魚津大火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
魚津大火
現場 富山県魚津市
発生日 1956年昭和31年)9月10日
19時45分
類焼面積 1583戸
原因 不明
死者 5人
負傷者 170人

魚津大火(うおづたいか)は1956年9月10日富山県魚津市で発生した大火災である。

魚津市内では江戸時代から終戦直後にかけて、大規模な火災が数回発生したが、ここでは前述した1956年の大火について記述する。

状況[編集]

9月10日19時45分、真成寺町の納屋から出火。20時に通報を受けた(当時の魚津市内の電話は自動交換方式ではなく、通報者は電話交換手を通じて通報していた)。消防車が着いたころには、隣接する大劇映画館にまで延焼していて、手がつけられなくなっていた。当時の市街地は木造建築が多い上、道幅が狭く、思うように消火活動がはかどらず、さらに何度も風向が変わったため、たちまち神明商店街(現在の中央通り商店街)や市街地北部へ延焼し、あっというまに市街地北部を焼け野原にしてしまった。北日本放送ラジオも、大火の状況をラジオで放送していた。

台風第12号の進路

当時は、九州西方海上を通過した大型台風12号が日本海を北東進しており、本州の日本海側ではフェーン現象により乾燥した強い風が吹き続けていたので、非常に火災が起こりやすい状況であった。以前にも、1954年9月の洞爺丸台風による北海道岩内町岩内大火)、1955年10月の台風22号による新潟市新潟大火)、さらに1956年8月には台風9号による大館市など、台風に伴う大火災が頻発しており、この時も警戒されていたが、効無く大火となったものである。

その上、市街地内にある唯一の自然水利だった鴨川が、上流の発電所の水路補修や水田への導水のため、水が殆どないという始末であった。当時の市内には157基(市街地で119基、焼失区域内に58基)の消火栓もあったが、火の回りがあまりにも強く避難を余儀なくされ、消火栓を開けっ放しにしてしまったため、消火栓の水圧が下がってしまい、効果的な消火はできなかった。

さらに各地で飛び火による火災も発生している(経田や黒部市生地にまで飛び火したとも言われているが、いずれも放火の可能性が高い)。

この大火により、周辺市町村から消防車100台が駆けつけ(新潟県糸魚川からやってきた消防車もあった)、金沢に駐屯していた自衛隊も出動する事態となった。

11日午前2時10分ごろに鎮火。焼失戸数1583戸、罹災者7219人、死者5名、負傷者170名(うち重傷者5名)という魚津市の火災史上最悪の被害となった。

出火の原因は、放火、火の不始末、自然発火などいろいろな説があるが、結局、現在もはっきりとした原因がわかっていない[1]

火元[編集]

  • 真成寺町商店街(魚津銀座)、呉服店裏の裏の納屋。

この大火で出た犠牲者[編集]

『魚津大火復興50周年記念誌 魚津大火の記録』9ページでは、以下の5名が犠牲となっている。

  • 神経痛により逃げ遅れた老人3名(男性1人、女性2人)が焼死。
  • 家財搬出した長持が火の粉により引火し、中にいた8歳女児が焼死。
  • 31歳男性が、親戚の家財搬出後に帰宅し、就寝中に死亡。

焼失した地域[編集]

  • 真成寺町
  • 神明町(今の中央通り1丁目)
  • 金屋町(今の中央通り2丁目)
  • 村木(今の村木町、末広町、緑町)
  • 新金屋町(今の新金屋1丁目)
  • 下村木町(今の火の宮町、新金屋2丁目、本江新町)
  • 沖田区(今の並木町)
  • 上村木町(今の新金屋2丁目)
  • 本江(一部、今の本江新町)
  • 本新(一部、今の本新町)
  • 餌指町(一部、今の本町の一部)
  • 鴨川町(一部)

被災した建物[編集]

  • 中央通り商店街
  • 銀座商店街(魚津銀座)
  • 魚津市立村木小学校
  • 神明社
  • 火の宮神社
  • 稲荷神社
  • 市姫神社
  • 安成寺
  • 光了寺
  • 光顔寺
  • 照善寺
  • 栄明寺
  • 常泉寺山門
  • 北陸銀行神明支店
  • 富山産業銀行魚津支店
  • 岐阜相互銀行魚津支店
  • 加州相互銀行魚津出張所
  • 第一劇場(中央劇場)
  • 大劇映画館
  • 金屋郵便局
  • 魚津米穀販売協同組合
  • 魚津製氷
  • 吉田工業上村木工場
  • 魚津製作所
  • 経沢製作所
  • 本江酒造
  • 火の宮市営住宅
  • 無常庵
  • 日本カーバイド工業魚津工場(ジンアンガス工場、守衛所、事務所に被害)
  • カーバイド病院
  • カーバイド記念社宅(50戸を焼)
  • 小坂機業場(一部焼)

など

大火後[編集]

市はこの大火を受けて、早月川右岸に100戸の仮設住宅を設置するなどした。焼失した村木小学校の児童は、大町小学校や本江小学校、東部中学校、西部中学校、魚津高等学校、道下公民館で分散授業を受け、西部中学校の講堂も罹災者に開放された。

さらに、市連合婦人会の炊き出しや、市連合青年団の焼け跡整理なども行われ、全国から義捐金や救援物資も送られてきた。

復興状況[編集]

大火後の都市計画により、中央通り商店街、真成寺町商店街(魚津銀座)は鉄筋コンクリートの近代的な商店(いわゆる『防火建築帯』)が建ち並ぶようになり(1959年に完成)、市街地を貫く幹線道路も整備され、近代的都市に生まれ変わった。1962年にすべての復興事業が完成した。また、1958年に富山県で国体が開催された際、昭和天皇香淳皇后が村木小学校屋上から火災復興状況を見学した[2]

関連資料[編集]

  • 『魚津大火復興50周年記念誌 魚津大火の記録』(平成18年(2006年9月9日、魚津市発行)

脚注[編集]

  1. ^ 『魚津大火復興50周年記念誌 魚津大火の記録』(平成18年(2006年9月9日、魚津市発行)33~35ページ
  2. ^ 『魚津大火復興50周年記念誌 魚津大火の記録』(平成18年(2006年9月9日、魚津市発行)139ページ

関連項目[編集]