鬼平犯科帳スペシャル 兇賊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鬼平犯科帳スペシャル 兇賊』(おにへいはんかちょうスペシャル きょうぞく)は、2006年2月17日19時57分から21時54分にフジテレビ系列で放送された単発時代劇池波正太郎原作の時代劇シリーズ『鬼平犯科帳』のスペシャル版。 地上デジタルとBSフジでの放映時 画角16:9、フィルム撮影、ハイビジョン製作。


概要[編集]

本作は、二代目中村吉右衛門主演のテレビ時代劇『鬼平犯科帳』のテレビ第1シリーズ第9話「兇賊」のリメイク作品にあたる。

ストーリー[編集]

加賀国・倶梨伽羅峠の麓にある故郷を訪れた老盗・鷺原の九平は雨宿りした御堂の中から3人の男が密談をしているのを聞いてしまう。それは火付盗賊改方長官・長谷川平蔵の暗殺に関わる話であり、3人の男の頭領こそ、平蔵率いる火付盗賊改方の囲みを破った上に密偵を殺害して逃亡した極悪非道の大盗・網切の甚五郎であった。そして1年後、江戸で居酒屋を開いている九平の前にある侍がやってくる。その侍が帰った直後、3人の浪人が現れ、侍の行方を問い詰めて店を去った。気になった九平が様子を見に行くと件の浪人と侍が斬り合いをしており、侍が浪人を切り伏せたところであった。九平は更に侍の後を追けてゆくと、侍は火付盗賊改方の役宅の中に入りしな、九平に労いの言葉をかけていく。侍は長谷川平蔵だった。驚いた九平は次の日から店を閉めて身を隠す。一方、江戸に舞い戻っていた網切の甚五郎は3軒の畜生働きを行い、火付盗賊改方も網切の甚五郎が江戸に現れたと判断し、探索を始めるが…。

スタッフ[編集]


キャスト[編集]

原作との相違[編集]