鶴賀若狭掾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴賀 若狭掾(つるが わかさのじょう)は、新内節浄瑠璃太夫三味線方の名跡

初代[編集]

初代 鶴賀若狭掾の顕彰碑(福井県敦賀市神楽町)

享保2年(1717年) - 天明6年3月22日1786年4月20日)) 姓は高井。通称は庄兵衛。 初代宮古路加賀太夫高弟の弟子。別名は宮古路加賀八太夫、宮古路敦賀太夫、富士松敦賀太夫、朝日若狭掾、大木戸黒牛(狂歌師としての名)。

作品[編集]

2代目[編集]

1905年3月16日 - 1969年3月5日、本名は鈴木 寿。

東京京橋の生まれ、6代目鶴賀新内5代目鶴賀鶴吉との子。1917年に8代目鶴賀流家元を継承し3代目鶴賀若狭太夫。同年2代目鶴賀若狭掾を襲名。

3代目[編集]

1938年7月11日 - )本名は高橋 行道。成城高等学校卒業。

東京の生まれ。父は初代鶴賀伊勢太夫

  • 1973年に2代目鶴賀伊勢太夫を襲名。
  • 1999年に11代目鶴賀流家元を継承。
  • 2000年に3代目鶴賀若狭掾を襲名。
  • 2001年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。
  • 2003年に新宿区名誉区民。

現在、八王子車人形西川古柳座との共演を多く行っている。また、海外公演を多く行っている。

作品[編集]

落語の「芝浜」、芥川龍之介の「羅生門」、「蜘蛛の糸」などの脚色、作曲をしている。

外部リンク[編集]