長良川橋梁 (東海道本線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
右岸下流より撮影。右側がポニーワーレントラス

長良川橋梁(ながらがわきょうりょう)は、岐阜県岐阜市瑞穂市をむすぶ、長良川に架かる東海道本線の橋梁である。前野橋の別名がある。

西岐阜駅穂積駅の間に架かる鉄道橋である。上り線用と下り線用が別々にある。

1887年明治20年)の完成時の橋脚は鋳鉄管橋脚であったが、1891年(明治24年)の濃尾地震で崩壊。煉瓦楕円井筒に変更された。

概要[編集]

上り線[編集]

1 - 3、9は単線ポニーワーレントラス、4 - 8は単線曲弦プラットトラス、10は上路プレートガーダー
  • 区間:岐阜県岐阜市今嶺〜岐阜県瑞穂市只越

下り線[編集]

1 - 3、9は単線ポニーワーレントラス、4 - 8は単線平行弦ワーレントラス、10は上路プレートガーダー
4 - 8は1960年(昭和35年)に架け替えられているが、1 - 3、9は上り線と同じ1914年(大正3年)の橋梁が残っている。
  • 区間:岐阜県岐阜市今嶺 - 岐阜県瑞穂市只越

その他[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度23分55.6秒 東経136度42分05.4秒 / 北緯35.398778度 東経136.701500度 / 35.398778; 136.701500