中村吉三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中村吉三郎(なかむら きちさぶろう、本名:佐藤實(さとうみのる)、1949年10月21日 - )は、歌舞伎役者。屋号は「播磨屋」・定紋は「揚羽蝶」。東京都出身。日本大学芸術学部中退[1]

経歴[編集]

  • 1972年、国立劇場第一歌舞伎俳優研修修了。国立劇場での『一谷嫩軍記』で初舞台
  • 1972年、国立劇場特別賞
  • 1973年、八代目松本幸四郎の門下で二代目松本錦彌。この年に国立劇場奨励賞を受賞。
  • 1978年、中村吉右衛門の門下で中村吉三。
  • 1979年、国立劇場小劇場歌舞伎会努力賞
  • 1981年、中村吉三郎と改名。名題昇進。歌舞伎俳優研修生で史上初めて名題試験に合格する。
  • 1990年、アメリカ公演。
  • 1996年、イタリア香港・アメリカ公演。
  • 2002年、第八回日本俳優協会賞を受賞。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.552

関連人物[編集]

外部リンク[編集]