鹿児島寿蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鹿児島 寿蔵(かごしま じゅぞう、1898年12月10日 - 1982年8月22日)は、人形作家、歌人

福岡市生まれ。有岡米次郎博多人形製作を学ぶ。1932年紙塑人形を創始、1933年日本紙塑藝術研究所を開き、1934年人形美術団体甲戌会を結成する。1936年帝展に入選する。アララギ派の歌人でもあり、島木赤彦土屋文明に師事。1945年短歌雑誌『潮汐』を創刊する。1961年紙塑人形の人間国宝となる。1968年、『故郷の灯』他で第2回迢空賞受賞。勲三等瑞宝章。門下に三国玲子など。

著書[編集]

  • 新冬 歌集 墨水書房, 1941 (アララギ叢書)
  • 潮汐 歌集 古今書院, 1941 (アララギ叢書)
  • 正岡子規 雄鶏社, 1950 (短歌文学読本)
  • 求青 歌集 白玉書房, 1950 (アララギ叢書)
  • 魚鱗 初期歌集 清新書房, 1952 (潮汐叢書)
  • 麦を吹く嵐 歌集 清新書房, 1954 (潮汐叢書)
  • 故郷の灯 歌集 短歌研究社, 1968 (潮汐叢書)
  • 海と花 新星書房, 1970 (潮汐叢書)
  • 花冴々 新星書房, 1972 (潮汐叢書)
  • 寿蔵紙塑人形 毎日新聞社, 1972
  • 寿蔵陶芸人形 講談社, 1974
  • ははのくに 鹿児島寿蔵歌集 短歌新聞社, 1975
  • 古代祭場 歌集 新星書房, 1977
  • 臼と杵 歌集 五月書房, 1980
  • 人間国宝鹿児島寿蔵のすべて 人形と短歌にかけた生涯 朝日新聞西部本社企画部, 1984
  • 定本鹿児島寿蔵紙塑人形 角川書店, 1984
  • 人形と歌と 随想 朝日新聞社, 1985
  • 牡丹の花・朝と夕 遺歌集 新星書房, 1986
  • 斎藤茂吉の添削と批評 石川確治歌集山沢集原本による 短歌新聞社, 1987
  • 鹿児島寿蔵全歌集 新星書房, 1988