1951年の松竹ロビンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1951年の松竹ロビンス
成績
セントラル・リーグ4位
53勝57敗5分 勝率.482[1]
本拠地
都市 京都府京都市
球場
衣笠球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 田村駒治郎
経営母体 田村駒
監督 新田恭一
 < 1950 1952 > 

1951年の松竹ロビンスでは、1951年シーズンの松竹ロビンスの動向をまとめる。

この年の松竹ロビンスは、新田恭一監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 金山次郎
2 荒川昇治
3 岩本義行
4 大岡虎雄
5 吉田和生
6 木村勉
7 三村勲
8 宮崎仁郎
9 井筒研一
1951年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 国鉄 0.0 松竹 1.5 名古屋 3.5 名古屋 11.0 名古屋 14.0 名古屋 18.0
3位 名古屋 2.5 大阪 2.0 松竹 7.5 松竹 14.5 松竹 19.0 大阪 20.5
4位 大洋 3.0 名古屋 4.5 大阪 9.0 大阪 15.0 大阪 19.5 松竹 27.0
5位 松竹 3.5 国鉄 大洋 12.5 大洋 18.5 国鉄 25.0 国鉄 31.5
6位 広島 4.0 大洋 4.5 国鉄 13.5 国鉄 18.5 大洋 25.5 大洋 37.0
7位 大阪 4.5 広島 7.5 広島 17.0 広島 25.0 広島 33.5 広島 41.0
1951年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 79 29 6 .731 -
2位 名古屋ドラゴンズ 62 48 3 .564 18.0
3位 大阪タイガース 61 52 3 .540 20.5
4位 松竹ロビンス 53 57 5 .482 27.0
5位 国鉄スワローズ 46 59 2 .438 31.5
6位 大洋ホエールズ 40 64 4 .385 37.0
7位 広島カープ 32 64 3 .333 41.0

[1]

できごと[編集]

  • 5月19日 - 対大洋戦(大分)で10点差からの逆転勝ち。10点差の逆転勝利は、1949年10月2日に大陽大映に勝利した試合以来、プロ野球史上2年ぶり2度目[2]

選手・スタッフ[編集]

オールスターゲーム1951[編集]

ファン投票 荒川昇治 小鶴誠 岩本義行
監督推薦 大島信雄 金山次郎

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

出典[編集]

[ヘルプ]