2014年石川県知事選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
‹ 2010年 • 石川県             
2014年石川県知事選挙
石川県知事
2014年3月16日 (2014-03-16)
種類:  都道府県知事選挙

基礎データ
有権者数: 933,967
投票数: 420,135
  
44.98% Red Arrow Down.svg 6.5%

選挙結果
Blue - replace this image male.svg
谷本正憲無所属
選挙連合:
得票: 285,242  
  
68.91%
Red - replace this image male.svg
川裕一郎無所属
得票: 94,212  
  
22.76%
Purple - replace this image male.svg
木村吉伸無所属
選挙連合: 日本共産党 推薦
得票: 34,464  
  
8.33%

Flag of Ishikawa Prefecture.svg 石川県知事
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

2014年石川県知事選挙(2014ねんいしかわけんちじせんきょ)は、2014年平成26年)3月16日に投開票が行われた石川県知事を選出するための選挙

概要[編集]

現職の谷本正憲の任期満了に伴う知事選挙。選挙戦では、現役知事として最多に並ぶ6選を目指す谷本と石川県議会議員の川裕一郎、前々回・前回に続く出馬となる団体役員の木村吉伸の計3氏が立候補した。[1]

主な争点[編集]

(出典)[1][2][3]

  • 5期20年にわたる谷本県政への評価と多選の是非
立候補者の内、川は所属していた民主党の6選を目指す谷本への対応に反発し立候補直前に離党して出馬し(→詳細)、公約に知事の任期を原則3期12年までとする多選自粛を掲げるなど谷本の多選を強く批判する。木村も多選を強く批判する。
立候補者の内、木村が原発の即時廃炉を、川は原発の既存設備を生かした自然エネルギー(転原発)の推進を掲げそれぞれ再稼働には否定的な立場を取る。谷本は再稼働に肯定的な意見を示した。

基礎データ[編集]

告示日[編集]

執行日[編集]

同日選挙[編集]

立候補者[編集]

3人、届け出順[6]

立候補者 年齢 党派 新旧 肩書き ウェブサイト
木村吉伸
(きむら よしのぶ)
62 無所属
共産党 推薦)
新しい県政をつくる県民の会事務局長 [1]
川裕一郎
(かわ ゆういちろう)
42 無所属 石川県議会議員 [2]
谷本正憲
(たにもと まさのり)
68 無所属
自民党県連、公明党県本部、民主党県連 推薦・社民党 支持)
石川県知事 [3]

立候補者のプロフィールおよび立候補に至る経緯[編集]

  • 木村吉伸 - 新しい県政をつくる県民の会事務局長
前々回2006年の知事選挙前回2010年の知事選挙共産党推薦で出馬し、それぞれ2位、3位の得票数となった。2013年12月16日に革新系団体が擁立を決定、共産党が推薦した。[7]
石川県議会議員として民主党系会派「県政石川」に所属していたが、前年8月に同会派が谷本の出馬表明を待たずして、この知事選挙での谷本への全面支援を約束したことに反発し同会派を離脱[8]。その後、12月15日に川が県連青年局長を務めていた民主党県連が谷本の推薦を決めたが川は賛成せず、同党を離党をした上で自身が知事選挙に出馬する意向を表明[2]同25日に民主党への離党届を提出し受理され、翌日に会見を開き無所属での出馬を正式に表明した[2]
1994年の知事選挙で初当選を果たして以降5選。2013年9月13日県議会にて6選に向けて出馬を表明[9]。その後、自民党県連、公明党県本部、民主党県連が推薦[10][11][2]社民党が支持を決めた[12]

(届け出順)

立候補が取り沙汰された人物[編集]

自民党独自候補として2013年11月11日に出馬の意思があることが明らかにされた[13]。しかし、同17日に開かれた同党県連の会合の中で総合的に判断した苦渋の選択として出馬を見送ることを表明した[10]。(→詳細

政党・団体の動向[編集]

これまでの知事選挙で谷本を推薦・支持し続けてきた公明党民主党社民党の与野党3党が今回も谷本の推薦・支持を決めた。この内、公明・民主両党は県組織単位での「推薦」で、社民が党本部単位での「支持」となった。[11][2][12]

しかし、上記3党と同様にこれまで谷本を推薦・支持し続けてきた自民党県連内では、6期目を目指し出馬を表明した谷本の推薦を求める関係者がいる一方で、谷本への多選批判の声が根強く独自候補擁立を求める声も多くあった。その中、谷本の出馬表明から約1ヶ月が経った2013年11月11日、同党県連会長で衆議院議員馳浩が同党参議院議員石川県選挙区選出の岡田直樹が知事選挙に出馬する意向であると明らかにした[13]。当の岡田は17日の会合で対応を説明する意向であると表明。1991年の知事選挙以来となる現職派と独自候補擁立派による同党分裂選挙の可能性も出始めたが、同17日の会合で岡田が出馬見送りの意向を表明したため同党県連は前回に続き谷本の推薦を決めた[10]。同党分裂選挙は回避され、最終的には現職に与野党4党が相乗りする形となった。これに加え、連合石川も谷本を推薦した[12]

共産党は前々回・前回に続いて新しい県政をつくる県民の会事務局長の木村を擁立し推薦した[7]

選挙のタイムライン[編集]

選挙結果[編集]

各候補の得票率(得票数の多かった順)

投票率は44.98%で、前回の48.13%を下回った(前回比 -3.15%)[14]。当日の有権者数は93万3967人で、投票総数は42万135票となった[14]

候補者別の得票数の順位、得票数[15]、得票率、惜敗率、供託金没収概況は以下のようになった。供託金欄のうち「没収」とある候補者は、有効投票総数の10%を下回ったため全額没収された。得票率と惜敗率は未発表のため暫定計算とした(小数3位以下四捨五入)。

  順位 候補者名 党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 供託金
当選 1 谷本正憲 無所属 285,242 68.91% ----
  2 川裕一郎 無所属 94,212 22.76% 33.03%
  3 木村吉伸 無所属 34,464 8.33% 12.08% 没収

(出典)[16][17][18]

現職の谷本は、これまで行ってきた北陸新幹線建設事業などの交通基盤整備を始めとした5期20年の実績をアピールするとともに、2015年に迫った北陸新幹線金沢延線後の県全域での観光振興へ向けた取り組みを前面に掲げて選挙戦を闘った。また、自民党民主党公明党の県組織の推薦と社民党からの支持を受けた他、連合石川などの各団体や県内全ての市町村長からの支援も受けるなど組織力で他候補を圧倒。現職の知事では茨城県知事橋本昌と並んで全国最多となる6選を果たした。

石川県議会議員を辞職して出馬した川は、谷本の利権政治を強く批判し、同県に立地する北陸電力志賀原子力発電所の再稼働反対などエネルギー政策の転換や県財政の健全化、情報公開全国ワースト1からの脱却などを訴えた。しかし、金沢市以外では知名度で現職の谷本に及ばず、全県への支持を広げられなかった。

3度目の知事選挑戦で共産党の推薦を受ける木村は、谷本の多選の批判や脱原発、社会保障対策、中小企業支援への取り組みなどを訴え、前回出馬時よりも票を伸ばしたが、及ばなかった。

争点とされた北陸電力志賀原子力発電所の再稼働問題について、川と木村は明確に「再稼働反対」を訴えたが、谷本は「安全確認が最優先」だとして論戦に踏み込まなかったため、対立軸が明確にならず大きな争点とならなかった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c “石川県知事選告示 3氏が届け出”. 日本経済新聞. (2014年2月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS25058_X20C14A2EB1000/ 2014年3月2日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g “民主離党の県議、民主推薦の現職に挑む知事選”. 讀賣新聞. (2013年12月27日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20131227-OYT1T00572.htm 2014年3月2日閲覧。 
  3. ^ “石川知事選が告示 6選狙う現職ら3氏立候補”. 朝日新聞. (2014年2月27日). http://www.asahi.com/articles/ASG2S66YKG2SPJLB00P.html 2014年3月2日閲覧。 
  4. ^ 一部投票所では1~2時間繰り上げ(一覧 - 石川県選挙管理委員会)
  5. ^ a b c 2014年3月16日の選挙 -石川県- - 政治山
  6. ^ 平成26年3月16日執行 石川県知事選挙候補者の氏名及び党派別の一覧 - 石川県選挙管理委員会
  7. ^ a b c “木村氏が出馬表明 来春の石川県知事選”. 北國新聞. (2013年12月17日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20131217102.htm 2014年3月2日閲覧。 
  8. ^ a b “選挙:知事選 県政石川、現職・谷本氏に出馬要請 立候補有無は白紙 /石川”. 毎日新聞. (2013年8月9日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20130809ddlk17010609000c.html 2014年3月2日閲覧。 
  9. ^ a b “谷本・石川県知事、6選出馬へ 前任は8期31年で最多”. 朝日新聞. (2013年9月13日). http://www.asahi.com/politics/update/0913/OSK201309130006.html 2014年3月2日閲覧。 
  10. ^ a b c d “自民県連、谷本氏を推薦 石川県知事選”. 北國新聞. (2013年11月18日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20131118101.htm 2014年3月2日閲覧。 
  11. ^ a b c “選挙:知事選 公明党県本部、谷本知事を推薦−−来春 /石川”. 毎日新聞. (2013年11月28日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20131128ddlk17010732000c.html 2014年3月2日閲覧。 
  12. ^ a b c d e 社会民主党機関紙 社会新報 2014年2月1日 石川版・16号 - 社会民主党石川県連合
  13. ^ a b c “岡田参院議員が出馬意思 石川県知事選”. 北國新聞. (2013年11月12日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20131112101.htm 2014年3月2日閲覧。 
  14. ^ a b 平成26年3月16日執行石川県知事選挙投票結果調 - 石川県選挙管理委員会
  15. ^ 平成26年3月16日執行石川県知事選挙開票結果調 - 石川県選挙管理委員会
  16. ^ “石川県知事選、谷本氏が6選確実 茨城と並び全国最多”. 朝日新聞. (2014年3月16日). http://www.asahi.com/articles/ASG3D4HX7G3DPJLB00H.html 2014年3月17日閲覧。 
  17. ^ “石川県知事選、谷本氏当選確実 全国最多に並ぶ6選”. 中日新聞. (2014年3月17日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014031690202455.html 2014年3月17日閲覧。 
  18. ^ “谷本氏が現役最多6選 石川知事選”. 北國新聞. (2014年3月17日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20140317101.htm 2014年3月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]