鷲田小彌太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鷲田 小弥太(鷲田 小彌太、わしだ こやた、1942年(昭和17年)3月13日 - )は、日本の哲学者札幌大学名誉教授。

来歴[編集]

北海道札幌郡白石村字厚別(現札幌市厚別区)生まれ。北海道札幌南高等学校を経て、1966年(昭和41年)に大阪大学文学部哲学科を卒業。1973年(昭和48年)に同大学院の博士課程の単位取得をして満期退学する。

1975年(昭和50年)に津市立三重短期大学専任講師に就任。1976年(昭和51年)に同助教授。1980年(昭和55年)に同教授。

1983年(昭和58年)に札幌大学教養部教授に就任。1995年経済学部教授。2012年に定年退任、名誉教授。

マルクスヘーゲル、哲学・倫理学を専攻していたが、後に谷沢永一の影響を受けて[1]読書論についての執筆、書評もおこなう。1991年(平成3年)の著書『大学教授になる方法』がベストセラーとなって以降は、人生論、勉強法などについての著作を多数上梓している。

長沼町在住。退任後はボランティアで身体障害者施設の理事長を務めている[2]

著書[編集]

1980年代まで[編集]

  • 『ヘーゲル『法哲学』研究序論』新泉社 1975
  • 『現代唯物論哲学ノート』晃洋書房 1976
  • 『マルクス・法哲学批判序説』新評論 1978
  • 『哲学史の可能性 一つの若きマルクス論』新泉社 1980
  • 『書評の同時代史 一読入魂レポート』三一書房 1982
  • 『哲学の構想と現実 マルクスの場合』白水社 1983
  • 『矩形の鏡』青弓社 1983
  • 『何を読んだらいいか 読書論の周辺』三一書房 1984
  • 『書解・現代マルクス主義』青弓社 1984
  • 『イデオロギーの再認 文化の総体理論に向けて』白水社 1985
  • 『昭和思想史60年』三一書房 1986
  • 『スピノザの方へ 人間と人間の自然をもとめて』三一書房 1987
  • 『現代思想論 ポスト・人類史の時代に』三一書房 1988
  • 『脳死論 人間と非人間の間』三一書房 1988
  • 野呂栄太郎とその時代』北海道新聞社 (道新選書) 1988
  • 『ある地方博の死 世界・食の祭典'88の検証』亜璃西社 1988
  • 『天皇論』三一書房 1989
  • 『書物の戦場』三一書房 1989

1990年-1995年[編集]

  • 吉本隆明論 戦後思想史の検証』三一書房 1990
  • 大学教授になる方法』青弓社 1991 のちPHP文庫
  • 『いま社会主義を考える―資本主義の臨界点としての社会主義』三一新書 1991
  • 『昭和思想全史』三一書房 1991
  • 『大学教授になる方法 実践篇』青弓社 1991 のちPHP文庫
  • 『知的生活を楽しむ小論文作法―高校生からの小論文』三一新書 1992
  • 『哲学がわかる事典 読みこなし使いこなし自由自在』日本実業出版社 1992 のちPHP文庫
  • 『自分で考える技術―現代人のための新哲学入門』PHP研究所 1993 のち文庫 のち新書
  • 『日本資本主義の生命力』青弓社 1993
  • 『大学「自由化」の時代へ―高度教育社会の到来』青弓社 1993
  • 『若者論―次世代の実力をさぐる』学習研究社 1993
  • 『現代思想キイ・ワード辞典』編著 三一新書、1993
  • 『書物の快楽』三一書房 1993
  • 『考える力の冒険―自分と向きあう哲学ノート』PHP研究所 1994
  • 『倫理学講義 「生きる力」の潜在力を引きだす倫理学のダイナミズム』三一書房 1994
  • 『哲学を知ると何が変わるか』講談社 1994 のち文庫
  • 『大人の教養教えます』東洋経済新報社 1994 「教養論」と改題、PHP文庫
  • 『時代を考えるヒント』五月書房 1994
  • 『思考練習―知的生活を楽しむ読書作法』三一新書 1995
  • 『自分で学ぶひと』五月書房 1995
  • 『人間の条件―平成教養講座』三一書房 1995
  • 『現代知識人の作法』青弓社 1995
  • 『情報の達人・知の達人 フツーの人のための教養革命』PHP研究所 1995
  • 『過疎地で快適に生きる方法』学習研究社 1995

1996年-1997年[編集]

  • 『思考の技術・発想のヒント』日本実業出版社 1996 のちPHP文庫
  • 『戦後思想講義 平成教養講座』三一書房 1996
  • 『思考力を高める読書の技術』日本実業出版社 1996
  • 『「自分の考え」整理法 頭を軽快にする実践哲学講座』PHP研究所 1996 のち文庫
  • 『パソコン活用思考術』学習研究社 1996
  • 『現代思想 1970~2001』潮出版社 1996
  • 『「本」はこう買え!こう読め!こう使え!―鷲田流役立つ読書術』大和書房 1996
  • 『哲学の発想とパソコンの思考』日本実業出版社 1996
  • 『日本人のための論理的思考とは何か』日本実業出版社 1997
  • 『説得力を高める思考術 能力主義の時代を軽快に生きる哲学』PHP研究所 1997 のち文庫
  • 『知的生活の新技術―探究・浪費・教養の快楽』三一新書 1997
  • 『学ぶことの法則』丸善ライブラリー 1997
  • 『論理力をつける』日本経済新聞社 1997 「論理的思考を身につける本」日経ビジネス人文庫
  • 『講義・マルクスとマルクス主義』三一書房 1997
  • 『隠者の楽しみ―新・仕事人間の哲学』青春出版社 1997
  • 『新・学問のすすめ―超・情報化社会の知の活用術』マガジンハウス 1997
  • 『欲望の哲学』講談社 1997         
  • 『10年後の「幸福」を考える技術 福祉の時代をどう生きるか』PHP研究所 1997
  • 『おとなの哲学 こどもの哲学―現代を軽快に生きる技術』大和書房 1997
  • 司馬遼太郎。人間の大学』PHP研究所 1997 のち文庫
  • 『知の技術者宣言―20世紀の発想法・思考法は捨てよ!』青春出版社 1997

1998年-2000年[編集]

  • 『平成教養講座 福祉倫理学講義』三一書房 1998      
  • 『大学で学ぶべきこと、学ばなくてよいこと』PHP研究所 1998 のち文庫
  • 『他人から評価される人、されない人 自分の値段を高める思考術』PHP研究所 1998 のち文庫
  • 『社会に出てから役に立つ考え方―鷲田流「人間通」になれる本』大和書房 1998   
  • 『哲学詞華集―いまを深く生きるための名言・名句』PHP研究所 1998
  • 『嫉妬の人間学』潮ライブラリー 1999       
  • 『鷲田小弥太のよくわる哲学のはなし』東京書籍 1999     
  • 『自分を深めろ!人生を拓け!―漱石の仕事論に学ぶ』大和書房 1999     
  • 『日本人のための歴史を考える技術』PHP研究所 1999     
  • 『入門・論文の書き方』PHP新書 1999      
  • 『知的生活社会に生きるアナタのための研究的生活の方法』東洋経済新報社 1999
  • 柳田国男―柳田民俗学と日本資本主義』三一書房 1999
  • 『自分を深く掘る「仕事術」』PHP研究所 1999      
  • 『日本7つの危険』PHP研究所 1999      
  • 『時代小説にみる親子もよう』東京書籍 2000     
  • 『知的に生きるための思考術 人生の問題を解決する50のキーワード』PHP研究所 2000
  • 『人生くねくね道の歩き方』サンマーク出版 2000     
  • 『苦手な人間関係がラクになる―自分力がつく35の知恵』海竜社 2000
  • 『まだまだ役立つ思想入門―こんなとき、こう考える』大和書房 2000
  • 『時間をぜいたくに使う技術―知的浪費生活のすすめ』双葉社 2000
  • 『自分のやりたいことを見つける技術』ダイヤモンド社 2000 「20代でやりたいことを見つける技術」PHP文庫
  • 『知的インターネット生活術 <知恵の生活>に革命がはじまった』中経出版 2000
  • 『時代小説の快楽』五月書房 2000           
  • 『シンプルマインドのすすめ』東洋経済新報社、2000          
  • 『「知」の勉強術―大学時代に何を学ぶか』ワニのNEW新書 ベストセラーズ、2000
  • 『倫理がわかる事典―読みこなし使いこなし活用自在』日本実業出版社、2000
  • 「やりたいこと」がわからない人たちへ』PHP研究所 2001 のち文庫       

2001年-2003年[編集]

  • 『哲学ドリル―あなたの思考回路をトレーニング』すばる舎 2001         
  • 『常識力で書く小論文』PHP新書 2001             
  • 『自分をまもる頭の使い方』PHP研究所 2001
  • 『自分を高める表現の技術』ダイヤモンド社 2001
  • 『Eureka!哲学がわかった!』日本実業出版社 2001
  • 『新・大学教授になる方法』ダイヤモンド社 2001     
  • 『日本とはどういう国か』五月書房 2002
  • 『はじめての哲学史講義』PHP新書 2002
  • 『定年と読書―知的生き方をめざす発想と方法』文芸社 2002 のち文庫 
  • 『定年後に1から始めて一流学者になる方法』青春出版社 2002
  • 『「論理的」に考える練習』PHP研究所 2002 「論理思考トレーニング」文庫
  • 『大人のための議論作法』PHP新書 2002
  • 『ビジネスマンのための21世紀大学 通勤電車が大学になる!!』総合法令出版 2002
  • 『「深く考える」できる人の思考法―思考力を身につける鍛え方』青春出版社 2002
  • 『分かる使える思考法事典―アイディアを生み出し、形にする50の技法』すばる舎 2003
  • 『人生を生き直すための哲学』文芸社 2003
  • 『試してみることで人生は開ける』PHP研究所 2003
  • 『スピードシンキング―頭に9つの「劇的ショック」が起きる!』三笠書房 2003
  • 『倫理学の時間―「何が正しいのか」わからなくなった人たちへ』PHP研究所 2003
  • 『北海道・5年後こうなる。』PHP研究所 2003
  • 『「できない」「やれない」と考えてしまうあなたへ』PHPエディターズ・グループ 2003
  • 『学生時代、学ばなかった君へ―学びの法則』丸善 2003

2004年-2006年[編集]

  • 『できるヤツは3分割で考える―応用自在の「最適最速」思考法』すばる舎 2004
  • 『奇跡の温泉宿-本物のサービス経営』すばる舎 2004
  • 『「説明力」のある凡人は、天才に勝つ!』あ・うん 2004
  • 『「本の定番」ブックガイド アナタが読むべき名著が一目でわかる』東洋経済新報社 2004
  • 『学者の値打ち』ちくま新書 2004
  • 『昭和史の授業』PHP研究所 2004
  • 『ローマ人の処世術 人生の苦しみに負けない言葉』PHPエディターズ・グループ 2004
  • 『超要約で世界の哲学を読む』PHP研究所 2004
  • 『28歳までに人生の目的を見つける方法』海竜社 2004
  • 『コンプレックスに勝つ人、負ける人』PHP新書 2005
  • 図解雑学 倫理』ナツメ社 2005
  • 『つっぱれ日本人!』柏艪舎 2005
  • 『すぐに使える!哲学 恋愛、仕事から生と死の問題までスッキリ解決!』PHP研究所 2005
  • 『大事なことだけを考える技術』ダイヤモンド社 2005
  • 『哲学的毒舌のすすめ 頭の回転の早い人バカウケする人個性豊かな人はみ~んな、毒舌の名人!?』すばる舎 2005年
  • 鷲田小彌太《人間哲学》コレクション彩流社
    • 1 「戦後思想」まるごと総決算 世界レベルの思想とはなにか 2005
    • 2 働かない身体 新福祉倫理学講義 2005
    • 3 漱石の「仕事論」人生、窮まれば仕事 2005
    • 4 現代思想の「練習問題」 2005
    • 5 老後に備えない新哲学 2006
    • 6 時代小説に学ぶ人間学 寝食を忘れさせるブックガイド 2007
    • 7 反哲学・入門編 2009
  • 『社会人から大学教授になる方法』PHP新書 2006
  • 『とっとdeさっさ』ロングセラーズ 2006
  • 『近代西欧社会哲学の精髄 ヘーゲル、マルクスからスピノザへ』彩流社 2006
  • 『哲学教授が読み解くヤレる女、ヤレない女』ロングセラーズ 2006
  • 『自分で考えることができる人、できない人 哲学者は知っている 頭を鍛える思考トレーニング77題』PHP研究所 2006年
  • 『まず「書いてみる」生活 「読書」だけではもったいない』祥伝社新書 2006 のち文芸社文庫

2007年- [編集]

  • 『人生の哲学 哲学的幸福論』海竜社 2007
  • 『夕張問題』祥伝社新書 2007
  • 『昭和の思想家67人』PHP新書 2007
  • 『ヘーゲルを「活用」する! 自分で考える道具としての哲学』彩流社 2007
  • 『あの哲学者にでも聞いてみるか ニートや自殺は悪いことなのか』祥伝社新書 2007
  • 『男の老後力』海竜社 2008 「定年と幸福」文芸社文庫 
  • 『考えることが苦手な人たちへ 10代からのプチ哲学のすすめ』こう書房 2008
  • 『生きた哲学の課外授業』ヌース出版 2008
  • 『ビジネスマンのための時代小説の読み方』日経ビジネス人文庫 2008
  • 『シニアの読書生活』エムジー・コーポレーション 2008 「定年と読書」文芸社文庫、のち原題に戻す 
  • 『人生は四十代からの勉強で決まる』海竜社 2009
  • 『「佐伯泰英」大研究』日経ビジネス人文庫 2009
  • 『日本を創った思想家たち』PHP新書 2009
  • 坂本竜馬の野望 33年の生涯とその時代』PHP研究所 2009
  • 『女50歳からの知的生活法』海竜社 2010
  • 『司馬遼太郎を「活用」する! 司馬作品が教えてくれる生き方・考え方』彩流社 2010
  • 『イラスト・哲学「仮想(ヴァーチャル)」大討論会 もし古今の哲学者20人が時空を超えて重要問題を議論したら』彩流社 オフサイド・ブックス 2010
  • 『日本人の哲学 江戸期の主脈』札幌大学附属総合研究所booklet 2010
  • 『晩節を汚さない生き方』PHP新書 2010
  • 『もし20代のときにこの本に出会っていたら 後悔しないための読書』文芸社 2011 『シニアのための「反」読書論』文庫
  • 『鷲田小彌太書評集成 1(1983-1990) (甦る1980年代)』言視舎 2011
  • 『鷲田小彌太書評集成 2(1991-1997) (失われざる1990年代)』言視舎 2011
  • 『理想の逝き方 あの有名人101人にみる』PHP文庫 2012
  • 『こんな大学教授はいりません 「淘汰の時代」に求められる人材』言視舎 2012
  • 『日本人の哲学 1 (哲学者列伝)』言視舎 2012
  • 『時代小説で読む!北海道の幕末・維新 歴史を愉しむブックガイド』亜璃西社 2013
  • 『父は息子とどう向き合うか』PHP研究所 2013
  • 『日本人の哲学 2 (文芸の哲学)』言視舎 2013
  • 『鷲田小彌太書評集成 3(1998-2010)日本と日本人の21世紀』言視舎 2013
  • 『「自分」で考える技術』PHP研究所 2014
  • 『どんな論文でも書けてしまう技術 1億人の「知的生産」講座』言視舎 2014
  • 『日本人の哲学 3 (政治の哲学/経済の哲学/歴史の哲学)』言視舎 2014
  • 『寒がりやの竜馬 幕末「国際関係」ミステリー』言視舎 2015
  • 『日本人の哲学 5 (大学の哲学/雑知の哲学)』言視舎 2015
  • ヒルティ老いの幸福術』海竜社 2015
  • 『死ぬ力』講談社現代新書 2016
  • 『山本七平』言視舎評伝選 2016

共編著[編集]

  • 吉本ばなな神話』三井貴之共著 青弓社 1989
  • 『クロネコbook倶楽部』中田美知子共著 青弓社 1991
  • 『21世紀の世界をさぐる―マルクス主義を超えて』長谷川慶太郎共著、学習研究社 1992
  • 『現代思想がわかる事典 読みこなし使いこなし自由自在』編著 日本実業出版社、1994
  • 『論文レポートはどう書くか テーマの決め方から文章上手になるコツまで』広瀬誠共著、日本実業出版社、1994年
  • 『論争を快適にする30の法則』廣瀬誠共著 PHP研究所 1998   
  • 『一流の勉強術―勉強が面白くなる53の具体例』中谷彰宏共著、ダイヤモンド社、2001
  • 『鷲田小弥太の海外留学入門』堀川哲、アルバート・ピアセント共著、東洋経済新報社 2002
  • 『日常生活に哲学は必要だ』三浦朱門共著、致知出版社 2003
  • 『これ一冊でわかる!「大学」活用術』江藤茂博 松柏社 2005
  • 『40歳からの飛躍力 伸びる人はここがちがう』ハイブロー武蔵共著 総合法令出版 2005
  • 『なぜ、北海道はミステリー作家の宝庫なのか?』井上美香共著 亜璃西社 2009

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「谷澤永一との出会い」『朝のように花のように 谷澤永一追悼集』浦西和彦, 増田周子編 論創社 2013
  2. ^ 記念講演会講演録 - 砂川市

外部リンク[編集]