関蝉丸神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関蝉丸神社
Seki-semimaru-jinja-shimosha3.jpg
関蝉丸神社 下社
所在地 滋賀県大津市逢坂一丁目15-6(下社)
位置

上社 北緯34度59分47.3秒 東経135度51分25.1秒 / 北緯34.996472度 東経135.856972度 / 34.996472; 135.856972

下社 北緯35度00分09.9秒 東経135度51分32.6秒 / 北緯35.002750度 東経135.859056度 / 35.002750; 135.859056
主祭神 猿田彦命(上社)
豊玉姫命(下社)
社格 国史見在社、旧郷社
創建 伝弘仁13年(822年)
本殿の様式 一間社流造(上下社とも)
別名 関明神
例祭 5月24日
テンプレートを表示
石燈籠(重要文化財、下社)

関蝉丸神社(せきせみまるじんじゃ)は、滋賀県大津市にある神社社格旧郷社。上社(旧称関大明神蝉丸宮)と下社(旧称関清水大明神蝉丸宮)からなり、また当神社の分社となっている蝉丸神社と3社を併せて蝉丸神社と総称することもある。

祭神[編集]

上下両社それぞれに相殿神として蝉丸霊を祀る。

歴史[編集]

社伝によれば、弘仁13年(822年)に小野岑守が旅人を守る神である猿田彦命と豊玉姫命を逢坂山の山上(上社)と麓(下社)に祀ったのに始まるという。貞観17年(876年)に従五位下を授かった近江国「坂神」がこれに相当する国史見在社と見られている[1]平安時代中期の琵琶法師歌人として知られた蝉丸が逢坂山に住んでいたことから、その死去後に彼も上社と下社に祀られるようになった。天禄2年(971年)には円融天皇から下された綸旨により、以後歌舞音曲の神としても信仰されるようになった。2015年から「芸能の祖神を蘇らせる」をスローガンに、毎年5月、関蝉丸芸能祭が開催され、能や雅楽、ジャズまで、幅広いジャンルの催し物が演じられている。[2]

文化財[編集]

  • 重要文化財(国指定)
    • 石燈籠(時雨燈籠)(下社)[3]

交通[編集]

JR大津駅または京阪京津線上栄町駅より徒歩。

なお、下社境内を京津線の路線が横切っているため、参道には踏み切りがある。同様に境内地に踏み切りがあり参道を鉄道が横切る寺社には他に、

などが挙げられる(括弧内は所在地と路線名)。

脚注[編集]

  1. ^ 日本三代実録』貞観17年12月5日条。長浜市上坂神社と見る説もある。
  2. ^ 名前は超有名だけど...小倉百人一首の「蝉丸」っていったい何者? WEB歴史街道 2022年3月15日
  3. ^ 石燈籠 - 国指定文化財等データベース(文化庁)、2016年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]