風呂吹き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
風呂吹き大根から転送)
移動先: 案内検索
風呂吹き大根

風呂吹き(ふろふき)は、野菜等を大きく切って茹でたりたり蒸したものに練り味噌をかけて食べる日本料理。冬の季語[1][2][3][4]

ダイコンカブトウガン柿の実などが用いられ、「風呂吹き大根」や「蕪の風呂吹き」、「柿の風呂吹き」などと呼ばれ、いずれも熱いものを食べる[1][2][3][4]

名前の由来[編集]

名前の由来には諸説ある。漆器職人は漆風呂(漆器の貯蔵室のこと)でを乾燥させるところ、冬は乾きが悪くて困っていた。そこで、大根のゆで汁を霧吹きすればよいと教えられ、その通りにするとうまくいった(漆は温かい湿気で固まるため)。このとき、ゆで汁を取るため、ゆでた大根を味噌をつけて食べるようになったというもの[5]

また、蒸し風呂で垢をこすりとる人を「風呂吹き」といい、風呂吹きを食べる様子が息を吹きかけながら垢を飛ばす風呂吹きに似ているという説や、風呂を沸かすのに息を吹きかける様子が似ているからという説もある[6]

作り方[編集]

大根や蕪の風呂吹き[1][2][3]
  1. 大根や蕪は、食器にあわせて大きく切り、皮を剥く。
  2. とぎ汁下茹でする。これは省略してもかまわない。
  3. 出汁醤油を混ぜて柔らかくなるまで煮る
  4. 練り味噌を作る。味噌卵黄砂糖味醂を入れ練り上げる。ユズの皮も加える。
  5. 大根や蕪を熱いままで食器に盛り付け、熱い練り味噌をかけて提供する。
柿の風呂吹き[2][3][4]
  1. 生の甘柿の実を、へたを取り除き皮を剥く。
  2. 柔らかくなるまで蒸す
  3. 練り味噌を作る。味噌ユズの皮を加え温める。
  4. 柿を熱いままで盛り付け、熱い練り味噌をかけ、ユズの皮を天盛りにして提供する。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『旬の食材 秋・冬の野菜』講談社 ISBN 4-06-270136-7
  2. ^ a b c d 広辞苑第5版
  3. ^ a b c d 『四季日本の料理 冬』講談社 ISBN 4-06-267454-8
  4. ^ a b c 『四季日本の料理 秋』講談社 ISBN 4-06-267453-X
  5. ^ “[食!味な関西]ふろふきVSブリ大根”. 読売新聞(大阪夕刊) (読売新聞社): p. 3. (2005年11月17日) 
  6. ^ “【質問箱】”. 産経新聞(大阪朝刊) (産経新聞社): p. 9(ふれあい交差点). (1999年3月22日) 

参考文献[編集]

関連項目[編集]