長尾村 (千葉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長尾村
廃止日 1954年3月3日
廃止理由 新設合併
白浜町長尾村白浜町
現在の自治体 南房総市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
安房郡
隣接自治体 白浜町、富崎村豊房村神戸村
長尾村役場
所在地 千葉県安房郡長尾村
長尾村 (千葉県)の位置(千葉県内)
長尾村 (千葉県)
 表示 ウィキプロジェクト

長尾村(ながおむら)は、かつて千葉県安房郡に存在した村。1889年(明治22年)町村制施行にともない編成され、昭和の大合併により隣接する白浜町と合併して廃止された。

2013年現在の南房総市南部に位置する。

地理[編集]

安房郡最南端の村であった[1]:1032。1926年(大正15年)時点の長尾村は、東に白浜村、西に富崎村、北に豊房村と隣接し、南は太平洋に面していた[1]:1032。南房総市に合併される前の旧白浜町の西部に位置し、現在の南房総市南部に位置している。

西に根本(現・南房総市白浜町根本)、東に滝口(現・南房総市白浜町滝口)の大字に分かれている[1]:1032。1926年(大正15年)時点では行政上、根本・砂取・本郷・東西川下・横渚の6区に区分していた[1]:1032(砂取・本郷・川下・横渚を合わせた地名が「滝口」であった[1]:1032)。滝口の東側に長尾川が流れている。

歴史[編集]

安房郡域の町村制施行時の町村
(※1897年に平郡・朝夷郡・長狭郡を安房郡に編入)
1.北条町 2.館山町 3.豊津村 4.西岬村 5.富崎村 6.長尾村 7.豊房村 8.神戸村 9.館野村 10.九重村 11.稲都村
平郡】21.凪原村〔のち那古町〕 22.船形村 23.八束村 24.富浦村 25.岩井村 26.勝山村 27.保田村 28.佐久間村 29.平群村 30.滝田村 31.国府村
朝夷郡】41.白浜村 42.七浦村 43.曦村〔のち千倉町〕 44.健田村 45.千歳村 46.豊田村 47.丸村 48.北三原村 49.南三原村 50.和田村 51.江見村
長狭郡】61.太海村 62.大山村 63.吉尾村 64.由基村〔のち主基村〕 65.田原村 66.鴨川町 67.曽呂村 68.西条村 69.東条村 70.天津村 71.湊村〔のち小湊町〕
現在の行政区画
赤:館山市 桃:鴨川市 紫:南房総市 橙:鋸南町

前史[編集]

江戸時代の滝口村・根本村は、幕府領・旗本領・諸藩領として移り変わり、領主は一定しなかった[1]:1032。明治維新後、一時宮谷県知事柴山文平の支配下に置かれたが[1]:1033明治元年(1868年)に滝口村は本多正訥の移封地となり(後述の長尾藩)、根本村は明治2年(1869年)に館山藩領となった。

明治元年(1868年)7月、新政府の措置により駿河国田中藩(4万石)から安房国へ領地を移された本多氏は、軍事的な見地から滝口村に陣屋を築いて藩庁を置くこととし[2]長尾藩が開かれた。ただし陣屋は建設中に台風によって倒壊し[2]、滝口村が実際に藩行政の中心地となることはなかった。藩庁が北条村(館山市北条)に移転したあとも藩名は「長尾藩」のままであった。

明治4年(1871年)7月の廃藩置県により、長尾藩領の滝口村は長尾県に、館山藩領の根本村は館山県にそれぞれ所属することとなったが、両県とも同年11月に木更津県に編入されて消滅した。1873年(明治6年)に木更津県は千葉県に統合される。大区小区制のもとでは千葉県第1大区第1小区に編成され、紫雲寺に小区取扱所が置かれた[1]:1033

1874年明治7年)、根本村に根本小学校、滝口村に滝口小学校が設立されている。

1878年(明治11年)に郡区町村編制法が施行された際、根本村と滝口村が連合し[3]、滝口村・根本村連合戸長役場を字砂に置いた[1]:1033。1884年(明治17年)に戸長役場の管轄変更が行われた際、この連合に神余村[注釈 1]も加わり[3]、字長越の民家で戸長役場事務を執ることした[1]:1033

1888年(明治21年)3月には、地元住民によって長尾川に眺尾橋(ながおばし、「長尾橋」とも)が架橋されている。石造三連アーチのこの橋は「めがね橋」の愛称で呼ばれ、長尾川の水害や関東大震災に耐えて現存し、1989年に千葉県の指定有形文化財建造物となっている[4][5][6]

町村制施行から昭和の大合併まで[編集]

1889年(明治22年)、 町村制の施行により滝口村、根本村が合併して「長尾村」が発足した[3]。村名は、滝口村を流れる長尾川が「著名」である(長尾藩の名もここから採られている)として採られている[3]

1911年(明治44年)には長尾高等小学校が設立された。

1917年(大正6年)には長尾川の洪水に見舞われている。1923年(大正12年)には関東大震災により、小学校2校が全壊するなど村内でも被害が出た[7]

第二次世界大戦後の1947年昭和22年)、新制の長尾中学校が設立された[8]

1954年(昭和29年)、昭和の大合併にともない、東に隣接する白浜町と合併して新たな「白浜町」が発足し、長尾村は廃止された。

行政区画・自治体沿革[編集]

経済[編集]

1888年(明治21年)に記された分合取調文書によれば、漁業と農業が主産業であった[3]

1926年(大正15年)の『安房郡誌』によれば、農産物中では甘藷栽培が盛んであり、果樹栽培も近来発達しているという[1]:1034。富源の最大のものは海藻類であり、特にカジメ(搗布)と石決明を挙げている[1]:1034

教育[編集]

  • 根本小学校
  • 滝口小学校

「長尾」の名は、1971年に根本小学校と滝口小学校を合併して設立された白浜町立長尾小学校に名残りを留めていた[9]。しかし、南房総市発足後の2011年3月に市立長尾小学校は廃校となった[9][10]

施設・名所[編集]

著名な出身者[編集]

  • 浅沼藤吉 - 写真材料商。浅沼商会創業者。1852年滝口村出身。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 豊房村を経て現在は館山市の一部。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 千葉県安房郡教育会 編『千葉県安房郡誌』千葉県安房郡教育会、1926年。
  2. ^ a b 長尾陣屋 - たてやまフィールドミュージアム(館山市立博物館
  3. ^ a b c d e 「長尾村」『明治22年千葉県町村分合資料 十六 安房郡町村分合取調』、1-5頁。2019年1月5日閲覧。
  4. ^ 白浜めがね橋イルミネーション/白浜めがね橋(南房総市) - 千葉県
  5. ^ 【名建築を訪ねる】戦車も往来した頑丈な橋 めがね橋(旧長尾橋)(千葉県南房総市) - 東京新聞(2008年7月9日)
  6. ^ 橋を架けた村人 - 房総の民話(南房総資源辞典)
  7. ^ 長尾小学校の歴史を調べてみましょう(3) - 白浜民報1067号(2008年3月30日)
  8. ^ 長尾小学校の歴史を調べてみましょう(6) - 白浜民報1070号(2008年4月20日)
  9. ^ a b 40年の歴史に幕 長尾小が閉校式 南房総 - 千葉日報ウェブ(2011年3月21日)
  10. ^ 南房総 長尾・八束小で閉校記念式典 - 房日新聞(2011年3月21日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]