長谷川和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷川 和夫(はせがわ かずお、1929年2月5日[1] - )は、日本の医学者、精神科医。認知症介護研究・研修東京センター名誉センター長、聖マリアンナ医科大学名誉教授。専門は老年精神医学・認知症

愛知県生まれ。1953年東京慈恵会医科大学卒業、米国・聖エリザベス病院等で精神医学・脳波学専攻。1960年「性犯罪者の精神医学的研究」で慈恵会医大医学博士。1969年慈恵会医大助教授。1973年聖マリアンナ医科大学教授。1996年同学長、2000年定年、名誉教授、同理事長、2005年高齢者痴呆介護研究・研修東京センター長、2009年退職。2005年瑞宝中綬章受章。「長谷川式認知症スケール(HDS-R)」を作成したことでも知られる。

2018年、自らが認知症であることを告白した。当初、長谷川は自身の症状をアルツハイマー型認知症でないかと疑っていたが、2017年11月に認知症専門病院である和光病院での診断の結果、嗜銀顆粒性認知症であると判明したという[2][3][4]

さらに認知症の理解を広めるため、2018年10月には 絵本『だいじょうぶだよ ぼくのおばあちゃん』を出版した。

著書[編集]

  • 快眠術 ごま書房 1977.12 (ゴマブックス)
  • 老人の精神機能検査法 サンド薬品 1977.6
  • 40+α「年かな」と思ったらすぐ読む本 三笠書房 1982.5
  • 老年の痴呆について 金原出版 1985.2 (金原医学新書)
  • 老年ぼけを防ぐ 痴呆への理解とその対応 1990.3 (講談社健康バイブル)
  • 老年痴呆に負けたくない人へ 東洋出版 1992.3 (やさしい医学と健康のシリーズ)
  • 心は老いるか 読売新聞社 1992.5 (読売科学選書)
  • ストレスに負けたくない人へ 職場と家庭のメンタルヘルス 東洋出版 1993.12 (やさしい医学と健康のシリーズ)
  • 森田療法入門 心の重荷を取り除き、ほんとうの自分を取り戻す法 ごま書房 1993.4 改題「マイナスの心をプラスに転じる法」、原題でサンマーク文庫
  • 心の病い入門 精神科へ行こう 立風書房 1993.11
  • 老年期痴呆(呆け)を恐れる方へ 主婦の友社 1995.11 (名医の語り下ろしシリーズ)
  • ボケる脳ボケない脳 講談社 1996.8
  • 老親の心理 お年寄りが、いちばんしてもらいたがっていること ごま書房 1996.1
  • お年寄りとつき合う法 ごま書房 1997.3 (ゴマブックス)
  • なかなか眠れないという人のための熟眠ブック ごま書房 1997.8 (ゴマ健康ブックス)
  • 知ってほしい痴ほうへの対応(とりくみ) マイライフ社 2003.2
  • 認知症の知りたいことガイドブック 最新医療&やさしい介護のコツ 中央法規出版 2006.4
  • 名医に学ぶ認知症診療のこれまでとこれから 永井書店 2006.5
  • わかりやすい認知症の医学知識 中央法規出版 2011.3 (基礎から学ぶ介護シリーズ)

共編著[編集]

  • 臨床医のための向精神薬の実際 樋口正元共著 金原出版 1973 (新臨床医学文庫)
  • 老年精神医学 加藤正明共編 医学書院 1973
  • 老人心理へのアプローチ 賀集竹子共編 医学書院 1975
  • ハンドブック老年学 那須宗一共編 岩崎学術出版社 1976
  • 老年心理学 霜山徳爾共編 岩崎学術出版社 1977.9
  • 心を強くする森田式生活術 岩井寛共著 ごま書房 1979.6 (ゴマブックス)
  • 老年期の精神障害 本間昭共著 新興医学出版社 1981.10 (最新医学文庫)
  • 老年期痴呆 金原出版 1984.6 (精神科mook)
  • 高齢化社会の健康問題 こころの老化をめぐって 羽田澄子共著 1984.10 (岩波ブックレット)
  • 痴呆性老人の看護とデイケア 医学書院 1986.9
  • 精神科Q&A 1-2 森温理共編 金原出版 1986-1988
  • 精神疾患の診断と治療 わかりやすい診かたと対応 西村健共編 医薬ジャーナル社 1986.8
  • 高齢期の痴呆 同朋舎出版 1988.11 (メンタルヘルス・シリーズ)
  • 精神保健 建帛社 1990.4 (介護福祉士選書)
  • 老年痴呆とは何か 今井幸充共著 日本看護協会出版会 1990.10 (看護セミナー・ブックレット)
  • 老人の心理 長嶋紀一共著 全国社会福祉協議会 1990.10
  • 痴呆の対応をどうするか? 医薬ジャーナル社 1990.11
  • 老年精神医学マニュアル 清水信共編 金原出版 1991.10
  • アルツハイマー病 日本評論社 1992.11
  • 痴ほう性老人の介護はどうすればよいか 平凡社 1992.11
  • 痴呆のお年寄りの介護 五島シズ共著 東洋出版 1993.9 (あたたかい医学のシリーズ)
  • 講座・高齢社会の技術 2 老いる技術 熊谷公明共編 日本評論社 1995.9
  • 家族の介護プロの介護 上手に分担してよりよい介護を 加藤登志子、笹森貞子共著 法研 1999.7 (みんなの介護)
  • 医学一般 建帛社 2000.9 (社会福祉選書)
  • やさしく学ぶ認知症のケア 永井書店 2008.3
  • 認知症の理解 こころとからだのしくみ 介護の視点からみる支援の概要 建帛社 2008.10 (介護福祉士養成テキスト)
  • こころとからだのしくみ 生活場面・状態像に応じた支援の理解 遠藤英俊共編著 建帛社 2009.4 (介護福祉士養成テキスト)
  • 発達と老化の理解 介護の視点からみる高齢者の心理と健康 長嶋紀一、遠藤英俊共編著 建帛社 2009.9 (介護福祉士養成テキスト)
  • 認知症診療の進め方 その基本と実践 永井書店 2010.1
  • 認知症ケアの心 ぬくもりの絆を創る 中央法規出版 2010.11
  • だいじょうぶだよ ぼくのおばあちゃん 絵:池田げんえい ぱーそん書房 2018.10

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.380
  2. ^ 認知症の第一人者 長谷川和夫さんが認知症公表、認知症予防財団、2018年4月。
  3. ^ 認知症発症を公表、長谷川和夫医師に聞く 患者だからこそ分かる「生」の尊さ、THE SANKEI NEWS、2018年4月4日 14:00。
  4. ^ 認知症医療の第一人者が語る「みずから認知症になってわかったこと」〜ありのままを受け入れるしか仕方がない』(長谷川和夫)、文春オンライン、2018年5月6日。(『文藝春秋』2018年4月号)

関連項目[編集]