鮎ノ瀬大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鮎ノ瀬大橋
国道418号標識

鮎ノ瀬大橋(あゆのせおおはし)は、岐阜県関市長良川にかかる国道418号の橋である。鮎之瀬大橋ともいう。

国道418号のバイパスの一部にあたる。旧国道418号は、岐阜県道290号上野関線と関市の市道に移管されており、長良川には鮎ノ瀬橋がある。

概要[編集]

  • 供用開始:1994年平成6年)
  • 延長: 240.0m
  • 幅員: m
  • 橋梁形式:PC箱桁橋
  • 所在地:岐阜県関市小瀬 - 関市池尻

関連項目[編集]

座標: 北緯35度30分08.8秒 東経136度52分59.6秒 / 北緯35.502444度 東経136.883222度 / 35.502444; 136.883222