新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
魚沼基幹病院から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院
Uonuma Kikan Hospital 2018.jpg
情報
指定管理者 新潟県地域医療推進機構
正式名称 新潟大学医歯学総合病院魚沼地域医療教育センター 新潟県地域医療推進機構 魚沼基幹病院
英語名称 Uonuma Kikan Hospital
標榜診療科 総合診療科、循環器内科、内分泌・代謝内科、血液内科、腎臓内科、リウマチ科・膠原病科、呼吸器・感染症内科、消化器内科、神経内科、精神科、小児科、消化器外科・一般外科、乳腺・内分泌外科、心臓血管外科、呼吸器外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科、放射線治療科、放射線診断科、麻酔科、救急科、リハビリテーション科、矯正歯科、歯科口腔外科、病理診断科
許可病床数

454床
一般病床:400(救命救急センター14床含む)
精神病床:50(閉鎖病棟)


感染症病床:4床
開設者 新潟県
管理者 内山聖(病院長)
開設年月日 2015年平成27年)6月2日[1]
所在地
949-7302
新潟県南魚沼市浦佐4132番地
PJ 医療機関
テンプレートを表示

新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院(にいがただいがくちいきいりょうきょういくセンター・うおぬまきかんびょういん)とは、新潟県南魚沼市にある一般財団法人 新潟県地域医療推進機構が運営する病院である。

概要[編集]

当院は広域・専門・災害時等に魚沼・南魚沼地域の拠点的医療を確保するために、新潟県南魚沼市北部の(旧)大和町地区に設置された。

「公設民営方式」が採用されており、設置者は県であるが、運営・管理は県が出資する一般財団法人によって行われている。

沿革[編集]

  • 2009年(平成21年) - 魚沼基幹病院(仮称)の基本計画作成[2]
  • 2010年(平成22年) - 実施設計
  • 2011年(平成23年) - 着工
  • 2012年(平成24年)
  • 2013年(平成25年)2月22日 - 魚沼基幹病院(仮称)の名称を「新潟県地域医療推進機構魚沼基幹病院(略称:魚沼基幹病院)」に決定[3]。新潟大学医歯学総合病院魚沼地域医療教育センターと魚沼基幹病院が連携・協力する際の名称として、「新潟大学医歯学総合病院魚沼地域医療教育センター 新潟県地域医療推進機構魚沼基幹病院(略称:新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院)」を使用する[3]
  • 2015年(平成27年)6月2日 - 開院[1]

基本的機能[編集]

規模[編集]

  • 454床
    • 一般病床400床(救命救急センター14床含む)
    • 精神病床50床(閉鎖病棟)
    • 感染症病床4床

診療科[編集]

研修・研究施設[編集]

  • 新潟大学医歯学総合病院魚沼地域医療教育センター
    • 総合診療医を育成(育成プログラムで専門医との連携)、医学生教育(5年・6年臨床実習)から卒後(2年)の臨床研修、専門医研修を行う。
  • 魚沼臨床研究センター(新潟大学・東京大学)
  • 修学資金

アクセス[編集]

  • 鉄道 - 上越新幹線・上越線浦佐駅が最寄(約1.5km)
  • バス - 南越後観光バス・魚沼基幹病院入口バス停(約400m・徒歩:約5分)および魚沼基幹病院前バス停(徒歩すぐ)
  • 車 - 国道17号・浦佐バイパス沿線

運営[編集]

  • 基幹病院は、新潟県が設置し、県から指定管理者の指定を受けた「一般財団法人新潟県地域医療推進機構」が運営・管理する。

魚沼地域医療再編[編集]

  • 基幹病院設置に伴い、従来の県立病院・市立病院を以下の通り再編した[4]

魚沼市立小出病院[編集]

  • 2015年6月に県立小出病院を魚沼市に移譲。高度医療・専門医療は基幹病院に機能を移し、地域医療に特化。魚沼市立堀之内病院より病床を移管。
  • 規模
    • 一般病床90床程度
    • 療養病床44床程度
      • 旧:県立小出病院は383床であった。
  • 診療科
    • 内科・神経内科・小児科・整形外科・外科・泌尿器科・脳神経外科・皮膚科・婦人科
  • 運営
    • 魚沼市が開設者となり、指定管理者制度により一般財団法人魚沼市医療公社が運営。

南魚沼市民病院[編集]

  • 2015年11月に旧・県立六日町病院の隣接地に市立病院として開院。ゆきぐに大和病院の地域医療中核施設機能も継承。
  • 規模
    • 一般病床等140床
      • 旧:県立六日町病院は199床であった。2015年6月に南魚沼市に移譲され、暫定的に20床の南魚沼市立六日町病院となった後、同年10月末で閉院。
  • 診療科
    • 内科・精神科・神経内科・循環器内科・呼吸器内科・外科・消化器内科・消化器外科・肛門外科・整形外科・形成外科・小児科・婦人科・眼科・皮膚科・泌尿器科・耳鼻いんこう科・歯科・歯科口腔外科・小児歯科・リハビリテーション科・放射線科・リウマチ科・麻酔科・腎臓内科
  • 運営

ゆきぐに大和病院[編集]

  • 基幹病院の隣接地にある。地域医療中核施設機能も南魚沼市民病院に移し、規模縮小。
  • 規模
    • 一般病床40床
      • 2015年10月までは199床であった。
  • 診療科
    • 内科・和漢診療科・神経内科・精神科・外科・リハビリテーション科・リウマチ科・歯科・小児科・小児歯科
  • 運営
    • 引き続き南魚沼市が開設・運営。

魚沼市立堀之内病院→堀之内医療センター[編集]

  • 病床を小出病院に移し、規模縮小。
  • 規模
    • 病床なし
      • 2015年10月までは一般病床30床が、2017年までは療養病床50床があった。
  • 診療科
    • 内科・整形外科・リハビリ科
  • 運営
    • 2015年4月から指定管理者制度により一般財団法人魚沼市医療公社が運営。

脚注[編集]

  1. ^ a b “魚沼基幹病院で外来始まる 周産期医療や救命救急も”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 新潟全県版. (2015年6月3日) 
  2. ^ 魚沼基幹病院(仮称)基本計画(素案) (PDF) - 新潟県 2009年6月作成
  3. ^ a b 魚沼基幹病院(仮称)の名称を決定しました (PDF) - 新潟県 2013年2月22日発表
  4. ^ 魚沼地域医療再編に伴う、移行方針の調整会議を開催しました

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト
新潟県
魚沼地域
魚沼市
南魚沼市