集]

アナウンスメント・公式結果[編集]