飯伊地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤い部分が飯伊地域。

飯伊地域(はんいちいき)は、長野県南信地方飯田市を中心とした地域のことを指す名称で、県を10地域に分けるときに用いられる。飯伊地方、飯田地域、飯田地方、下伊那地域、下伊那地方、南信州と呼ばれることもある。

発足当時の下伊那郡の範囲と南信州広域連合の範囲に一致する。人口は172,921人(2008年1月現在)。

経済的に愛知県をはじめとする東海地方との繋がりが深い。地場産業には水引など、現代の産業には電機機器や精密機器などがあり、農業ではナシ、カキ、茶、和牛などの特産物がある[1]

該当市町村[編集]

以下は長野県の定義である。

脚注[編集]