河渡橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
左岸下流より
Japanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
岐阜県道92号標識

河渡橋(ごうどばし)は、岐阜県岐阜市長良川にかかる岐阜県道92号岐阜巣南大野線の橋である。

中山道に該当し、河渡はかつての中山道河渡宿があった地である。

毎年11月には、近隣でお祭りが開催されている。

現在の橋は4代目であり、初代は1881年(明治14年)、中山道河渡の渡しに替わって造られた木橋(延長:233m、幅員3.3m)である。この橋は1891年まで有料であった。

1946年(昭和21年)開通の3代目の橋までは、「合渡橋」という名であった。

揖斐川にかかる平野庄橋が、1981年の架け替えまではよく神戸橋と呼ばれていたことから、地域によってはどちらのゴウド橋なのか確認するシーンがよくあった。

概要[編集]

  • 供用開始:1980年(昭和55年)12月
  • 延長:374.7m
  • 幅員:19.3m
  • 橋梁形式:三径間連続鈑桁橋
  • 所在地:岐阜県岐阜市江崎北 - 河渡(一般には鏡島と河渡を結ぶ橋)

その他[編集]

かつて長良川左岸側の河渡橋への取り付け道路の南側には、1964年(昭和39年)10月4日に廃止された名古屋鉄道名鉄鏡島線西鏡島駅1954年(昭和29年)9月10日から1957年(昭和32年)9月4日までの名称は、合渡橋駅)が存在した。鏡島線廃止後は名鉄バス→岐阜バスの西鏡島バス停のバス転回場に転用されたが、現在は住宅地となっている。

座標: 北緯35度24分35.9秒 東経136度42分19.7秒 / 北緯35.409972度 東経136.705472度 / 35.409972; 136.705472