関西新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関西新聞
種類 日刊
サイズ ブランケット判

本社 関西新聞社
創刊 1950年1月
廃刊 1991年4月17日
言語 日本語
本社所在地 大阪府大阪市
テンプレートを表示

関西新聞(かんさいしんぶん)は大阪府で発行していた夕刊紙である。

概要[編集]

当時の発行部数においても、地元紙の大阪新聞(親会社の産経新聞夕刊に紙面統合)、大阪日日新聞(朝刊移行)、新大阪(休刊)、新関西スポーツニッポンに統廃合)や東京系の夕刊フジ日刊ゲンダイ大阪スポーツ東京スポーツ)との熾烈な販売競争に巻き込まれ、劣勢に立たされていた。他紙が風俗情報を売り物にする中で、経済情報中心の硬派な紙面構成であった。許永中時代には、韓国の経済情報も掲載していた。

大阪市中央区にある広告代理店・株式会社関西企画は、関西新聞の完全子会社だったが、1982年に経営分離されている。

なお、大阪市東成区でタウン紙(月刊)「関西新聞」を発行する株式会社関西新聞社、および上掲の「新関西」(日本輿論新聞社→新関西新聞社→スポーツニッポン新聞社が京阪神向けに発行していた)とは無関係である。
また、関西テレビ放送(KTV・カンテレ)、ラジオ関西(CRK)とも無関係であった。そもそも電波媒体とは一切関連がなかった。

沿革[編集]

1950年(昭和25年) - 1月、「関西新報」として創刊。1953年(昭和28年)3月に「関西新聞」に改題した。

1984年(昭和59年) - 前田治一郎(衆議院議員・前田正の父)に経営権が移り、同年3月16日から紙面を刷新、「夕刊かんさい」に改題した。だが、硬軟織り交ぜた紙面づくりを試みたが上手くいかず、11月2日に題号を再び「関西新聞」に戻している。

1990年(平成2年) - 許永中に乗っ取られ、その後発覚したイトマン事件に巻き込まれる形で経営が悪化。

1991年(平成3年) - 4月17日に休刊し、事実上の廃刊に追い込まれた。廃刊号では1面に「住友(銀行)・イトマン問題 巨大金融のどす黒いワナ」「問題終結後再登場を期す!!」と書かれた大見出しを打ち、ほぼ全面を使って休刊にいたった経緯を載せているが、「再登場」のメドが立たずに破産となった。

参考写真[編集]