高崎白衣大観音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高崎白衣大観音

高崎白衣大観音(たかさきびゃくえだいかんのん、たかさきびゃくいだいかんのん[1])は、群馬県高崎市の高崎観音山丘陵にある大観音白衣観音)像である。観音山の山頂、標高190mの地点(高野山真言宗慈眼院の境内)にあり、最上階(観音像の肩部分)からは高崎市街地や群馬県の主な山々、さらには八ヶ岳等まで一望できる[2]。通称「高崎観音(たかさきかんのん)」。高崎市民は「観音様」と呼んでいる。

1936年昭和11年)、実業家井上保三郎が建立した鉄筋コンクリート製の観音像で、高さ41.8メートル、重さは5,985トン。建立当時は世界最大の観音像だった。内部は9層に分かれており、20体の仏像が安置されている。原型製作は伊勢崎市出身の鋳金工芸作家森村酉三日展・無鑑査)によるもので、黒川竜玉が施行の指揮をとった[2]

歴史[編集]

1936年昭和11年) 建立。同年10月20日 開眼供養。

1937年(昭和12年) 高崎観光協会が設立され、同観音を中心とする観光地化が始まる。

1938年(昭和13年) 同観音を高崎市に寄付。

1941年(昭和16年) 慈眼院が現在の場所へ移築、同観音が同院本尊の前仏となる。

1950年(昭和25年) 毎日新聞社の観光地百選に入選。

1961年(昭和36年) 高崎フェアリーランド(後のカッパピア)開園。

1995年平成7年) 大改修が行われる。

2000年(平成12年) 高崎白衣大観音像として国の登録有形文化財に登録。

交通アクセス[編集]

高崎駅西口から高崎市巡回バス「ぐるりん」観音山線(農二・染料植物園コースまたは片岡・観音山コース)に乗車、「白衣観音前」停留所下車。所要約25分。

画像[編集]

その他[編集]

  • 高崎観音を中心として、遊園地カッパピア」などが整備された(「カッパピア」は2003年平成15年)11月30日に閉園)。現在でも染料植物園や洞窟観音などがあり、自然歩道が整備されている。
  • 1962年(昭和37年)に公開された映画『キングコング対ゴジラ』では、ゴジラが高崎観音と対峙するシーンが撮影されているが、本編ではカットされた。

参考文献[編集]

  • 田島武夫 『高崎の名所と伝説』 高崎市役所秘書課、高崎中央ライオンズクラブ、1973年、2-3頁。NCID BA80162492

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高崎市文化財保護課「高崎白衣大観音」2013年11月3日閲覧。
  2. ^ a b 田島武夫 1973.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度18分39.4秒 東経138度58分49.9秒 / 北緯36.310944度 東経138.980528度 / 36.310944; 138.980528