鋳金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鋳金(ちゅうきん)は、金属工芸の技術の一つ。鋳造の一種。

湯口(ゆぐち)と呼ばれる入り口から溶解した金属を鋳型(いがた)に流し込み、冷却してから鋳型から取り出し、表面を研磨するなどして仕上げる技術。 鋳造ともいわれ、それによってできたものを鋳物(いもの)という。金属工芸では鋳型は砂型とよばれる方法を主に使う。

主な物故鋳金作家

-香取秀真

-香取正彦

-蓮田修吾郎

主な現存鋳金作家

-折原久左ヱ門

-西村忠

-小泉武寛