鮒飯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鮒飯(ふなめし)は岡山県郷土料理。主に冬季に食べられる。

特徴[編集]

鮒飯。「けんちん汁」の具材に鮒のミンチ肉を入れ雑炊仕立にしたものに近い

ギンブナを三枚に下ろし、中骨を取り除き、硬い小骨が多いため身をよく包丁で叩いてミンチ状にし(時季には「フナミンチ」としてこの状態のものを売っている鮮魚店もある)、少量の油と醤油みりん砂糖だし汁等で炒め煮したものを、ご飯にかけて食べる。なお、多くの場合は具材を加えて調理する(後述)。

フナは他の川魚同様、またはそれ以上に泥臭いため、冬場にとった寒鮒を用いたり、綺麗な真水で餌をやらずに数週間放し、泥抜きをしたものを使う。

主な具材[編集]

地域・状況によって具材は変わる。また、具材はフナのみものもある。

補足[編集]

池波正太郎の時代小説作品『剣客商売』にも登場しているが、岡山と同様のものが江戸にもあったのかどうかは不明である。

関連項目[編集]