高崎アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高崎アリーナ
施設情報
旧名称 高崎市新体育館(仮称)
用途 体育館
収容人数 6015人
設計者 山下設計
施工 戸田建設
事業主体 高崎市の旗 高崎市
管理運営 高崎財団 高崎アリーナ管理部[1]
構造形式 RC造S造(一部SRC造[2]
敷地面積 22,220.3m²
建築面積 13,178.72m²(建蔽率59%)
延床面積 26,322.94m²(容積率118%)
階数 地上3階、地下1階
高さ 25.53m[2]
着工 2014年6月26日
竣工 2016年12月22日
所在地 370-0846
群馬県高崎市下和田町四丁目2番1
位置 北緯36度18分57.6秒 東経139度0分45.9秒 / 北緯36.316000度 東経139.012750度 / 36.316000; 139.012750座標: 北緯36度18分57.6秒 東経139度0分45.9秒 / 北緯36.316000度 東経139.012750度 / 36.316000; 139.012750

高崎アリーナ(たかさきありーな)は、群馬県高崎市にある体育館

概要[編集]

高崎市は、高崎市中央体育館・高崎市武道館の老朽化と高崎市都市集客施設基本計画で、スポーツを都市集客の大きな要素としており、高崎市の観客席2000席以上の体育館はバリアフリーに対応できていなかった。また、群馬県で開催された全国・関東レベルの大会は隣の前橋市にある群馬県総合スポーツセンターなどで開催されており、人・もの・情報の交流拠点を目指す高崎市にとって、現時点でスポーツ交流の拠点性がなかった。[3]

そのため、高崎市は全国・世界レベルの大会やプロスポーツの試合が開催できるような体育館を2012年から計画し、2014年から高崎駅近くの日本製粉工場跡地に新たな体育館を建設した。

沿革[編集]

施設[編集]

メインアリーナ[編集]

バスケットボールバレーボールのコートが4面使用でき、全国・世界レベルの大会の実施を構想しているため、面積は3570m2である。二階部分まで吹きぬけで2階部分は観客席になっている。観客席はアリーナ4面を囲む形になっており、固定席は3021人分の座席がある。座席には列番号プレートが取り付けてありイベントにも対応できる。[7]

器具庫は7か所分散配置で、合計800m2の大きさがある。また、大型の器具の出し入れを考慮し扉はすべて引戸、有効幅が3.2mある。

また、アリーナを4分割できる可動式間仕切りネットがある。アリーナ東側中央部に大会本部室、放送室がある。

サブアリーナ[編集]

バスケットボール、バレーボールのコートが1面使用できる。コート面積は1031.8m2。100席ほどの移動観客席が用意されているほか小規模な大会もとして使用できる。また、メインアリーナと同一フロアにあることでウォーミングアップ会場や選手控えスペースとしても使用できるようになっている。[8]

サブアリーナ専用の器具庫や、大会運営に使用できる控室もある。

柔剣道場[編集]

柔道2面、剣道2面を同時に利用できるように設計されている。道場の床は武道場専用銅製床地と床フローリングである。柔道512畳の広さを確保し512枚すべての畳が収納できる畳収納庫がある。[9]

最大3分割できる可動間仕切壁があり、多目的室としても使用可能である。また、遮音壁として2枚1組でも使用可能である。

アクセス[編集]

アプローチ広場が南主玄関につながっており、大型バス2台が停留できるスペースがある。また、ぐるりん専用停留所がある。[2]

連絡ブリッジ[編集]

高崎駅方面から体育館2階に直接アクセスできる空中歩廊がである。上信電鉄の線路を跨ぐように作られている。幅員が6mあり体育館からの避難路としても機能する。日常的にも下和田地区と高崎駅をつなぐ通路として開放する。[2]

地下駐車場[編集]

地下に200台に対応した駐車場がある。入出庫時の渋滞を緩和するため、道路から入口ゲートまで約143m、道路から出口ゲートまで約103mの滞留長を確保している。ランウェイ方式の車両導線としている。また、歩行者通路が設置されている。[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高崎アリーナ管理業務委託に係るプロポーザルの実施について”. 高崎アリーナ. 2016年10月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e 高崎市新体育館 実施設計概要 (PDF)”. 高崎市. 2016年9月10日閲覧。
  3. ^ a b 高崎市新体育館基本計画(案) (PDF)”. 高崎市. 2016年9月10日閲覧。
  4. ^ a b c d 工事の概要・建設工事の様子について”. 高崎市. 2016年9月10日閲覧。
  5. ^ 第12回国際合気道大会開催のお知らせ”. 公益財団法人 合気会. 2016年10月12日閲覧。
  6. ^ 高崎アリーナオープン記念 SAKANAQUARIUM(サカナクアリウム)2017高崎公演”. 高崎市. 2016年10月18日閲覧。
  7. ^ メインアリーナ”. 高崎アリーナ. 2016年10月12日閲覧。
  8. ^ サブアリーナ”. 高崎アリーナ. 2016年10月12日閲覧。
  9. ^ 柔剣道場”. 高崎アリーナ. 2016年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]