静岡県立下田南高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

静岡県立下田南高等学校(しずおかけんりつ しもだみなみこうとうがっこう)は、静岡県下田市にあった県立高等学校。地元では南高(なんこう又はみなみこう)と呼ばれていた。

学科[編集]

2007年度の募集定員は全日制普通科120名、定時制普通科40名となっていた。

  • 南伊豆分校として全日制園芸科もある。統合後も存続する。
  • 男子バレーボール部が何度か全国大会に出場していることから、前期選抜入試時には県の中部・西部地方からの受験者もいる。

沿革[編集]

  • 1920年大正9年) - 賀茂郡立賀茂高等女学校として創立。当時は女子校だった。
  • 1950年昭和25年) - 商業科を併設し、商業科は男女共学となる。
  • 1992年平成4年) - 普通科が男女共学になる。
  • 2005年(平成17年) - 商業科の募集を停止する。
  • 2007年(平成19年)3月 - 現在の卒業生を最後に商業科が閉科となる。
  • 2008年(平成20年)4月 - 下田北高校と統合し、下田高等学校となる。

特色[編集]

  • 部活動は盛んで、男子バレーボール部は春高バレー等全国大会出場を何度か経験している。
  • 商業科では新しい試みとして平成14年から毎年12月に、地元商店街の空き店舗を利用した高校生によるチャレンジショップ「サウスマーケット34」が行われていた。

部活動[編集]

運動部

文化部

統廃合問題[編集]

少子化による生徒数の減少や社会ニーズの変化に対応するため、静岡県教育委員会は「県立高等学校第二次長期計画」を策定し、下田北高校下田南高校の再編整備を決定。旧下田北高校跡地に新校舎が建設され、平成20年4月に下田高校として新しいスタートをきっている。
これにより、定時制普通科や南伊豆分校の全日制園芸科は新高校に組み入れられた。

跡地利用[編集]

校舎施設が解体された後、跡地には平成24年5月[1]下田メディカルセンターが開院している[2]

下田メディカルセンター敷地内にある、下田高等女学校 下田南高等学校 跡地の石碑

所在地[編集]

〒415-8527 静岡県下田市6丁目4-1(北緯34度40分27.6秒 東経138度56分17.6秒 / 北緯34.674333度 東経138.938222度 / 34.674333; 138.938222座標: 北緯34度40分27.6秒 東経138度56分17.6秒 / 北緯34.674333度 東経138.938222度 / 34.674333; 138.938222

交通[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 下田メディカルセンター 病院概要
  2. ^ 社会医療法人 ジャパンメディカルアライアンス 下田メディカルセンター(仮称)管理受託について