高橋幹子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
髙橋幹子から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「髙橋幹子」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

髙橋 幹子[1](たかはし もとこ)は、日本の脚本家小説家

経歴[編集]

山形県飯豊町出身。北海道の短大を卒業後、地元に戻り農協に勤務。28歳の時に上京し、会社に勤務しながらシナリオ学校(シナリオ・センター)にて学ぶ[1][2]。33歳の時に第20回フジテレビヤングシナリオ大賞の大賞(応募者数1,312人)を受賞。「戦士の資格」(フジテレビ、2008年12月29日)でプロデビューした[3]NHK奈良ドラマ万葉ラブストーリーの公募脚本でも最優秀賞(応募総数:572件)を受賞[4][5]、「誰そ彼からの手紙」が2008年9月19日に放送されていた。

参加作品[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

漫画原作[編集]

著書[編集]

恋愛短篇小説集[編集]

ドラマ原作小説[編集]

エッセイ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]