鶴澤浅造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴澤 浅造(つるざわ あさぞう)は、文楽義太夫節三味線方の名跡

4代目[編集]

四代目 鶴澤 浅造(よだいめ つるざわ あさぞう)は、日本三味線奏者スタッフ1911年4月に四代目鶴澤浅造を襲名し、1930年4月まで名乗った。1930年5月、四代目鶴澤重造を襲名し、1980年5月まで名乗った。

5代目[編集]

五代目 鶴澤 浅造(ごだいめ つるざわ あさぞう 1950年-)は、日本三味線奏者実業家秘書。のちに越後 角太夫(えちご かくたゆう)を名乗った。本名はキーン 誠己(きーん せいき)。旧姓は上原(うえはら)。

来歴[編集]

新潟県新潟市出身[1]実家は『越後鶴亀』などで知られる蔵元上原酒造である[2][3]東京外国語大学外国語学部フランス語学科を卒業し、文楽義太夫節三味線方の世界に入った[4]。のちに家業を継ぐため、新潟県に帰郷した[3]。なお、日本文学者であるドナルド・キーンから、浄瑠璃など古典について指導を受けていた[1][5]。これをきっかけにドナルドとの交友が深まり、ドナルドから養子になるよう申し出があった[1]。ドナルドは日本国籍を取得し、戸籍上の本名を「キーン ドナルド」としていたため、養子縁組に伴い誠己は「上原」から「キーン」に改姓した[1]。その後、ドナルドの私設秘書を務めている[1]

出演[編集]

  • 第30回文楽公演(1974年
    絵本太功記 発端 安土城中 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1974年)
    艶容女舞衣 道行霜夜の千日 - 三味線(交替出演)
  • 朝日座文楽公演(1974年)
    釣女 - 三味線(交替出演)
  • 第32回文楽公演(1974年)
    音冴春臼月 団子売 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1975年
    龍虎 - 三味線(交替出演)
  • 第33回文楽公演(1975年)
    一谷嫩軍記 堀川御所の段 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1975年)
    久米仙人吉野桜 吉野山の段 - 三味線(交替出演)
  • 第34回文楽公演(1975年)
    神霊矢口渡 道行比翼の袖 - 三味線(交替出演)
  • 朝日座文楽公演(1975年)
    音冴春臼月 団子売 - 三味線
  • 第35回文楽公演(1975年)
    彦山権現誓助剣 彦山権現社前の段 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1975年)
    紅葉狩 -
  • 第36回文楽公演(1975年)
    本朝廿四孝 道行似合の女夫丸 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1976年)
    寿式三番叟 - 三味線(交替出演)
  • 第37回文楽公演(1976年)
    桂川連理柵 道行朧の桂川 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1976年)
    良弁杉由来 桜の宮物狂ひの段 - 三味線
  • 第38回文楽公演(1976年)
    夏祭浪花鑑 住吉鳥居前の段 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1976年)
    仮名手本忠臣蔵 二ツ玉の段 - 胡弓
    花競四季寿 海士 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1976年)
    雪狐々姿湖 猟師源左内より冬の湖畔まで - 三味線 ツレ・胡弓
  • 第39回文楽公演(1976年)
    仮名手本忠臣蔵 鶴ヶ岡兜改めの段 - 三味線
    仮名手本忠臣蔵 塩谷館明渡しの段 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1977年)
    面売り - 三味線
  • 第40回文楽公演(1977年)
    小鍛冶 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1977年)
    妹背山婦女庭訓 山の段 - 妹山琴(交替出演)
    妹背山婦女庭訓 鱶七上使の段 - 三味線(交替出演)
  • 第41回文楽公演(1977年)
    妹背山婦女庭訓 道行恋苧環 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1977年)
    東海道中膝栗毛 赤坂並木より古寺まで - 三味線
  • 第42回文楽公演(1977年)
    増補忠臣蔵 本蔵下屋敷の段 - 琴
  • 朝日座文楽公演(1977年)
    冥途の飛脚 道行相合かご - 三味線
  • 第43回文楽公演(1977年)
    伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段 - 三味線
  • 第9回文楽鑑賞教室(1977年)
    伊賀越道中双六 沼津の段 - 三味線(Bプロ)
  • 朝日座文楽公演(1978年)
    寿柱立万歳引抜き団子売 - 三味線
    近頃河原の達引 堀川猿廻しの段 - 三味線
  • 第44回文楽公演(1978年)
    鑓の権三重帷子 伏見京橋女敵討の段 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1978年)
    義経千本桜 仙洞御所評議の段 - 三味線
    義経千本桜 道行初音の旅 - 三味線
  • 第45回文楽公演(1978年)
    生写朝顔話 大内館の段・多々羅浜の段 - 三味線
    生写朝顔話 明石浦船別れの段 - 琴
  • 朝日座文楽公演(1978年)
    勧進帳 - 三味線
    曽根崎心中 天神森の段 - 三味線
  • 第46回文楽公演(1978年)
    鬼一法眼三略巻 五条橋の段 - 三味線
  • 朝日座文楽公演(1978年)
    假名手本忠臣蔵 鶴ヶ岡兜改めの段 - 三味線
    假名手本忠臣蔵 道行旅路の嫁入 - 三味線
  • 第47回文楽公演(1978年)
    菅原伝授手習鑑 寺入りの段 - 三味線
    鳴響安宅新関 勧進帳の段 - 三味線

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「キーンさん、養子縁組を公表――新潟市出身の浄瑠璃三味線奏者と」『キーンさん、養子縁組を公表|社会|新潟県内のニュース|新潟日報netpark新潟日報社2013年4月30日
  2. ^ ドナルド・キーン「新潟との深い縁」『東京新聞:新潟との深い縁:ドナルド・キーンの東京下町日記:特集・連載(TOKYO Web)中日新聞社2014年4月6日
  3. ^ a b 嶋田和子「古浄瑠璃が結ぶ縁――ドナルド・キーンと三味線奏者・上原誠己」『古浄瑠璃が結ぶ縁ードナルド・キーンと三味線奏者・上原誠己 | 日本語教育みんなの広場』日本語教育みんなの広場、2011年9月8日
  4. ^ 坂本鉄男「イタリア便り――キーン先生の健康法」『【外信コラム】イタリア便り キーン先生の健康法 - 産経ニュース産経デジタル2015年5月3日
  5. ^ 「文化・芸術を愛する父子の日常――キーン誠己(せいき)さん 」『今週の本棚・本と人:『黄犬ダイアリー』 著者・キーン誠己さん - 毎日新聞毎日新聞社2016年10月23日

外部リンク[編集]