魚津神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
魚津神社
Uozu-Jinja006.jpg
所在地 富山県魚津市中央通り1-3-28
位置 北緯36度49分05.6秒
東経137度23分51.5秒
例祭 6月4日
主な神事 魚津神社祭礼(6月4-6日)
愛宕社の火祭り(1月26日)
テンプレートを表示

魚津神社うおづじんじゃ)は、富山県魚津市にある神社である。

祭神[編集]

主祭神…天照皇太神(あまてらすおおみかみ) 元は神明社で祀ります。 相殿神…建御名方命(たけみなかたのみこと) 元は神明社で祀ります。 蒼稲魂命(うかのみたまのみこと) 元は稲荷社で祀ります。 彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)元は火之宮社で祀ります。 素盞鳴命(すさのおのみこと) 元は杵築社で祀ります。 大市比売命(おおいちひめのみこと) 元は市姫社で祀ります。 建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと) 元は旧魚津城の鬼門除けの守護神 櫛名田比売命(くしなだひめのみこと) 元は旧魚津城の鬼門除けの守護神 菅原大神菅原道真公) 加賀藩主、前田紀綱が勧請(かんじょう) (※勧請…神仏の分身・分霊を他の地に移して祭ること)

由緒[編集]

元々は神明社という名前の神社だったが、昭和31年(1956年)に魚津大火が発生し、その復興事業として火災地域にあった5つの神社を統合し、魚津神社となった。昭和41年(1966年)に魚津市立大町小学校敷地内にあった愛宕神社(昔は魚津城の守護神として有名だった)を本殿の北隣に移し、現在に至る。

社殿[編集]

統合した神社[編集]

愛宕社
  • 神明社(神明町)
  • 火の宮神社(下村木町)
  • 稲荷神社(金屋町)
  • 市姫神社(新金屋町) - 鳥居の掲額と狛犬一対が、昭和54年(1979年)に当神社敷地内に移される。
  • 杵築社(金浦町)

年中行事[編集]

  • 1月26日- 愛宕社の火祭り
  • 6月4-6日- 魚津神社(神明社)祭礼
    • 地元では「しんめはんの祭り」と呼ばれる富山県東部で最も露店が出る祭りで、魚津神社をメインに、中央通り、魚津中央線に最も露店が集中する。
    • 江戸時代から大正時代まで子供歌舞伎曳山(山車)が出ていたが、創設年度はよくわかっていないほか、江戸時代に何基あったのかも、火事による焼失などにより増減するためよくわかっていない。明治時代には神明町、真成寺町、金屋町、新町、大町、餌指町、下町などの町が曳山を所有していた。また、日露戦争勝利記念の年には11基の曳山が曳かれ賑わったという。しかし大正時代に入ると、道路に電線が引かれるようになったこと、曳山保存に手間とお金が掛かることなどにより徐々に曳かれなくなっていった。曳山は、屋台造りで前部に舞台があり、浄瑠璃に合わせて子供たちが歌舞伎を演じる子供歌舞伎曳山で、魚津の伝統工芸である魚津漆器の塗りを用いるなど、技術の粋を集めたものである。現在は、魚津歴史民俗博物館にて勾欄などが展示されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]