齋藤達也 (メディアアーティスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

齋藤 達也(さいとう たつや、1979年 - )は、日本のメディア・アーティスト、アートディレクター、テクニカルディレクター。

経歴・人物[編集]

埼玉県生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院修士課程修了。2011年東京芸術大学大学院映像研究科博士後期課程修了(映像メディア学)。MITメディアラボの前身となるアーキテクチャマシングループのメンバーでありVR研究の第一人者でもあるスコット=フィッシャーに師事、UCLA留学時代には、Processingの生みの親であるケイシー=リースに師事。東京藝術大学では、クリエイティブディレクター、表現研究者の佐藤雅彦、メディアアーティストの藤幡正樹に師事した。2021年慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任准教授。メディア技術を活用したアート表現や体験設計を軸として、コマーシャル、映像、テレビ、書籍、展示等多岐にわたる領域で表現活動を行なっている。

母方の先祖に関孝和流の和算家であり「数理神篇」を著した安原千方がいる。

主な作品[編集]

CM[編集]

[編集]

  • 株式会社ライオン「きみがてをあらったら」(作詞・齋藤達也, 作曲・菊地晴夏, 歌・入江陽)

ミュージックビデオ[編集]

テレビ[編集]

展示[編集]

著書[編集]

受賞歴[編集]


脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 水戸芸術館”. 水戸芸術館. 2021年10月10日閲覧。
  2. ^ 日本博京都府域展開アートプロジェクト ALTANATIVE KYOTO -もうひとつの京都-” (日本語). 日本博京都府域展開アートプロジェクト ALTANATIVE KYOTO -もうひとつの京都-. 2021年10月10日閲覧。
  3. ^ INC, ISSEY MIYAKE. “ミラノショップ:佐藤雅彦ディレクション「My first me」展開催 | ニュース” (日本語). ISSEY MIYAKE INC. — イッセイ ミヤケ. 2021年10月11日閲覧。
  4. ^ 幻燈展――プロジェクション・メディアの考古学”. enpaku 早稲田大学演劇博物館. 2021年10月10日閲覧。
  5. ^ ギンザ・グラフィック・ギャラリー 第330回企画展「指を置く」展”. DNP. 2021年10月11日閲覧。
  6. ^ 21_21 DESIGN SIGHT | 「“これも自分と認めざるをえない”」 | 開催概要”. www.2121designsight.jp. 2021年10月10日閲覧。
  7. ^ Flesh for Fantasy” (ドイツ語). Ars Electronica Center. 2021年10月10日閲覧。
  8. ^ “«Version bêta», l'expérience pour tous” (フランス語). Le Temps. (2008年11月4日). ISSN 1423-3967. https://www.letemps.ch/culture/version-beta-lexperience 2021年10月10日閲覧。 
  9. ^ ICC | 《翔べ!小さな自分》 (2008)” (日本語). NTT インターコミュニケーション・センター [ICC]. 2021年10月10日閲覧。
  10. ^ Yubi o oku.. Masahiko Sato, Tatsuya Saito, 雅彦 佐藤, 達也 齋藤. Bijutsushuppansha. (2014.9). ISBN 978-4-568-50560-3. OCLC 894968948. https://www.worldcat.org/oclc/894968948